« 要望書 | トップページ | 同期会旅行ー1日目"嵯峨野" »

2005年10月 7日 (金)

I can get no satisfaction

今日は決戦の日

朝の目覚まし音楽は・・・
♪I can get no satisfaction〜♪
気合いはいってますよ!!
っていうより、夕べ仕事関係のおじさま方と酒盛りしてしまい、起きられるか心配だっただけなのですが・・・(笑)

石の教会の周辺工事&プランの変更にについて事情説明を受けました。

事情説明の前に、ブレストンコートのHP
2005年12月1日〜2006年4月28日までの工事期間、
石の教会の基本挙式料金を無料サービスします
という広報がなされていることを知り、かなり衝撃を受けました。
「減額を公表するとは、サービスの低下を容認するということか?!」
交渉予定時間の30分前、体中がかーーーっと熱くなるほどの憤りを感じました。
私たちが求めているものは「同等同質のサービスの提供」なのにぃ!

「待て待て。これもホテル側の誠意ではないか・・・、いや、しかし・・・」
頭ん中ぐるんぐるん・・・一人対話が始まってしまいました。
もう、私、落ち着け!

予定の時間ちょうど。
軽井沢から営業支配人が私の職場まで来てくださいました。

お互い自己紹介名刺交換のあと、
支配人さんからは謝罪の言葉を頂きました。
とても丁寧な対応で、すぅーーっと気持ちが落ち着きました。

事情説明で、私が聞きたかったことは、大きく分けて3点!
 1.工事現場の「囲い」の状況
 2.代替シャンパントースト会場の状況
 3.演出等に関する当方の要望を受け入れてくれるかどうか

☆工事現場の囲い☆
 やはり安全鋼板などにより3mほどの囲いが作られてしまうようです。
 さ、3m!?
 愕然としましたが、法規制上やむを得ないところなのでしょう。
 ホテル側としても安全鋼板むき出しの状態は容認できないので、
 設計事務所にデザインを依頼しているようです。
 18〜9日ころに打ち合わせをされるとか・・・

☆代替シャンパントースト会場☆
 ホテル内の写真撮影を行うような場所になるそうです。
 リビング的な感じのきれいなところではありますが・・・
 はっきりいって不満・・・。
 別にシャンパントーストやらなくてもいいとも思いましたが、
 ちょっとした階段があって、ブーケトスができるらしいのです。
 職場の後輩2名からブーケの要望がでていたので、
 シャンパントースト会場で1個、披露宴で1個あげることができるわ。
 それはそれでよいかもしれない・・・・?

☆演出等に関する要望☆
 教会前の広場のライトアップ&イルミネーションをお願いしました。
 だって、3mもの囲いができたら、あの辺真っ暗になっちゃうよ。
 それにライトアップされた噴水前での幻想的な写真、やっぱり憧れるもの。
 クリスマスっぽくキャンドルやランタンで
 イルミネーションを作ってもらえば・・・
 夜だもの、3mの囲いも気にならないかもしれない。
 たくさんの小さな明かりに囲まれた写真も、きっと素敵に違いない。
 そのほか、教会からホテルまでの移動手段に関する要望も
 最大限実現できるよう協力してもらえることになりました。
 (どんな演出にするかは、後日、詳しく報告しますね)

☆その他☆
 工事現場&シャンパントーストの会場を見学させてもらうこと
 見学の結果、私たちが変更等の要望を出したときに対応してもらうこと
 下見見学の交通費を負担してもらうこと
 をお願いしたところ、ご快諾を頂きました。

以上が話し合いの内容でございます(もっとあるけどね・・)
支配人さんは丁寧に説明してくださいましたし、低姿勢に話も聞いてくれました。
工事はやむを得ないという前提ではありますが、
私たちの要望を最大限取り入れるよう努力してくださるそうです。
支配人さんの口から「出来る限り最高のサービスを提供したい」という言葉が聞けて、安心しました。

なお、東京の担当者さんの他に、
現地(軽井沢)の担当者さんもつけて下さるそうです。
打ち合わせ等には支配人さんも同席してくださるようです。
・・・思いのほか嬉しい提案でした☆

だってね。ホテルの人たちと一緒に、自分の結婚式をプランニングできるってことですよ。
もちろん、何もかも自由にできるわけではないけれど、要望だして検討して、ダメならダメでまた考えてって
それだけでも、すごく楽しいと思いません?
きっと普通のプランだったら経験できないことなんじゃないかな?
そう思うと、なんだかちょっと気持ちが浮上してきました☆

最後に、支配人さんには私たちの要望をまとめた「要望書」を渡しました。
話し合いの中でほぼ全てお願いしたこと、了解を頂いたのですが、
ホテルも組織です。ちゃんと形に残しておきたかったので・・・
要望書に記載した要望事項を一つ一つ確認しておきました。
念には念を入れて・・・

支配人さんとのお話し合いは概ね40分程度で和やかに終わりました。

支配人さんをお見送りした後、思わず笑みがこぼれました。
よかった〜〜〜☆
今まで張りつめていた糸がぶにょーーーんって緩んで、
体中の力が抜けてしまいました(笑)
思った以上に私ったら緊張していたのね。まったくチキンちゃんだわ。
でも、今夜からぐっすり眠れる・・・。
ほんとによかった。

まだ工事現場の囲いがどんなものになるか、イルミネーションがどんな感じになるか、私たちがやりたい演出が成功するか、不確定要素、不安要素はたくさんありますが、ひとまずは安心しました。
何よりホテル側を信頼して、結婚の準備を進めていけるようになったことが
本当に嬉しいです。

励ましてくださったみなさん、本当にありがとうございます。
皆さんが励ましてくださったから、頑張ることができたのだと思います。
まだまだ大変なこと続くけど、これからも楽しく楽しく頑張りますね☆

追記:
私以外にも、工事期間に挙式を予定されている方がいると思います。
一人で悩んでいる方も多いかもしれません・・・
私の交渉は生温いものだったかもしれませんが、
少しでもお役に立てればという思いから、
私たちが作成した要望書(要約)を参考までに別途記事にします。
不十分なものですが、たたき台に使っていただければと思います。

|

« 要望書 | トップページ | 同期会旅行ー1日目"嵯峨野" »

コメント

You can't always get what you want.(by The Rolling Stones)

投稿: Darth Vader Of The Initial T | 2005年10月 8日 (土) 01:06

>Darth Vader さん
and I tried,and I tried,and I tried,and I tried・・・
(by The Rolling Stones)
ってか、satisfactionじゃん(涙)

投稿: Eddi | 2005年10月 8日 (土) 02:03

Eddiさん、決戦!お疲れ様でした~
お仕事柄でしょうか、要望書の内容ももちろん
交渉過程のお話も、さすが!!ってRanzeは拍手ですよ。
私だったら、ちゃんと交渉できるかな?って思います。
ちょっとしたことで、かっちーん!!ときちゃいそうです。
そして、Eddiさんのバイタリティにはいつも脱帽です!

投稿: Ranze | 2005年10月 8日 (土) 08:30

Eddiさん、お疲れ様でした。
ひとまず安心、良かったですね。

私は良い対応っていうのは、ベタですが、口先だけでない誠意のある対応だと思っています。そういのって、こちらも大人だしわかりますよねー。
また、ミスがあったとしても(今回はミスではありませんが)、それを挽回して、より良い対応ができるかがサービスだと思います。

まだまだ気は抜けませんが、とりあえずは誠意のあるホテルの対応に私もほっとしました。

それにしても、Eddiさん、要望書よく書けてますねぇ。
私は法律に携わる仕事をしていましたので、あら、プロっぽいわ~。
って思いました!

投稿: まーれ | 2005年10月 8日 (土) 09:27

追伸です。

彼に「決戦は金曜日」って懐かしいよね~。って言ってたら、はじめは
しらばっくれていたので、本当に知らないのかと思っていたら(彼は年下なので)、「いやー夢はかなうんじゃない?」ってしきりに言うから???

って思っていたら、「あーあーあ、そうね、夢は叶うね・・・」って気づきました。

どうやら、私が「決戦は金曜日」っていうのにコメントを「なつかしー」って
返すのは芸がない。
「夢はかなうってことですよ!」って返すべきである。
と彼は言っておりました(笑)。なるほど。

投稿: まーれ | 2005年10月 8日 (土) 09:32

ホテル側との話し合いが気持ちよくできてよかったですね。
なにより、相手側の気持ちが「できる限り素敵な日を壊さないように」との配慮をしようとしているのが、よかったですね。
こういうときは、関係者の心もちって、意外と後から随所に出てくるものなのですよ。
経験上・・・。

なにもかもが希望通りとは行かないでしょうが、少しでも納得のいくものを
Eddiさんも書かれているように、相手側と一緒に作り上げられたら
とてもいい記念、そして思い出になりますね。

まだ、いろいろと検討事項はあるのだと思いますが
やさしい、素敵な彼とともに作り上げていってください。
手作り大好きなEddiさんらしい、素敵なものになるんじゃないかな。
と勝手に想像しています。

式の日が素敵なそして思い出深い一日になりますように。

投稿: ながりん | 2005年10月 8日 (土) 11:27

>ranzeさん
いやいや、私もかっちーーんってきてましたよ(笑)みなさんが一緒に怒ってくれたから、頑張れたんですよ〜。どうもありがとうございます。これからも頑張りますね。

>まーれさん
そうそう、誠意ある対応があると、こちらも気持ちが落ち着くのですよ。これからも頑張りますね。
要望書、褒めていただいてありがとうございます。一応法学部出身なので嬉しい〜☆
「決戦は・・」なるほど「夢が叶う」か〜。私も、すぐに気がつかなかったかもしれません(汗)
まーれさんの彼、おもしろい方ですね。

>ながりんさん
ありがとうございます。なんとか作り上げていく足がかりができました。
これからもご心配おかけしないよう報告していきますね。
それにしても、経験上・・・ってのが気になる。なんの経験??

投稿: Eddi | 2005年10月 9日 (日) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/6299750

この記事へのトラックバック一覧です: I can get no satisfaction:

« 要望書 | トップページ | 同期会旅行ー1日目"嵯峨野" »