« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

お着物もえらばなくっちゃ

星のや軽井沢「阿結抄」での披露宴はお着物じゃなきゃダメなの。
だから、ドレスの他にお着物もえらばなくっちゃ☆
いろいろ大変だけど、
ドレスも着物も着れるなんて、なんだか得した気分だわ(全然違うんだけど)。

やっぱり最近流行の「黒引き振り袖」が着たい!!!
ゼクシィでも特集されていたりして、かなりあこがれ〜☆

ってなわけで、まずはホテルブレストンコートの提携店、静ブライダルサロンに行ってきましたよ〜!(ドレス選びのついでに一緒に見てきたんだけどね)

でもね、最近流行なはずなのに、黒引き振り袖4着しかなかったのよ。
だから、全部試着させてもらいました(笑)

PICT0159_1   
まず1着目。裾の方が金色なのでゴージャスかと思ってえらんでみましたが、ん〜、なんか地味。
ピンとこない。


    
    

で、つぎ、2着目。   PICT0164_2
牡丹の派手さに惹かれたのですが、
着てみると葉っぱの碧緑の方が印象が強くて、
ちょっと寂しいわ・・・。

     
          
   

PICT0160_1さらに、3着目。新作らしいです。
松竹梅とおめでたい柄。地味かと思ったけど、着てみるとなかなかいい感じです。帯を派手にすれば映えるかしら?
これ、ちりめん生地なんですよ。
ずっしり重たいです。

着た瞬間、あ、これ、高いかもって思ったら、予想通り高かったです(笑)

PICT0169_1 そして、4着目。
「鶴と梅」いかにも式服って感じで、これはないなって思っていたんだけど、意外や意外。
かわいいんですよ〜。
これもちりめん生地。同じく高いの〜。

あ、ちなみに、この着物だけ全身像がありません。
なぜなら・・・
彼が疲れ果ててしまい、半分眠ってしまっているから〜(ToT)
寝てる場合じゃないだろう!!

 

とりあえず、この中では3着目が良いかなと思ったけれど、
ちょっと高いのでペンディング!
洋髪で着る予定なので、着物は派手めじゃないと目立たないと思うのよ。
もっと赤系で派手なお着物がいいの〜。
だけど、ドレスも借りなきゃいけないから出費も抑えたい〜(ワガママやね)。

候補のお着物よりも華やかで、且つリーズナブルなお着物を探そう。

お着物探しの旅も続くのだ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

プチギフト☆ー手作り石けん

P1010356 プチギフトは手作り石けんの予定。
 去年から手作り石けんにはまってます!
 いわゆる苛性ソーダと油をまぜまぜして作るの。
 去年の今ごろは、何かに取り憑かれたように、
 もう毎週毎週石けん作ってました。

  
今は、何かに取り憑かれたように結婚準備ですが・・・(笑)

手作り石けんは使い心地が優しくてヤミツキです!
お肌のタイプに合わせてオイルやオプション選んだり、気分に合わせて香りを選んだり、とっても楽しいの☆

一度に500gくらい作るので、自分たちだけでは使いきれず、
職場やお友だちに配りまくっていたのですが、
なかなか評判もよいので、石けんをプチギフトにすることに決定!

これまで評判のよかったもの、和風をイメージできるものを考えて、
☆男性には「竹炭石けん」&「小豆石けん」
☆女性には「小豆石けん」&「緑茶石けん」 の2個組にしようと思います。
石けん2個を、和紙と千代紙でくるもう!
超キュート!!考えただけでワクワクしちゃう。

で、参列者にはお子ちゃまもおりますので・・・
栄養たっぷりアボカドオイルをたっぷり配合した
低刺激無香料の「ベビーソープ」を作ろう!
クッキーの型でウサギさんやクマさんの形に型抜きするのよ。
かわい〜。みんな喜んでくれるかしら。

最近結婚の準備でとんと石けんを作っていませんでした。
材料も枯渇してる・・・発注かけなきゃ。
とりあえず残っているオリーブオイルで緑茶のインフューズオイルを作っておこう。緑茶のエキスを抽出するには最低2週間かかるみたい。
石けんは出来上がるまで1ヶ月ほどかかるので、今からオイルを仕込んでおかねば!

瓶に緑茶を入れ、オリーブオイルをどぼどぼどぼと注ぎました。
ん〜美しい☆

ところでオイル、どれくらい必要なんだろう・・・
参列者30人に2個ずつ。お子ちゃまには別途ベビーソープ。
そのほかお祝いをいただくであろう方々にもお配りしたいし。
500gからは、だいたい9個くらい石けんを作れるとして、
ちょっと失敗するかもしれないから、余裕もみなきゃ・・・・

・・・計算中・・・・

え?最低でも500gを9バッチ?!作らなきゃダメ?
石けん4.5kgも作るの????
ありえない〜。どうやって軽井沢に運ぶんじゃ〜。
それよりも、間に合うのか?私?
今週末から石けん作りに励まなければ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

切手☆

今日、お友だちの結婚式の写真を見せてもらいました。
石の教会で結婚された方の写真で、あんまり素敵で感動しちゃいました。
職場だというのに泣いちゃいましたよ。
トラブルもあるけれど、やっぱ結婚式っていい!
よぅし!頑張ろうって力が湧いてきましたっっ

で、またまた結婚の準備進めちゃったわけです。

招待状は手作りすることに決め、
先週の三連休にせっせと印刷作業を行いました!
そして今日は、招待状の返信用ハガキに貼る切手を買ってきました☆
和風な招待状なので、いわゆる「ハート」柄の切手は、ちょっとね・・・
郵便局で悩んでいたら窓口の人が「ふるさと切手」を出してくれました。
カラフルなお花がかわいい〜〜〜。

P1010425 
なんと九州のふるさと切手がありました!

熊本県は「阿蘇山とりんどう」 ーーー→
ちょっと地味だけど、
ちゃんと噴煙が出てるじゃないっ
芸が細かい!

彼は熊本出身なので、彼のお友達にはこれがイイ!
だけど、熊本切手は1シートに2枚しかないよ。
仕方なく3シートお買い上げ・・・
それでも足りないんだけど、やむを得ない。
他県にゆかりのある人には別の切手を貼ろう!
   

P1010428 
 彼のふるさと切手が熊本県なら、
 私の関係者は千葉県にしよう!

 ←おぉ、千葉県のふるさと切手は
 「犬吠埼と菜の花」か!  ベタだな・・・・
  でも、このベタさ加減がたまらないかもっ

千葉県切手は1シートに4枚もあって、熊本県切手よりはちょっとお買い得?
群馬県や埼玉県の切手もあり、招待客の住居地に合わせて使えるのが、また宜し!
とりあえず2シートあれば十分だろう。
 

  

招待状は16部しか必要ないのに、結局全部で5シート買っちゃったよ。
合計5000円の出費。
ハート柄なら800円の出費ですんだものを。
しかも、返信用ハガキだから最終的に招待客の手元に残らないじゃん。
そして、切手が出身地or居住地のふるさと切手だと気がついてくれる人はどれだけいるのだろうか?
私ってアホタレェ〜だのぅ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

軽井沢からの電話

夕方、ホテルブレストンコートから電話がありました。
市外局番は軽井沢のもの。
東京サロンの担当者ではなく、ホテルのマネージャーという方からの連絡でした。
一応の謝罪と事情の説明の後、
いろいろ話し合い、極力私たちの要望を取り入れた形で演出などを行うことなど確認しました。

とはいえ、う〜〜む。彼も私も不満はたくさんありますよ。そりゃたくさん。

だけどね。せっかくのお祝い事だから、交渉・駆け引きで進めて行きたくないのよ。気持ちよく進めて行きたいのよ。

そんな気持ちが、喉まででかかった言葉を飲み込ませる。
結婚を人質に取られては如何せん分が悪い・・・

とにかく、工事現場の図面、囲いのイラスト、立体図等出来上がり次第を見せてもらうことになりました(できないうちに工事決定するなよって感じだけど)。
シャンパントースト会場の写真は10月5日に印刷ができあがってくるので、出来上がり次第、見せてもらうことになりました。
また、工事現場や代替会場なども見学させてもらうことに・・・あ、旅費のこと話すの忘れた。本来行く必要ない見学だもんね。絶対にご招待していただくもん!

はぅ、一日、もんもんとして疲れたよ。

なんつうかな。私すぐに、けちょんと凹んでしまう質ですが、
こうやってしゃがみ込んだままウジウジし続けるのも性に合わない!
ハードルをなぎ倒しながらでも前へ前へと突き進んで行きたい!
他にはできない演出ができる絶好のチャンスだ!って思って、
前向きに考えよぅじゃないか!
そんなことを考えながら、いろいろ無謀な案に思いを巡らせ、ひとりほくそ笑んでみたりする・・・
やっぱり楽しくなくちゃね。お祝い事だもの。

だけどね!交渉は手を抜きませんよ〜!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

ショックなお知らせ

今日、ホテルブレストンコートの担当者さんからメールがありました。
なんだろう?次の打ち合わせの連絡かな?・・・なんてワクワクしてメールを開いたのでありました。
しかし、それは、かなりショックなお知らせ・・・

★12月〜来年4月にかけて石の教会の周辺の整備メンテナンス工事を行う。
★挙式を行う際工事は中止し、工事部分には囲いを設ける。
★ガラスパビリオンでのシャンパントーストは中止。
 ホテルブレストンコート内の別会場にて行う。
★噴水前での写真撮影も中止。
 ホテルブレストンコート内新シャンパントースト会場内にて撮影を行う。
 

そ、そんな〜〜〜〜(ToT)

PICT0113 

石の教会で挙式した後はライスシャワーを浴びて

   
    
   

PICT0108

   
教会の前にある広場で噴水をバックに神父様や家族と一緒に写真撮影して、

      
        
     

PICT0123

 

興奮冷めぬままガラスのパビリオンまで練り歩き、
シャンパンで乾杯!!!

   
 
   

これが挙式プランだったじゃない!!
かなり楽しみにしてたんだよぉ orz

挙式後、工事現場を横目に見ながら、みんなでバスに乗り込んで移動するわけ?
そんなの興ざめ・・・すっごくショック。
最初から分かってたらこの時期に予約なんてしないのに・・・・

あやうく仕事モードで怒りのメールを返信するところでした。
少し冷静に問い合わせたところ

★9月中旬ころ工事がきまり、工事期間中の対応を検討していた
★本日案内通知を発送する予定だったが、その前にメール連絡した
★工事の囲いは雰囲気を壊さないようなものにする
★10月上旬にはシャンパントースト会場の写真を案内できる

とのこと・・・
担当者さんも悪いと思って、早めに連絡をくれたことは分かったわ。
それだけは感謝かなと思った。
でもね、新会場(いや代替会場)がどんなものか、この目で確認するまでは納得できないよ〜。

ショックで眠れない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

ドレス選び その2

PICT0155次に行ったドレスショップは
メリーマリー」さん。
ゼクシィのドレス特集では、マーメイド豊富!と書いてあり、掲載されていた写真もかなりキュート。
セルドレスなのがちょっとネックだけど・・結構本命?!なんて期待に胸膨らませて行ってきました!

ここは試着4着までなんだそうです。
まずはパンフレットで一番気になっていたドレスを試着してみました。
PICT0164
  これこれ、このお尻のお花がかわいい〜!!→
  お尻がペタンコだからポイントがつくのがよい!
  色もちょっとピンクがかっていてラブリー
  

PICT0159←だけどさぁ〜
 ホルダーネックが、
 まるでよだれかけ・・・
 雑誌の写真はこんなじゃなかった!
 何かが違う。何が違うって?
 多分、若さと胸が足りない・・orz

なんだか、サテン地似合わない。貧相に見えちゃう。
サテン地は青い空と青い海と若い花嫁さんに映えるのね・・・しょぼん。

その後、店員さんのお勧めでヘアアクセサリをラリエットにしてもらいました。
NEVER ENDING STORYのMOON CHILDみたいだぁ〜!
かわいいかも〜〜って思ったんだけど、あれれ?「はちまき」みたい・・・。
    ↓
PICT0181_1 そして、
←総レースアメリカンスリーブも着てみた。
 ん〜マーメイドラインってものが
 分からなくなってきちゃった・・・
   
    

PICT0195_1 さらに・・・
←総レースビスチェタイプも着てみた。
 どれも同じに見える。
 だんだん
 違いが分からなくなってきちゃったよ・・・

PICT0205
 だけど、後ろ姿はいい感じ!!→
 やっぱりオーバートレーンいいねぇ〜〜
 そしてお尻にお花がある方がよい!
 結婚式までに外人さんみたいなキュッと上がったお尻に
 肉体改造するのは無理だもんね。
 ウィークポイントは隠すべし!!

私の本命ドレスは、やっぱり似合わない・・・
総レースアメリカンスーリーブがよいみたいだけど、
もはやマーメイドラインはどんなのがいいか分からなくなってきました。
だけど、とりあえずオーバートレーンとお花は欲しいな・・。

メリーマリーさんで一番最後に着たドレスを、アメリカンスリーブにお直ししてもらう前提で見積もりだしてもらいました。
小物のレンタル込みで
静ブライダルサロンで予約したドレスのお値段よりちょっと高い感じ。
静さんのドレスはドレスonlyのお値段なので、総合的にこちらの方が安い。

だけどね、なんだか、決めきれない。
ドレスを着ていて高揚感がない・・・。
実は、ドレス試着しながら、どんどんテンションが下がっていったの。
かわいいドレスなのに・・・なぜだろう?

「うちのドレスはどれもいいですよ!」ってドレスばかりアピールされて「似合ってますよ」とか「きれいですね〜」って言われなかったからかな?
それとも・・・店長さん(男性)が某参議院議員舛○要○に似ているからかな?

ドレスはいいんだけど、なんだか気持ちがしょぼくれてしまった。
ここでドレスを作る場合、最低でも2回は打ち合わせが必要なんだけど、楽しい気持ちになれるのか不安。
ドレスがかわいいんだからさぁ〜、
褒めてくれないとか店長さんがイヤとかそんなつまんないことでケチつけるなよって感じですね・・・。
でもフィーリングって大事なんじゃないかと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

GUNSHY ー レコ発ライブ☆

PICT0213行ってきちゃった★
GUNSHYのレコ発ライブ!!

最前列で見ちゃったよ〜〜。
しかもヴォーカルのSHIGEに手を握られちゃったよ〜〜っ

それにしても、楽しかった〜。
SHIGEは歌うまいし、Yasuはかわいいし、ゲストのサカタさん?のリコーダーもよかった。fujicoちゃんのピアノはめちゃうまだし、RYUICHIのギターはファンキーだし、COZYのドラムは相変わらず力強い!!!
PICT0218
マスターズ甲子園」のテーマソングになっている「ボールの行方」は何度聞いてもよいねぇ。

ブレイク期待だ〜☆

PICT0204
←ライブの始まる前、彼が撮った写真。
 悔しいけど、かっちょいいじゃないか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

まるっと13年!

P1010352ちょっと湿っぽくなっちゃったので、もう1コ!
今日は二人の「つきあい始め記念日」です!
イェーイ!
つきあい始めて丸13年、今日から14年目です。
交際当初は記念日を二人でお祝いしていたんだけど、ここ数年は私がお彼岸のお墓参りに行っていたため、ろくにお祝いしてません。
今年は・・・?
午前中お墓参り、午後はお仕事、夕方は実家の家族と一緒に「殿山ガーデン」でお食事!
13周年を記念してというわけではありません。祖父のお墓参りでおにぎりを食べ損ねた彼に気遣った母が、こっそりとおにぎりを持ち込める(本当はダメ!)炭火焼バーベキューに行こうと提案したからです。
お祝いではないけれど、こういうのもいいよね☆

「殿山ガーデン」は千葉の桜の名所100選にも選ばれた庭園の中、離れ座敷で炭火焼バーベキューを味わえるところ。特別おいしいってわけじゃないんだけど、お庭がきれいで雰囲気が良く、離れ座敷でプライベートな空間が味わえ、しかも庭園内を流れる水路の鯉に餌付けもできちゃうというおまけ付き。
なかなかいい感じなお店で、こっそりもちこんだおにぎりを食べながら、お肉をモリモリいただいちゃうわけです・・・って、また肉かい!?

午後6時30分、彼に職場まで迎えにきてもらい、一緒に殿山ガーデンに行く予定でした。
が・・・・私、車の鍵、もってきちゃいました〜〜〜(爆)
がっくりする彼は私を責めず「じゃぁバイクで迎えに行くから☆」

そして待ち合わせ時刻・・・
彼はさっそうと愛車vespa P200E で参上したのでありました!
「ローマの休日」でオードリーが乗っていたのもvespa!
「探偵物語」で松田優作が乗っていたのもvespa!
やっぱvespaはかわいいよ〜☆
焼き付け塗装の美しいボディ!ビリジアン色が冴えてます。
鮮やかなグリーンから、愛称は「グリさん」

「グリさん」のおかげで無事家族と合流し、楽しいお食事会に参加することができました!よかったよ〜☆

それにしても、久しぶりに「グリさん」に乗りました。
懐かしいなぁ。車に乗るようになってから、とんとタンデムしてないね。

つきあいだしてから数年間、私たちの足はこの「グリさん」でした。
代官山や恵比寿を回ったり、デートには大抵「グリさん」が一緒でした。
スクーターのイベントに参加して雑誌に載ったこともありました(もちろん主役は「グリさん」です)。
荷台に載せれるだけ荷物をくくりつけて箱根まで2泊3日の温泉旅行にもいきました。
彼の実家から新門司港まで九州を縦断し、フェリーに乗って東京に帰ってきたこともありました。
雨でずぶぬれになりながらアノラックを買いにGAPに駆け込んだこともありました。
凍てつく寒さに膝がたたなくなってガクガク震えのとまらない夜もありました。
シートに股がった瞬間、スカート破ったこともありました(笑)。

楽しいことも辛いことも、みんなみんな二人の良い思い出です☆

そんなこと考えながら夜道をタンデム・・・
今日は、暑くもなく寒くもなく、バイク乗るにはちょうどよい。
頬をきる風が心地よく、
降水確率40%なのに、夜空に星がみえるじゃないか!
2ストロークエンジンのにぎやかな音を立てながら
「グリさん」と二人はトコトコと家路をたどったのでありました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お墓参り その2

P1010351今日はお彼岸のお中日。
先日は祖父のお墓参りに行きましたが、今日は大叔父さんと大叔母さん、それからお姉さんのお墓参りに行きました。
大叔父さんと大叔母さんは松戸市にあるお寺に、お姉さんは市営霊園の納骨堂に眠っています。
今日は彼も一緒にお墓参りできました。

大叔父さんと大叔母さんは、両親が営む会社の先代で、父方の祖母の妹夫婦(ややっこしいなぁ)。

大叔母さんは、気が強く負けず嫌いで華やかで、だけど気前がよく面倒見の良い人でした。「お供えするお花が辛気臭いんじゃぁおばさんに怒られる〜」といって、いつも百合や蘭の入った豪華なお花をお供えしています。
↑ね!お供え生花とは思えないでしょ。

大叔父さんは、穏やかで物静かな人。海軍時代の写真は美青年!とても優しくて、よく「Eddiさんはいつ見てもきれいですねぇ」と褒めてくれていた私のファンクラブの会長さんでした(笑)

祖父母と縁の薄い私にとっては、この大叔母さんと大叔父さんが祖父母のような存在だったのだなぁと最近しみじみ思うのです。

二人とも私の結婚を楽しみにしていてくれました。
間に合わなかったこと、心痛むけど、彼を連れてちゃんと報告にきましたよ。

 

お姉さんは、私が生まれる1年ほど前、生後3日で亡くなったのだそうです。
出産時のトラブルで脳内出血が原因だったとか。
「あのまま生きていても、脳に障害が残ったの。それを分かってて私たちに苦労をかけないようにって亡くなったの。親孝行な娘なのよ。」
両親が悲しみを乗り越えるため呪文のように繰り返した言葉は、その1年後に生まれた娘の胸にも強く響いています。

 
なんでかな?結婚が決まってから、周りの人のことや気持ちとか、いろいろ考えちゃうようになりました。

こんな湿っぽい話、わざわざ記事にすることないのかもしれないけれど、
こんなにも素晴らしい人たちが確かにこの世に存在し、そして愛し愛され生きていたのだということを、なんとなく残したかった・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年9月22日 (木)

星のや 軽井沢 ー メインダイニング嘉助

PICT0154なんとかは忘れた頃にやってくる・・・
というわけで、今更ながら星のや軽井沢ご宿泊案内でございます。
どうしても書きたかった記事なのです。たとえコメントがつかなくても書いちゃうよ〜。もう誰も私を止められない・・・ふふ。
さて、今回の記事は、星のや軽井沢滞在記のメインイベント、星のやの夕餉でございます。
ちなみに、これまでの記事はこちら→・癒しの空間(チェックイン編)
                 ・驚きの居室(居室編)
                 ・メディテーションバス(お風呂前編)
                 ・瞑想空間(お風呂後編)
星のや軽井沢の宿泊には、基本的に夕食はついていないみたいです。
チェックインの後、「ノーワンズレシピ」か「メインダイニング嘉助」に予約を入れたり、「村民食堂」に足を伸ばしたり、ルームサービスを頼んだりすることになるのです。

私たちは迷わず「メインダイニング嘉助」を予約しました。
だって、披露宴会場「阿結抄」のお食事はここで作られると聞いたんですもの。
披露宴でのお食事のお味を確認しなければ、星のや軽井沢に来た意味がないのだーーー!
入浴後、浴衣と作務衣を着た私たちはウキウキしながら「集いの館」にある「嘉助」に向かったのであります。
↑の写真は「嘉助」の様子です!写真は朝とったものだから、全体に白っぽいけど、インテリアのお洒落な感じはお伝えできるかしら?
夜はちょっと暗めでしっとりとした雰囲気。
天井からぶら下がるライトのオレンジ色の光の下でお食事するのです。
なんというお洒落空間!
この雰囲気だけで私たちはメロメロでした。

お食事はコースのみ!テーブルの上には本日のお献立の書かれた紙が1枚。
コースは一種類だけという潔さ。こういう強気なところ、好きだな〜
気になるメニューはというと・・・
【前菜】
・インゲンのごま和え・グリーンアスパラガス黄身酢・赤万願寺のお浸し
・高原キャベツのフォアグラ包み・ズッキーニと鴨のたたき酢ゼリーがけ
・たたきオクラと紅鱒薫製・レタスとキュウリと花茗荷のお浸し  
 →ぜんぶ、一口サイズなの〜
  お上品な味付け。見た目も美し〜★
【煮椀物】
・信濃雪鱒の葛たたき+付け合わせ

 →治部煮みたい。お魚にお粉がはたいてあってたっぷりスープでいただきます
【お造り】
・大イワナ+付け合わせ
 →大胆にもお刺身は3切れ!イワナって初めて食べた〜
  お魚の形をした器が素敵☆女性は赤、男性は青の器なの。
【八寸】
・長いもソーメン(ウニのせ)・銀杏・鹿ロース煮・マスカットの白和え
・鯉昆布ジメキャビア添え・白ダツ海苔山葵和え
・田楽三種(焼茄子、干瓢、糸こんにゃくの寒天寄)
 →大きなかごの中に一口サイズのお料理が彩りよく入ってます。
  食べるのがもったいないくらい・・・
【季節野菜の豆腐】
・ハスのお豆腐
 →大きなはすの葉っぱの上にちょこんとお豆腐がのっています。
  まるで葛餅のようにモッチリとした食感。
  レンコンが練り込んであるそうです。
  小さく刻んだレンコンも入っていて、シャキシャキ感も味わえます。
【揚げ物】
・摘み草の天ぷら
 →もう忘れちゃったけど、ドクダミとかウドとか月見草の蕾の天ぷら。
  もちろんエビもありましたよ〜。あの食感は冷凍じゃないはず!
【焼き物】
・鮎(炭火焼)・牛フィレ肉(加熱した石の上でしゃぶしゃぶ)・夏野菜
 →お肉と野菜は溶岩でできた大きなお皿の上に乗っていて、
  加熱したなんちゃら石の上でしゃぶしゃぶして頂きます。
  脂っこくないのに口の中で肉がどんどん崩れてゆく〜めちゃうま!!
  特性ポン酢、特性ソースも最高です。
【ご飯】
・かまど炊きご飯・赤出し・香の物
 →銀シャリですよ☆かまど炊きだから、ちょっとやわらかめ。
【デザート】

・すいか・デラウェア・くみ上げ湯葉入り水ようかん・花豆
 →すいか大好き!花豆の煮物は上品に1粒だけ。甘さ控えめ〜

すごい品数でしょ〜〜!夏バテ気味だった私は全部食べられるか心配でした。
でもね、1品1品の量が考えられているのです。
もっと食べたい!っていうところで無くなっちゃうの。
前菜や八寸なんてどれも一口よ。
満腹にならず全ておいしくいただける量に調整してあるってわけですね。

それだけじゃないの。とにかく全部おいしい!
なんて表現したらいいか分からないんだけどおいしいの!
思うに、私の「おいしいの基準」は味が立体的に感じられるか?
・口の中に入れた瞬間感じるのは調味料などの強い味
・その後口の中いっぱいに素材と調味料の味が広がって混じり合うハーモニー
・最後に鼻に抜けてくる素材の風味や調味料の隠し味orベースのお出汁
この3つをちゃんと感じることができたとき、あぁおいしいって思うの。
嘉助のお料理はこの条件を満たしていました。
特に最後に感じられる素材の味がしっかり力強いことには驚いたよ!!
アスパラがちゃんとアスパラの味を主張しているの!
当たり前のことなんだけど難しいこと。
とにかく感激しました☆披露宴の料理はかな〜り期待できるぞ!!

とはいえ、この日は混んでいて、なかなか料理が出てこない・・・
料理を待つ間、疲れきっている二人はだんだん眠たくなり、会話の中心は「眠い」になっていました。
彼ったら、料理を待つ間、死んだ魚のような目をしている・・・
まったく〜〜〜!ぶぅぶぅ!

不満げに彼の顔を眺めていたら・・・あれ?彼の目が何かをとらえたみたい。

私の後を店員さんが通ります(彼の目は店員さんを追いかけています)
店員さんが料理を置きました(彼の目の動きが止まりました)
店員さんが戻って行きます (彼の目は一点を凝視したまま動きません)
ジュゥ
・・これは肉の焼ける音(彼の目に生気が・・・・)

私「お肉、楽しみだね。」
彼「ハッ(我に返る)バレとったん?」
私「・・・まるっとお見通しです!」

まもなく、お肉大好きな彼の前に上州牛フィレ肉が到着しました!
目を輝かせながら食べる彼の顔はまるで少年のよう。
見てるこっちが嬉しくなっちゃうよ。
お肉は3切れ。よし、私の分1切れあげちゃう!
大喜びの彼の満面の笑みったら・・・
口の中でとろけるお肉を堪能しながら、幸せをかみしめた夜でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

ダイエット大作戦!

P1010329私じゃありません。
彼です。彼。

私と暮らし始めてから、彼、10キロも太ってしまいました。なんてこった〜

彼曰く「だって・・・冷蔵庫の中に食べ物が入ってるんだもん」
そうね、東京で一人暮らししていたときはひもじい生活だったもんね。
よく差し入れに行った日々を思い出します。
一緒に暮らし始めて、彼にちゃんとご飯食べてもらいたくて、冷蔵庫には必ず何か食べられるものを入れていました(共働きゆえ平日の食事は各自なの)。
体のことを考えて野菜や納豆も入れておいたんだけど、
無くなるものは肉、肉、肉・・・・
その結果、彼の体重は右肩上がり。そして今でも高値維持!
なんと景気の良いことか!?

結婚式も近づき、彼は本気でダイエットに取り組むことにしたようです。
そこで購入したのが↑の自転車!!
"TREK"というアメリカのメーカーのシクロクロス競技用自転車
なのだそうです。とりあえず、横にいる彼に聞きながら書きました。私自身はよく分かっていません・・・・
「トレックは自動車でいえばトヨタって感じのメーカーで、ツールドフランスで七連覇した人の乗っていた自転車もトレックでね。ガンを克服して七連覇したんだよ。アームストロングっていうんだけど。ちなみにトレックの自転車は永久保証でね・・・」彼のうんちくは続きます。自転車にはまっている彼であります。

詳しいことはよくわかりませんが、
彼、自転車通勤を始めました!片道15キロほどの道のりを走るのだとか。
週2、3日ですが、帰ってくるとグッタリしていて、相当カロリーを消費した様子がうかがえます。
そのおかげかな?最近顔が引き締まったような・・・・

私も「粉末寒天」や「CoQ10」「アルファリポ酸」などを買ってきて、ダイエットのお手伝い!!

でも無理してほしくないなぁ。1ヶ月に2キロ以上の体重落としちゃダメだよ。
体の方が心配なんだからね。

私「無理しないでね。
  パンツの上にチョンと乗ってる脇腹さえなんとかなってくれればいいの。
  多くを望んでいないから。」
彼「多くを望んでいないって・・・ショックだなぁ」
私「いや、傷つけるつもりじゃなくて、
  プレッシャーかけちゃいけないかなと・・・」
彼「十分ショックだよ〜〜」

ん〜〜。どうやってフォローしたらいいんだろう?

追記:彼の名誉のために!彼、別にそんなに太っているわけじゃないんです。
   ただ、昔と比べると・・・・あれ?ってだけなの。
   これってちょっとフォローになったかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

ペーパーアイテムの強い味方?

P1010337ブレストンコートでは、招待状や席次表の作成もお願いできるのですが、阿結抄に似合うおしゃれな「和」のデザインがありませんでした。
参列者も30人だし、ペーバーアイテムは作ってしまおう!!

 

いろいろデザインを考えた結果、招待状の内側には和紙を使うことにしました。
一応そのまま印刷できる和紙を買ってみたのですが、ちょっと滲む・・・
手作りペーパーアイテムって素敵なんだけど、インクジェットプリンターの滲みがちょっとね・・・と悩んでいたところ、発見しちゃいましたよ!!

”いろんな紙にインクが滲まない下地が作れる
 インクジェットプリント用ベーススプレー”

すごいですね〜。こんな優れものがあるんですね〜。
1本840円なんだそうです!なかなかお手頃じゃないですか!
さっそくスプレー取り扱いサイト、紙図鑑さんで注文!!!

単価   840円
送料: 1,050円
総額: 1,890円・・・・?! 私って・・・orz

まぁいいじゃないか!これで素敵な招待状を作れるのだから(きっと)

手作りってやっぱり楽しい〜☆
結婚の準備を始めて、あれこれ、いろんなことやれるのって本当に楽しい。
ワクワクしちゃう。

なんていうかな、
目の前にハードルがあると飛び越えたくなっちゃうのよね〜☆

だけど、その多くの場合が「ハードルを蹴散らす」か「飽きてハードルを放置する」なのだけれど・・・。

そういえば、最近、お習字やってないなぁ。
これは「放置」されたハードルの類いか・・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

ドレス選び その1

石の教会で結婚式をすることが決まった後、まっさきに予約をいれたのがドレスショップでした☆気合い入りまくりです!!

ゼクシィのドレスカタログを見ながら、彼と相談!
「マーメイドライン」にすることだけは決まりました。
でも、それ以外のことはさっぱり想像できません。どんな生地にするか?どんなドレスラインにするのか?
彼は「絶対にアメリカンスリーブが似合う!」力説!!
雑誌の写真を指差し「この背骨の感じがいい!!」って、それ私じゃないし。
ん〜アメリカンスリーブは太って見えるんじゃないかな〜?
あまりピンとこないかも・・・
サテンのつるっとした生地で流行のビスチェタイプの方がいいんじゃないかな?

まぁ百聞は一見にしかず!とにかく試着しまくろう!

最初に行ったのはホテルと提携している「静ブライダルサロン」というお店。渋谷のbunkamuraの前にあります。
担当の方に「好きなドレスを選んでくださいね」といわれたけれど、マーメイドはほとんどないのぉ。
彼はnew arrival のアメリカンスリーブ総レースマーメイドを見つけ、これがいい!!と言ってドレスを持ってきました。
私はサテン生地のドレスを持ってきました。
よぅし!試着するぞ!!
PICT0109_2←こちら彼お勧めのドレス☆
 やだ〜!素敵じゃない!!びっくりだわ。
 彼は「ほらね。言ったでしょ」ってご満悦。
PICT0110

  後ろ姿はこんな感じ→
  うん。いい感じかも。
  
  

PICT0118  ←で、こちらが私が選んだドレス。
  悪くないけど、
  彼が選んだドレスの方が素敵かも。
  何か悔しいなぁ・・・
PICT0126

    でも後ろ姿はかわいいよ→
    松ぼっくりみたいでしょ。   

写真を撮っていると、担当さんが「こんなのもありますよ」
と言ってアイボリー色のドレスを持ってきてくれました。  
ソフトマーメイドというのだそうです。オーガンジー生地でできていてフワッと可愛らしい感じ。
見るからに似合わなそう・・
不安を感じながらカーテンを開けると・・・
PICT0129_2 

 彼、あからさまに「似合わね〜〜」って顔してる。
 分かってるって。可愛らしいのは似合わないの。ぷん!

PICT0133_2 
 でもね、後ろ姿は素敵☆→
 オーバートレーンっていいかも。

  
  

私たちがあからさまに盛り下がっていたためか、担当さん、「マーメイドじゃないけど、アメリカンスリーブならこれはお勧めですよ。」と言ってAラインドレスを持ってきてくれました。

PICT0151←やっぱアメリカンスリーブ、いいわ〜☆
 Aラインも悪くない。
 
 あれ?彼の行動がおかしいぞ?
 なぜか私の後ろに回りたがる・・・PICT0141
 
  
   

いや〜ん!!背中に谷間ができてるぅ→
なんてこった〜〜〜orz
どうりで人生最高にウエストが細いと思ったよ。

  
一応、最初に着たアメリカンスリーブを予約しました。
素敵なんだけど・・・おかしいなぁ。なんかピンとこない。
PICT0108_2  可憐な感じ、華奢な感じがしないのよね〜
 なんか力強そう。

 
そ、そうか・・・・
←この形、競泳用水着を彷彿とさせるんだわ。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

お墓参り

P1010326←これ何だと思います?
 正解はこの記事の最後に☆

今日は家族そろって祖父のお墓参りに行きました。
父方の祖父は「富士霊園」という富士山の麓にある大きな大きな霊園に眠っています。
富士霊園は緑がたくさんある公園のようなところで、春は桜、初夏はつつじ、秋は紅葉、冬は富士山の雪化粧が美しい☆
墓地の区画も大きく、霊園管理の一環として各区画内にマリーゴールドやベコニアなど季節の植物が整然と規則的に美しく植えられていて、お供えのお花がなくても(つまりお墓参りにくる人がいなくても)寂しさを感じさせません。
とても墓地とは思えないようなところ・・・だから幼い頃からお墓参り好きだったのかも。
行楽がてらお墓参りをするのは昔からの年中行事で、幼いころは家族そろってピクニック!てな感じで楽しみにしていたものでした。

今回は彼も一緒に行くことになり、母ははりきってお弁当を作ってくれました。
そして朝6時、家族に迎えにきてもらったのですが、
彼、お腹を壊してとても外出できる状態じゃありません・・・ orz
あちゃー!ふがいない・・・いえいえ、かわいそう!
しばらく待ってみましたが快復する気配がないため、仕方なく彼を残して出かけることになりました。

海老名SAで電話してみると
「だいじょ〜ぶだよ〜。ごめんね〜。」と力ない声。
「T君の分のおにぎりもあるからね。無理しないで休んでてね。」

彼が心配ではありますが、今日はピーカンの行楽日和!
なんだかんだいって楽しい気分になっちゃいました。
やっぱり富士霊園ってきれいなところ〜。なんだかホッとするかも。
お線香をあげて、祖父に結婚の報告をしました。

今度は必ず彼を連れて来るからね!

お墓参りの後、霊園内の公園でお弁当を食べました。
こうやって両親や弟とお弁当を食べるなんて何年ぶりでしょう。
母がマリッジブルーになったおかげかな〜
写真をとりたかったんだけど、彼と一緒にデジカメも忘れてきちゃったので、
20数年前の様子などを・・・

P1010340私ばっちりカメラ目線です!!
当時は、弟より私の方が絶対かわいいって思ってたんですけど、最近ようやく客観的にみれるようになりました・・・
弟の方が整った顔をしています。しょぼん

そんな嘆きは置いといて、
ここの池にはたくさんの錦鯉がいるんですよ〜
親戚のお兄さんと鯉を捕まえようと奮闘したこともありました(遠い目・・・)

ご飯を食べ終わり、彼の待つ千葉へ!
途中、SAで休憩したとき、       P1010334
面白いもの見つけちゃいました☆
「ギャバ足柄茶 一日一本 γ-アミノ酪酸8mg含有」

γ-アミノ酪酸ってなんだろう?
「かながわブランド」って書いてある・・・
神奈川県民はみんな一日一本飲んでるのかな?
ちょっぴり神奈川にコンプレックスのある千葉県民は、さっそく一本お買い上げ!
ついでに嫌がる弟にも無理矢理買わせちゃいました!!うふ☆

どんな味がするんだろう?わくわく〜〜!
早速車の中で飲んでみたぞ!!

私「ぐわっ。これヤバい!」
弟「うわ!まじヤバい。ほんとの意味でヤバい!」
母「ん〜、苦くて後引くね〜」
父「・・・(黙して語らず)」

強烈でした!!例えていうなら腐ったお茶・・・

く、くやしい〜〜
こうなったら痛み分けだ〜!さぁ弟よ!自分の分を飲みなさい!!
って、弟はニコニコしながら「ギャバ足柄茶」に引き続き「生茶」を取り出しました。あの後、生茶を買っていたのか・・・
や、やられた〜!敵前逃亡とは卑怯なり〜〜〜!
結局、弟の分は私が引き取り、お持ち帰りです。
えぇ、飲みましたとも。飲んだともさ!
でも、飲んでるとなれてしまうものですね〜。ちょっと、癖になりそう☆

順調に渋滞を抜けて、もうすぐ、うちに着く!
彼に電話してあげよう!
私「もしもし。もうすぐ着くよ。大丈夫?ご飯食べた?」
彼「なんにもたべてない〜」
私「パン買ってあるからね。」
彼「ん〜。おにぎりのほぅがいい〜。」

あ!!
おにぎり全部食べちゃった・・・
おかずすら残ってない・・・
だって・・・おいしかったんだもん! 
私ってば薄情だ〜!ごめん!!!

  
冒頭の答え:火種(ひだね)
 お線香に火をつけるときに使うらしいです。帰りに霊園事務所で見つけたの。
 あんまり可愛いので買ってしまいました☆

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年9月17日 (土)

整体

PICT01848月くらいからでしょうか?
しゃがみ込んだり、正座したりすると、右膝の裏が痛くなって立ち上がれなくなりました。
7月末からずーっと忙しく、長時間のデスクワークが祟ったのだと思います。
これじゃバージンロード歩けなくなる!!!
そんな危機感を抱いた私は、すぐに両親に電話し、
一家そろってかかりつけの治療院に整体の予約を入れました。
ご自宅の一部を治療院として開業しているところで、私は高校生の頃からときどき膝や腰が痛くなると通っていました。
何年かぶりに行ったところ、
足の左右の太さが違いすぎて骨盤がゆがんでる
座骨がよくない→難産になるよ       ってなことを言われました。
前々から分かっちゃいるんだけど・・・・
先生からは3週間に1回くらい通いなさいと言われました。

そして先日、治療の日がやってきました。もう前の日から体中マッサージを待ちこがれれウズウズしています。
午前中は仕事お休み☆
整体の後はなぜかグッタリ疲れてしまい、猛烈眠くなって仕事どころじゃないの。先生曰く、整体の後ぐっすり寝るとよいのだそうです。
ちゃんと言いつけを守り?1時間ほどぐっすり寝てから重役出勤なわけであります(職場の皆さんごめんなさいm(_ _)m)。

明日の整体を心待ちにしていた夜、母から電話がありました。
不機嫌そうに「明日、カイロだよ。ちゃんと覚えてるの?(ガチャ!)」という留守電・・・
覚えてるよ〜!!

慌てて電話したところ、
母「覚えてたの?明日朝早いから。迎えに行くから。」
私「一人で行けるよぉ。それにお母さんは治療の予定じゃないでしょ。」
母「あんた降ろして一度家に帰るから。その方が安心。」
えぇ?!
自分で行けるのに・・・
断ろうと思ったけど、マリッジブルーのことが頭をよぎる・・・ここは甘えるべきか。

翌朝、7時半過ぎに母が迎えにきてくれました。
車に乗ると、助手席には「おにぎり」と「生茶」が・・・
母「どうせ朝ご飯食べてないんでしょ。ちゃんと食べなきゃ。」
昔から変わらない私用の小さなおにぎり。
治療院の先生から梅干し食べなさいと言われていたのを知っていて
しっかり梅干しが入ってる。

・・・不器用だねぇ。
ごめんって言えばいいのに。昔からこうなんだよね。
言い過ぎちゃったな・・・って思って反省したときは、
なぜか夕飯のおかずが豪華だったり、ぶっきらぼうに優しくなったり。
いい歳して、まったくぅ!
こういう不器用さは染みるんだよなぁ。

整体が終わった後、母が迎えにきてくれました。

帰りの車の中で、もう一度聞いてみました。
私「ドレスのことなんだけど、見に来ない?」
母「ん〜じゃぁ見に行こうか?」(あまり乗り気じゃない・・・汗)
私「え?いいの?家のこととかもあるから東京行くの大変だよね。」
母「ん〜、そうなんだよねぇ・・・。
  やっぱいいわ。当日の楽しみにしておくよ。」

母の口から「楽しみ」の一言が聞ければ十分です。

よぅし!これからもバリバリ準備するぞ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

母のきもち

PICT0185
昨日から、ちょっと元気がない・・・
昨夜母と電話してから。

17日にはオーダーしていたドレスのフィッティングが予定されています。

せっかく出来上がってくるんだもの。お母さんだって見たいはず☆

そう思った私は、何度か母に一緒に来る?って聞いていました。
けれど、母の対応は冷めていて
「別にいいよ」
「どうしても来てほしいって言うなら」という感じでした。

昨夜の電話でもそんな感じだったので、
もぅ!と思った私は「見たくないの?」と尋ねたところ
「だって何でも二人で決めちゃうじゃない」だって・・・

何でもって・・・そんなぁ・・・

あまりドレスに興味がないのか、母はドレス選びの当初から一緒に行きたがりませんでした。着物を選ぶからと無理矢理東京まで引っ張りだしたことが一度だけあったけど、何を着ても、特段興味を閉めさず、数枚写真を撮っただけでお店の人や彼とのおしゃべりに夢中でした。

まぁ、昔から私を着せ替え人形にして愛でる人ではなかったし・・・
そう思ってあまり気にしていなかったんだけど、
なんだかちょっと違うかも・・・
一緒に買い物に行って洋服を選ぶときとはもっと楽しそうなのに。
何が違うのかな?
そう、目を合わせない感じ・・・ 

 

嫁姑の関係で苦労した母でした。
自分の結婚式を思い出して悲しい気持ちになっているのかな?

娘をとられちゃうような気がして寂しい気持ちなのかな?

だったら、素直にそう言ってくれればいいのに・・・

 

分かってる。不器用なんだよね。

だけど弱い自分を見せたくないんだよね。涙もろいくせにさぁ・・・

目を合わせちゃうと泣いちゃいそうになるからそっけないんだよね。

  

分かってるけど・・・そういうの切ないよ。

 
    

式まであと3ヶ月もあるのに、母がマリッジブルーになるとは思いもしませんでした。父の方が落ち込むんだろうと思っていたけど、意外にウキウキなのには驚いたし・・・
お祝い事なんだもの。しめっぽいのはイヤなのよ。
私が落ち込んでいる場合じゃないのだ!
もうちょっと母と連絡を取り合って、元気づけてあげよぅ・・・と思いつつ、元気いっぱいでガンガン結婚の準備をしている私の姿が、母には目障りなんだろうなぁ。

もぅ、どうしたらいいんだろう?

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

星のや 軽井沢 ー 瞑想空間

PICT0179_1さて、メディテーションバスの続編です!

ここから先が、メディテーションバスのメディテーションたる由縁が明らかに!
なんちって。

←メディテーションバスのマークが分かりにくかったので拡大してみました!(単なる手抜きともいうが・・・)

光の湯から小さな洞窟様の入り口を見つけ、歩み進んだ私でありますが、
・・・何も見えない。
恐る恐る手探りでゆっくりと奥に進むと、
あれ?左に折れ曲がったぞ・・・・大丈夫かいな??
ぶっちゃけ、結構怖いかも・・・

さらにゆっくり進むと、開けた四角い空間が現れました。

手を伸ばせば手が届きそうな低い天井。
光の湯に比べて空気もお湯も温度は低く設定されています。
入り口入ってすぐ左の壁には湯船の中にライトが10個ほど横に並んで設置され、湯の中で対岸の壁を照らしています。
真っ暗な中、この碧白いライトの光だけがゆらゆらと揺れています。
これ以外、明かりはありません。

全身で闇を感じる・・・闇の湯。

光に導かれるように部屋の奥に進み、湯船の中の段差に腰掛けたところ、
ポワヮヮーーーーーーーーーーー と瞑想を思わせるような音が聞こえてきます。
どこにスピーカーが設置されているのかも分かりません。
音楽かな?と耳を澄ませていましたが・・音楽ではありません。
音!
決められた旋律は無し!イメージは自分で作るということか・・・

じっと音に耳を傾ける。
目を開けているのか閉じているのかも分からない闇。
しばし思考停止・・・
このまま闇に融けていってしまいそうな不思議な感覚。

体を投げ出し、無心で闇を見つめていたところ、
自分の体がライトに照らされ湯の中で白く光っていることに気がついた・・・

なんか・・・美人さんになった気分だぁ・・・(なんでやねん)

お風呂に入ってから一度も現実の姿と向き合わないせいだろう・・・自分がすごく美しくなったような不思議な気分。(なのに一人突っ込みをしてしまう私)
ここはすごいところだ・・・・

感激しながらも、私の体力は限界に・・・湯あたり寸前だぁ!
クラクラしながら元来た道を戻ると光の湯で気持ちが一気解放!!
露天風呂とは違った開放感。これまた不思議な感覚。
光と闇のコントラストにメロメロ〜

お風呂をあがるとすぐ横に水飲み場。
壁をくりぬいたところにデザイン性の高い蛇口。水の落ちるところには小石がしいてあります。つくづくお洒落です☆
ここの水は天然水なんだよねぇ〜。
タオルを肩にかけ右手を腰に当て、一気に水を飲み干す!
プハーーーー!たまらんのぉ!

浴衣に着替え、出口に向かったところ、出口の左側にもう一つ部屋があることに気がつきました。
涼しいお部屋にシェーズロングタイプのソファー(枕付)が4つほど並んでおいてあります。
ソファーに寝転び天井を見つめてみる。
ゆっくりと目を閉じると、あぁ、落ちていきそう。

ソファーの横の小さな机にはなにやらパンフレットが・・・
「スパ一止のご案内」 ほほぅ、マッサージの案内?いいかも!
「指圧、タイ古式マッサージ、アロマセラピー、スウェーデン式オイルトリートメント」いろんなコースがあるのね。癒されそう!
「ご料金2万1000円」 げげ!!

・・・@目が覚めました@・・・

星のやの宿泊料は決して安くない。ここにきてまでさらにこの料金は無理だよぅ。

ちょっぴり打ちひしがれて外に出ると・・・とっぷり日も暮れていた。
霧雨で湿気を含んだ風が頬を優しくなでる。
懐中電灯で足下を照らしながらゆっくりとウッドデッキを歩く。
川のせせらぎ?風の音?・・・・それ以外何も聞こえない。
静かだ。
敷地内の建物には明かりがともり、木々もライトアップされている。
だけど、闇は大切に残されている。懐中電灯なしでは歩けない。

涼しい湿った空気を胸一杯に吸い込んでみる。
ふぅ〜!
体の力が抜けていきそうだぁ。
あれほど張りつめていた緊張感はどこへ行ったんだろう?
森の香りと湿った空気に身を委ねている私がいた。

ようやく身も心もリラックス〜★

ほっとしたらなんだか猛烈おなかがすいてきた・・・
「ぐぅ!」
あぁん、私って色気ないなぁ。

よぅし、これからメインダイニング嘉助で夕ご飯だ!
もりもり食べるぞ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

星のや 軽井沢 ー メディテーションバス

PICT0179_1さて、星のや滞在記の続き。

到着編居室編に引き続き、今日はお風呂のお話。

さすがに写真はないので、みなさん、妄想を膨らませながら読んでくださいね★

ここの温泉は
・トンボの湯:露天あり。一般利用可
・メディテーションバス:露天なし。一般利用不可
の二種類が使えるの。
立寄湯のできるトンボの湯は、この日激混み!駐車場は満車でそれでも車が並んでいました。ということでトンボの湯はパス!!

メディテーションバスに行くことになりました!
写真は、レセプションで渡された敷地内の案内図の一部です。敷地内の施設は全部家紋のようなマークで示されているの。デザイン性が高く凝ってます!
私たちの宿泊した部屋は、画面右上の葉っぱのマークの建物。迷子にならないようボールペンでぐりぐり丸をつけてあります(笑)
メディテーションバスはそのすぐ右下、湯がわき上がるような温泉マークのところです。
メディテーションバスには光の湯、闇の湯があるらしい・・・。なかなか面白いところのようなのだけれど・・・ワクワクです★

入り口は引き戸(ちゃんとロックがかかるようになっていて、夜11時以降は暗証番号を入力しないとドアが開かない仕組みになっています。すっごーい)。
中に入ると、格子状の下駄箱があり、そこに下駄を入れます。
更衣室は2部屋続いてありました。
どちらも壁面鏡のある洗面所に向かい合わせでロッカーが設置され、その奥の棚に白いボディタオルとバスタオルがたくさん積まれています。自由に何枚でも使えるのは嬉しい限りですよね★
木材の色はダークブラウン。居室のインテリアと統一感がありますね〜。

一つの更衣室で着替えられるのは、そうだなぁ、3〜4人じゃないかな。
洗面所の椅子は2人分しかなかったような記憶。
こじんまりとした家族風呂的な雰囲気です。

さっそく浴衣をバサ!っとやって気がついた。
後ろに壁一面の大きな鏡があるということに・・・。な、なんか、緊張するかも。

タオルを手に取り、
竹材でできている廊下を進み、お風呂場へ!

ドアを開けると、向かって右側に湯船、左側に洗い場、奥にはサウナがありました。
黒いタイル?大理石?でできたお風呂場で全体的に暗い雰囲気。
洗い場は4つ。一つ一つ独立した洗い場になっています。
あぁ、なんて表現したらいいのかな。壁が円柱状(縦)にくりぬかれている感じ。
洗い場の壁は曲線を描き、扉のない丸いシャワー室に入ったような印象です。
一つ一つ独立しているの、隣の人を気にせずシャワーが使えるのだ!
大理石?製の円柱状椅子は固定式になっていて斬新!
シャワーヘッドもステンレス製で角張った細長い形。
とにかくおしゃれです★
そして、気がついた。
ここには鏡がない!! そう、現実と向き合わなくてすむのです。

な、なんか不思議な感じ・・・

洗い場を振り返ると大きな柱が数本あり、柱と柱の間から4段の階段を下りて湯船に入っていきます。奥行きは数メートルほどの横に細長い形の湯船。
打たせ湯が並んで設置されていて、シャバシャバという水の音が絶えることがありません。
打たせ湯を横目に湯船を左奥に進んでいくと光の湯に抜け出ました。

天井の高い四角い湯船。
入り口のある壁以外の壁、3面すべては湯船のすぐ上から天井まで、ポリカーボネイト製と思われる乳白色の壁。
外側下方からホリゾントライトのように青色のライトで照らされています。
光に満ちあふれた空間・・・

光の湯とはこういうことか・・・あっけにとられながら、湯船の中の段差に腰掛け、壁や天井を見渡した。堅実離れした空間。
軽いめまいを覚える・・・
光に包まれながら、しばし、ぼんやりと立ち上る湯気を眺めていた・・・

ふと入り口の方へ目をやると、その左横に小さな穴がある!
人が2人ほど通れるくらいの四角い穴で中は真っ暗。まるで洞窟のよう。

何があるんだろう??これって入っていいのかな?
普通の温泉宿なら、洞窟の奥に観音様がいたりするけど・・・もしや闇の湯?

好奇心にそそられ、ドキドキしながら穴の中へ歩いてゆく私でありました・・・・

この先には何があるのか?!

次回、続編です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

手作り石けん&リンス

PICT0180 
えへへ★
今日は結婚準備おやすみ。
家事がたまっているのだ!
洗濯して、掃除して、洗物して・・・・
それからリンスを作らなくっちゃ! 

1年ほど前から石けん生活にはまり、石けんも手作りしています。
披露宴のプチギフトも手作り石けんにしよう!と思っているのですが、
毎週結婚の準備やら何やらに追われて、とんと手作りできていないのよ。とほほ。

でもね、手作り石けん仲間から石けん頂いたのよ〜★
うれしぃ。
作り置きしていた石けんが底つきてきたので、ほんと助かったのだ!深謝!!
頂いた石けんは
・ほうれん草石けん
・サンシャインバー
・小豆&黒糖石けん   の3種類。
ほうれん草石けんは早速使ってしまい、もうなくなってしまって、写真にはありません。残念。ハッカの香りがさわやかで夏らしく、軽い泡立ちの素敵な石けんでした。
写真手前、ラッピングされている石けん2コが頂き物よ★かわいー!
使うのが楽しみだ!
写真左側奥の石けんは、私の手作り石けんでかろうじて家に残っていたもの。
・ピンクカオリンと竹炭のグラデーション石けん
・自家製ゼラニウム石けん           です。
どちらもラスイチなので一緒に写真撮っちゃいました。

そんでもって、今日は石けんシャンプー用のリンスを作りました。
ちょうど切れていて、ここ数日はクエン酸にエッセンシャルオイルなどを垂らしてリンスしていたのです。もう、めんどくさい、めんどくさい。
今日は時間があるので、たっぷり500ml作っちゃいましたよ★
手作りリンスは気分に合わせてハーブやエッセンシャルオイル、保湿剤を選べるので、よい気分転換になるのよ。

今日の気分はローズ!
ってなわけで、ちょっとレシピを紹介!
・水  500ml
・ハーブ 適量(ローズペタル、カレンデュラ、ラベンダー、ローズヒップ)
・クエン酸 大さじ5
・ベタイン(orグリセリン) 小さじ5
・キサンタンガム 小さじ2〜3(固まるまで)
・エッセンシャルオイル 適量(ゼラニウム、ジュニパー、イランイラン)

1.水にハーブを入れて、沸かし、コーヒーフィルターで濾して
  ハーブティを作る。
2.ボールにクエン酸、ベタインを入れ、ハーブティを注ぎ、よく溶かす。
3.キサンタンガムを少しずつ入れ、泡立て器でよく混ぜながらとろみを調整。
4.最後にエッセンシャルオイルを入れてできあがり!

最初のうちは、ホホバオイルに乳化ワックス混ぜてクリーミーリンスも作っていたんだけど、だんだん面倒くさくなってきて、最近はこのレシピが多いです。エタノールを少し混ぜるとさっぱりなんだけど、あまり肌に合わないみたいなので、最近は辞めています・・・

気に入っているレシピなのですが、結婚が決まってから、とんと材料を購入しておらず、クエン酸もベタインもキサンタンガムも足りなかったのだ・・・orz
有り合わせの材料にとろみ材として粉末寒天などを入れてみたのだけれど、どうだろう?
まだ、熱々なので、全くとろみはついていないのだけれど・・・果たして使い物になるのだろうか????

失敗だったらブログで報告するね〜

| | コメント (5) | トラックバック (0)

GUNSHY & the Initial T

P1010110
行ってきちゃったよ〜!
GUNSHY と the Initial T のライブ★
楽しかった〜。汗だくだぁ!!
←こちら、GUNSHY ね★さわやかで大好きです。
New アルバム "Ocianic Deep"がタワレコのインディーズチャート1位になったんだって〜。すご〜い!ビックリしたぁ。会場で売ってたので、CD買っちゃったっ
9月24日にはClub Asia Pでレコ発記念ライブをやるんだって。
かっちょいい〜!行っちゃおうかな?

P1010174で、こちらがthe Initial T ね★→
プロバンドを前座扱いしてしまう恐ろしい(笑)バンドです。パワフルでノリノリでした!
アコースティック特集もあり、楽しかった★
そういえば、ギターの人が面白いこと言ってた。
「明日の選挙。比例区には"GUNSHY"あるいは"the Initial T"とお書きください。連立政権を目指しております!」
・・・そ、そうか、この人たちは連立政権を目指していたのか。
やはり恐ろしいバンドです(笑)

メンバーの人にお願いして、
披露宴の入場曲とかCD作ってもらっちゃおうかな・・

ライブの後はお友だちと焼き肉でした!
彼ったら、ライブの後、バイク仲間とツーリングに出かけてしまい、明日まで帰ってきません。
もう!彼の分まで食べちゃうからね!

P1010260←新宿にある末広園に行きました★
ここの焼き肉おいしいんだぁ。この写真はタン塩だけど、ハラミ最高!塩もタレも両方とも注文ちゃいました。
やっぱり運動?して汗かいた後は食欲がわくね。
もりもり食べたよ!
昨日までは焼き肉なんて受けつける状態じゃなかったのに。
これで夏バテ解消!かな?

ようし、明日から、また結婚の準備、バリバリ進めるぞ!!

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005年9月 9日 (金)

こんな感じだった・・・

P1000368今日はへろへろ。
ブログは辞めて寝ちゃおうかと思ったんだけど・・・
彼曰く「ブログを楽しみにしてくれている人がいるんじゃないの?」
そ、そうか。楽しみか・・・(にんまり)

職場では、「幸せの垂れ流し」とか「幸福の不法投棄」とか言われちゃってるけど、なんだかんだ言って、みんなチェックしてくれているもんね。そうか、楽しみだったのか!

じゃ、意地でも書こう。

でも、結婚ネタはこってり語りたいので、今日はパス!  
そうだ!明日のことを書こう!

2004年に行ったライブの様子★  

明日はどんなだろう?

ふふ、楽しみ♪楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがにきついわ

05

只今、仕事中。まだ帰れないよ・・・
とほほ。
もう、こうなったら、現実逃避しちゃうよ。

明日、9月10日には渋谷クロコダイルでThe Initial T と GUNSHY のライブがあるんだよねぇ。
チケット画像はさわやか系★

よぅし、ライブに行くんだし、もうちょっと頑張って仕事終わらせるぞ!


そうそう、あともう一つ大事なこと。
9月10日は大切なお友だちが石の教会で結婚式をあげるのよ★
まだお会いしたことはないんだけれど、結婚の準備でいろいろ励まし合った方なのです。
どうかどうか素敵な日になりますように!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

星のや軽井沢ー驚きの居室

PICT0050
さてさて、前回に引き続き、星のや軽井沢のお話。

私たちを乗せた敷地内専用車(キューブ)はゆっくりと森の中をくぐり抜け、どこをどうやって通ったのか村民食堂トンボの湯の前を通過し、黒塗りの塀に囲まれた「星のや」の敷地に入っていきました。そこには湖のように豊かな水を貯えた川と美しく植林された(?)木々、黒とベージュのコントラストが新鮮な集落の建物が現れました。

私たちの宿泊する部屋は、高台にある「山路地の部屋」2階。
キューブを降りたち、案内の人に導かれ建物の階段を上ります。同じ建物の中に複数の部屋があるようで、階段を上る途中、いくつかの玄関がありましたが、案内の人は「まだですよ〜」といいながら上へ上へと上っていきます。予約のとき2階の部屋と聞いていたと思うのですが、なんだか3階まで上ってきたような気がします。最上階の奥の玄関の前で「こちらがお部屋です」と。

真鍮色の鍵を差し込み玄関を開けると、プーンと木の香り。
玄関には下駄がそろえて置いてあります。
赤に白い小さな花模様の鼻緒の下駄と
紺色に小さな絣模様の鼻緒の下駄。かわいいー☆
「滞在中は自由に使ってくださいね」と言われ、気分はウキウキです。

ちょっと興奮気味に部屋の中に入り、室内の電気をつけると、
デザイン性が高く、備品類が美しく配置されたまるでモデルルームのようなお部屋が目の中に飛び込んできました。
すごいすごい。
床材は石。寝室は板ばりで一段高くなっています。
その上に直接お布団がしかれているのが斬新!
壁は珪藻土の塗り壁、ベッドの後ろの壁には正方形の和紙が張られており、天井の梁には間接照明。

リビングのソファーには大小取り混ぜたクッションがたくさん置いてあります。PICT0049
ソファーと同じ厚手の生地でできているダークブラウンのクッション。
シャンタンのような生地でできているうぐいす色&赤紫色のクッション。
色の組み合わせが絶妙!

PICT0051リビングの吐き出し窓の外にはウッドデッキがあり、椅子とテーブルの他、二人がゆったりと座れるソファーが備え付けてあります。
ウッドデッキの先には砂利が敷き詰められ、まるで小さなお庭のよう。
PICT0047
洗面所もすっごくおしゃれだー☆

 

 

もう、二人とも興奮して、あちこち見て回り、「すごーい」「すごーい」を連発☆
彼は、あちこち写真を撮りまくっていました。

そうだ、お部屋の中にパジャマがあるって言われていた。
クローゼットをあけると厚手のガーゼ生地でできているピーチ色のパジャマ。
グレーの足袋上ソックスまである☆わーーい!
それから、ソックスの横に焦げ茶色の竹籠がおいてある。
わーーい、これはどんなサプライズだろう?!ワクワク。
さっそく箱を開けてみるのだ!パコッ。

ゴキジェット発見!!

きゃー。ここって○○ブリがでることが想定されているのー?!
た、確かに森の中だもの・・・野生の○○ブリだっているわよね。
モワワワン(妄想発生)

・・・窓の外側に○○ブリが張り付いている図・・・・

うひゃー!
ブワンブワン(妄想かき消す!)やめやめー。妄想やめー!
・・・
はぅ。
見なかったことにしよぅ。

そ、そうだ!温泉。温泉に行こう!
ひとっ風呂浴びて、リラックスを獲得するのだ!

彼を促して、お着替えお着替え。
やっぱり温泉には浴衣(作務衣)で行かなきゃね。
脱衣所でいちいちTシャツ脱いで、ズボン脱いでなんて粋じゃない!
バサっと脱いで、ジャブンだよ!
なーんて頭カラ周り状態でお風呂の準備。
縞模様の浴衣に、シワシワ加工の朱色帯がいい感じ☆
ねぇねぇ、似合うかな?って彼はまだ室内を探索中。

ささ、早く温泉に行こうぞ!

と、そのとき、ベッド付近にいた彼が叫んだ!
「ゴキジェット発見!!」

いや〜ん、それは見なかったことにしたんだよぅ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

かわいいだなんて・・

P1000771

今日は仕事の関係で飲み会がありました。
サスケ通勤の私は外で飲むことはほとんどないのですが、
今日はちょっと飲んじゃった★
 
 

飲み会の席で、結婚のご報告をしたところ、皆さんに
おめでとーー!!
かんぱーーい!  ってしてもらっちゃいました♪
わーーい☆嬉しかったよぉ。

さらに、結婚の準備が楽しくって・・・・なんて報告したら、
いつもお世話になっている大先輩に「かわいいっ」を連発されちゃいました☆
自分の子どものようなんだそうです。
仕事をしている姿からは想像できないほど子どもっぽいはしゃぎようなんでしょうねぇ(照れ)。えへへ。

「おめでとー」とか「かわいー」とかって
いくつになっても、何度言われても、嬉しいものですねぇ。

本当に感謝だなー☆

今日は帰宅が遅くなったのでもう寝よう!
あ、星のや軽井沢滞在記、まだまだ続きますよ〜
宿泊案内のつもりで書いてますからね☆乞うご期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

星のや 軽井沢 ー 癒しの空間

PICT0137
私たちの披露宴は午後6時すぎからはじまる予定。
必然的にお開きの時間も結構遅くなってしまいます。
なので、参列者のみなさまには全員ご宿泊いただこうと思っています。

 

12月下旬の軽井沢は寒いらしい・・・というより痛いらしい(笑・・・いや笑えないか)のです。
そんな最悪な気候の中来ていただくんですもの。旅と披露宴の疲れをゆっくりと温泉で洗い流してほしい。
というわけで、8月の最後の週末、下見をかねて星のや軽井沢に行ってきちゃいました。

「星のや」はチェックイン時間を選べるの。
普通のチェックインは午後3時でチェックアウトは午前12時。
このほか、レイトチェックインというのがあって、午後6時チェックインで翌日午後3時までにチェックアウトすればいいのだそうです。
この日、夕方まで軽井沢で仕事のあった私は、レイトチェックインで予約をとったのでありました。

仕事を終え、彼と合流し、中軽井沢駅に降り立ったのは午後5時40分ころ。
ちょっと早いかとも思ったけど、雨も降っていたのでそのままタクシーに乗り込み、「星のや」へレッツゴー!

湯川をわたって森の中、レセプションに到着です。
あれ?建物一つしかないじゃない・・
「星のや」では駐車場&レセプション(チェックインカウンター)は宿泊施設のある場所から少し離れたところにあるのです。ここで日常生活とはお別れってわけだ。なるほどー。よく考えられている。感心感心・・・って私、まだ仕事モードだ。

コテージ風の建物の前に降り立つと、優しい笑顔のお姉さんが出迎えてくれました。お姉さん、なんだか面白い洋服を着ています。黒っぽい作務衣にちょっと大きめのストールを巻いたような・・
あっけにとられていると、奥の待合室に案内されました。
レイトチェックイン、ちょっと混んでたので、少しここで待つことに。
ソファーの横には吐き出し窓が解放されていて、ウッドデッキが張り出しています。
なにかに導かれるように外に出てみるとひんやりとした心地よい空気。
ウッドデッキの左側奥から湯川の清流がサラサラと流れていて、霧のような水分を感じます。
深呼吸してみると、ふんわり湿った森の香り。

あぁ、この香り、どこかで嗅いだことがある。
そう、中学生のときに行ったグリーンスクールだ!バンガローに泊まったっけ。カレーおいしかったなぁ。あれはどこに行ったんだっけ?たしか千葉村とかって名前だったような・・・・って私、頭の中カラ回り過ぎじゃない!

おかしいのです。
素敵な建物も、森の木々も川の流れも優しい空気も、ここにあるすべてのモノが
リラックスしていいんだよ〜。
さぁリラックスしてごら〜ん。
とろけちゃうよ〜ん。
と私をリラックスへと誘うのですが、心の芯が固く凝り固まって、
軽井沢の自然に身を委ねられない自分自身に驚いた・・・。

この日の仕事は仕事とも呼べないほどの軽いものだったはず。
確かに一生懸命文字を読んだけど、そんなに緊張するようなものじゃなかったはず。
なのにどうして〜?!

自分自身が、いつも、いかに張りつめた状態でいるか思い知らされた。
自然の空気に包まれながらも、居心地の悪さを感じる私でありました。

ま、そのうち、どうにかなるだろう!
と気を取り直してチェックイン手続き。

「星のや」では敷地内で着用できる滞在着を用意してくれているのです。
作務衣と浴衣。どちらでも選べるんだそうです。
彼は紫がかった渋いグレーの作務衣
私は紺とグレーの太い模様の浴衣。帯は朱色。 渋くておしゃれな滞在着。
これとは別にパジャマが準備されているんだって。
素晴らしい心配り★

待合室でフレーバーティを頂いた後、敷地内専用車(黒色のキューブでした)が到着しました。ここから宿泊施設までは敷地内専用車で案内してもらえるのだそうです。徹底して「日常」から切り離された癒しの空間を作ろうという努力が見えます。ううむ、素晴らしい・・・ってまだまだ私仕事モードです。

リッラクスしなきゃ・・・というあせりと不安を感じながらキューブに乗り込みました。
ええい!ままよ!
いざディープ「星のや」へ出発なのだ!!

続く★

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月 4日 (日)

引き出物ー湘南七宝焼

PICT0169
今日は、彼と二人で引き出物を見に行きました。
私たちが心引かれていたのは、湘南七宝焼 のお皿★
和の披露宴をすることに決まってからは、もう引き出物はこれでしょ!って感じでした。
だけど、七宝焼のお皿なんて持ってない・・どころか見たこともない。そんなものをいきなり引き出物にするのはどうだろう?
寒い中来ていただくんだもの。感謝の気持ちを込めたい。
やっぱり、実際に見て、触って、使ってみなくちゃ決められないよ。

というわけで、今日は朝から、彼と二人で、愛車MINI(愛称:サスケ)に乗って平塚にあるショールームまで行ってきたのです。

本物のお皿は写真で見るより素敵★
思ったより薄くて軽い。金属のひんやりとした質感もいい感じ。
やっぱり来てみてよかった。

だけど、どんな組み合わせにするか彼と話していたとき、ちょっと言い合いになってしまった。
枚数とか、いろいろ・・・
話し合っていたつもりでも、お互いイメージしていたことがちょっと違った。
すこし悲しい気持ちになったけど、お互いが考えていることの違いを知ることは大事なことだった。
ちょっぴり反省した二人は、気を取り直して、とりあえず気に入ったお皿3枚を買って帰ることにしたのでした。

二人の様子を見ていた店員さんは、ちょっと気を使ってくれて、中国茶のティバッグや七宝焼に使うガラスの粉などをお土産にくれました。
悪いことしたなぁ・・・・

このあと、ちょっと足を伸ばして、小田原のお友だち夫妻のおうちにおじゃましちゃいました☆
おいしいケーキを頂き、ベリーダンスの教則DVDやTina TurnerのAcid QueenのDVDを見せて頂いて・・・楽しい時間を過ごしました。
とても素敵なご夫妻で、結婚式のお写真も見せていただきました☆
鶴岡八幡宮で純和風の結婚式をされたお二人。
美人な奥様にちょっと照れくさそうにしている旦那様。
見ているこちらが照れちゃぅょ☆
もっと一緒にお話ししていたかったな。 

夕方、おうちを目指して東名高速に乗ったのですが、案の定、渋滞。
といっても、厚木から横浜町田までの短い距離。
これはある意味ラッキーなんだけど、結構疲れている二人にはしんどい旅路。
イライラが募り、結局車の中でもケンカしちゃったよ・・・
ケンカしたいわけじゃないのに。

渋滞を抜けて、雨の中、少し涼しくなって、落ち着いた。
彼の方から「ごめん」の一言。
本当は私の方から言うべきだったのかな?

なんとなく無口のまま、首都高速を走っていると、左手にライトアップされた東京タワーが現れた!
学生の時代、二人とも車を持っていなかったころ、
家族や友だちとこの景色を見ると、
いっつも「二人で一緒に東京タワーを見たいな」って思ってたっけ・・・

あれから何年もかかったけど、
今こうして、二人でこの景色を見てるんだ。

ちょっと感動
ちょっと反省
ちょっと幸せ



 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

賜り物・・・ブルガリ

PICT0164
先日、いつもお世話になっている先輩から結婚のお祝いをいただきました。
なんと、ブルガリの香水です☆
ちゃんと二人分。
私には「OMNIA CRYSTALLINE」
彼には「AQUA puur homme」
わーーーい!!
ブランドとは縁遠い私たち。家中どこ探したってブルガリなんて名前のついているものは、この二つしかありませんっっ
私たちをイメージして選んでくれたんだそうです。
めちゃくちゃ嬉しいっ
感謝感激ですぅ☆

さっそく、使ってみよう!

ブシューーーッ   あぁ。幸せの香りだぁ。
真っ白い光の中でペールグリーンの蝶々がひらひら舞っている感じ・・・

うーん。もう一回!
プシューーーッ   とろけちゃうっ

ようし、彼のも使っちゃうぞ。

プシューーーッ   さわやか〜。
深い碧緑の湖面に優しい陽の光がキラキラ輝いている感じ・・・

どっちもすごく素敵な香り☆
なんて優雅な気持ちになるのでしょう。
嬉しいなぁ。

でも、どんなときに着けていったらいいかしら?
毎朝、ギリギリまで寝て、大慌てでコーヒー1杯飲み干し、
「ちこくー」なんて叫びながら出勤する生活だものね・・・これじゃぁダメだ。
うむぅ・・・

そういえば、マリリンモンローが言ってたっけ。
シャネルの5番を着て寝るのって・・・・
      
      

      ・
      
  ・・・妄想中・・・
      
      ・
      
  ・・・妄想中・・・
      
      ・
      
  ・・・妄想中・・・
      
      ・ 
      
  ・・・妄想中・・・
      
      ・
      
  ・・・妄想中・・・
     
      ・
      
      ・
      
      ・
      
      ・

 

 

      ?!

      
   
      
         

イタタッ しまった違いすぎー!
じぇんじぇん似合わないっっ
モウソウやめーー!

はぅ。
誰かのマネしたってダメなのだ・・・

せっかく私をイメージして選んでくれたんだもの。
私らしく、「オムニア クリスタリン」の似合う女を目指すのだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ただいま練習中・・・

PICT0022
ホテルブレストンコートでは、阿結抄に似合うような和のウェルカムボードがないのです。
仕方ないから自分たちで作るしかないっっ
私も彼も、子どもの頃、お習字を習っていたの。しかも同じ流派なんですね★
(これも運命〜なんちって)
そこで、自分たちで和紙に「壽」って書いてディスプレイしよう!ってことになりました。

でもお習字セットなんて、とうの昔に処分しちゃったよ・・・
ってなわけで一緒に買い物に行きました。
今のお習字セットってあか抜けているんですよ。びっくり。  
PICT0017_1                  こんな感じ→
エナメルバッグにひとそろい入っているのです。
すごいよねぇ。こんなの持って歩いていたらまるでスポーツ少年だよ。
ちなみに、バッグの右下には「SHODOU BOYS」と書いてある。いろんな意味ですごいです・・・。

さてさて、二人で毎週末練習しているんだけど、なかなか上手く書けないのです。
目指しているのは味のあるヘタウマ字なんだけど、二人とも楷書しかならってないもんだから、止め、はね、払い!ちゃんとできていないと納得できない〜
崩して書くのがこんなに難しいとは思わなかった。

ようし、こうなったら毎週のように練習するぞ。
なんといっても練習用紙は100枚入りをかってあるもんね。
PICT0016
←えへへ。
 ただいま練習中。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

ブライダルフェア

PICT0097



石の教会を下見見学したとき、ホテルブレストンコートでは、ブライダルフェアが開催されていました。予約して参加されるカップルが多数ロビーにひしめいていて、予約なしの私たちは、ちょっとドキドキ。
ホテルに到着して間もなく、秋の新作ドレスファッションショーが始まりました。
「自由に見てていいですよ」と担当者さん。
わーーーい!
ホテルの行事なんてチェックしてなかったもんだから、予想外のイベントに大喜びしちゃいました★

ウェディングドレスやカラードレスに身を包んだモデルさんたちが、まぶしいくらいの笑顔で軽やかに目の前を歩いていきます。
モデルさんがターンすると、長いトレーンもクルッと180度回転。

なんてきれいに歩くんだろぅ。すごいなぁ。 PICT0102
さすがプロです。
姿勢の悪い私は妙に反省してしまいました。
よし、頑張るか・・・(何を?)なんて思ったりして。

新作ドレスはボリュームのあるロマンチックなドレスが多かったです。マーメイドも3着くらいあったけど、フリルがたっぷり使ってあったり、トレーンがバルーンっぽくボリューム感があったり、
ラブリーな印象。
どのドレスも華やかで可愛らしい!

だけど、ここのドレスは・・・もうちょっと若くないと無理だのぉ。
ちょっぴり寂しい気持ちになったりもした。

 こういうときは言ってほしいんだよ。
どのモデルさんよりも君が一番素敵だよって★
分かってるかなぁ〜?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »