« ありのままを・・・ | トップページ | 阿結抄 モダンジャパニーズな宴 »

2005年8月29日 (月)

石の教会 内村鑑三記念堂

PICT0117

結婚式は、軽井沢にある「石の教会 内村鑑三記念堂」であげる予定です。

この週末、初めて実物の教会を見ました(笑)

そう、私たちは、教会も見ずに、挙式予約しちゃったんですね。
5月に結婚することが決まり、彼と二人で会場を検討し始めました。
最初は都内のレストランで人前式と考えていたのですが、
ゼクシィのリゾート婚特集で石の教会の写真を見てしまってからは、
何もかもが色あせて見えるようになってしまいました(大げさか?)。

クリスチャンじゃないし、遠いし・・・なんていろいろ理由をつけて
別の会場を検討したけど、
彼も私も教会の造形が頭から離れなくなっちゃって。
資料請求したら、パンフレットには
内村鑑三先生の「無教会思想」について
「洗礼がなくとも、教壇がなくとも、神と人と自然を愛する心がある」
と書かれてありました。
ちゃんと教義を勉強したわけではないけれど、ちょっと心打たれた。
そして、勝手な考えかもしれないけど、
「無宗教な私たちの誓いも受け入れてもらえるのかな・・」なんて。
もう、挙式はここしか考えられない!とばかりに勇んで予約!だったわけであります。

前置きが長くなりました・・・
で、初めて、あこがれの石の教会に行ってきたわけですが、
なんとういうんでしょうね、こういう気持ちは・・・。
教会に行くと、こんな私でも神聖な気持ちになるのですが、
ここはなんだか、ちょっと違う感じ。

祭壇の奥に設置された大きなガラス窓の外には青空。
白い雲がゆっくりと流れていくのが見えます。
両壁に植えられたシダの緑、水がさらさらと流れ落ちています。
見学の人がたくさんいるのに、なぜか静けさを感じる。
思ったよりも狭い空間なのに、高い高い天井に向かって意識が解放されていく感じ。

あぁ、パンフレットに書いてあったぞ。
石の教会を建築した「ケンドリック・ケロッグ」の建築について。
「あたかも有りのままの自然を呼吸するような有機的建築」
そうだ、そうだ、この感じ。

やっぱり、ここに決めてよかった。心からそう思いました。
きっと、彼もそう思ったはず・・・

名残惜しさを感じながらも、ちょっと興奮気味に教会を後にした二人でありました。

|

« ありのままを・・・ | トップページ | 阿結抄 モダンジャパニーズな宴 »

コメント

我輩は荒らしではないぞよ。

投稿: Darth Vader Of The Initial T | 2005年8月30日 (火) 21:31

訪問&コメントありがとうございました。
結婚間近だったんですね!おめでとうございます。

石の教会、素敵ですね。一度くらい生で見てみたい所です。
そろそろ準備も忙しくなられるんでしょうか?
たまに進捗具合、覗かせてください~!

『ブラックな手記』のUEより。

投稿: UE | 2005年8月30日 (火) 22:08

Darth Vaderさんへ
こんばんわ。ご来訪ありがとうございます★
荒らしじゃないことぐらい分かってますって。
感謝です!

投稿: Eddi | 2005年8月31日 (水) 00:40

UEさんへ
早速のご来訪ありがとうございます。あまりにも早いのでビックリしました。そうか、あの話は昔の話だったのですね。よく事情が分かってなくてすみませんでした。
その後どうなったのか、また読みにいきますね。

投稿: Eddi | 2005年8月31日 (水) 00:42

'06年9月17日。
軽井沢の石の教会 内村鑑三記念堂
にて、僕達夫婦も結婚しました。

結婚1周年を記念して、一昨日、昨日は
軽井沢へ旅行に行ってきました。

石の教会は、周囲の景観に溶け込み
自然との融合を感じさせる
すばらしい建物ですよね。

自分のブログに、旅行時の記事を書いたので
良かったら、遊びに来てください。

投稿: Lico (System Architect) | 2007年9月17日 (月) 10:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/5694446

この記事へのトラックバック一覧です: 石の教会 内村鑑三記念堂:

» 結婚式へのあこがれ [結婚式]
結婚式はやっぱり女性のあこがれだと思います。結婚式も時代の流れと共にいろいろ変化していますが、女性とってはやっぱり外せないものです。あなたの理想の結婚式はどの様なものですか?... [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 02:16

« ありのままを・・・ | トップページ | 阿結抄 モダンジャパニーズな宴 »