« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

大大大好き♪JOHANN

johannテンション高い記事が続き、
ちょっと疲れました・・・(笑)

ここいらでちょっぴりブレイク☆ブレイク☆

アルカディア・イーストの最寄り駅は中目黒。
中目黒は、昔、彼が住んでいた思い出の街です☆

  

桜のきれいな目黒川を見ながら橋を渡り、
小さな古着屋さんなどを覗きながら、坂を登り、
EVISジーンズを覗いて高いね〜などと話しながら、
ZAPADY-DOO・GAZEBOでランチをし、
代官山で隠れるように佇む古着屋さんを探して回ったり、
DEPT、ランチマ、A.P.C、オクラ、SKIP A BEAT GARDEN、リアルマッコイズなどを見て回るのがお決まりのデートコースでした。
貧乏だったらか、古着しか買えなかったけどね〜
見て回るだけで楽しかったの。

あれから随分経ちました・・・
同潤会アパートもなくなり、古着屋さんの数も随分減ったみたい。
全然知らないお店やきれいなビルが立ち並び、
すっかり知らない街になってしまいましたね・・・
なんて、あの当時から別に隅々まで知っていたわけじゃないんだけど(笑)

でもね、
流行なんて言葉を知らないかのように
自分勝手好きなセンスを追求している雰囲気・・・
大好きなんです☆

そして、
今も昔も変わらず目黒川沿いにひっそりたたずむお店
チーズケーキ屋「JOHANN」も大大大好き〜☆
濃厚でしっとりした味わいのチーズケーキ!!
おじーちゃんたちが作っているというのもまたGood!

年に2、3回しかこなくなりましたが、
このあたりにきたときは、必ずお店に寄ってしまいます〜。

アルカディア・イーストに打ち合わせに行った日も、
ちゃんと買ってきましたよ☆
彼の好きなナチュラル、サワーソフト。
私の好きなメロー、サワーソフト。

おうちで仲良く食べました〜☆
やっぱりおいしいのだ〜〜

あぁ、中目黒に住みたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

カン☆KAN☆缶

P1010779 

 それは・・・・

  
    
 

決して「イワシの水煮」であってはならない。
ましてや「牛の大和煮」や「ずわいがに」などであってもならない。
「さんまの蒲焼き」は論外であろう。
ゆめゆめ「サケの中骨」でよかろうはずもない。

「Oil Sardine」は一見許容範囲とも思われそうだが、
いかんせん平べったい形が使用に耐えない。

 

できることなら「白桃」「黄桃」「温州みかん」よりは
「Peach」「Orange」という表記の方が望ましい。
当然「ハインツ」よりは「Heinz」だろう。

この際、英語にこだわらず、ドイツ語、フランス語、イタリア語、
いやいや、ヨーロッパにこだわることはない、
ハングル語、アラビア語でも許容されよう。

 

とはいえ、紙に印刷されていては、
走行中、紙くずをまき散らすこと必至であろう。
できることなら、缶に直接印刷されていることが望ましい。

ところで、それは、
スチール製であることが必要だろうか。
アルミ製でもよいのだろうか。

果たして、・・・・・存在するのだろうか?

********************* 

ベスパに取り付ける缶、  
おしゃれでかわいい缶なんて見つからないよ〜(ToT)
だいいち、
缶を引きずっているバイクどころか車だって見たことないんだもの。

上の写真は、バンホーテンのココア缶☆
かなり可愛いんだけど・・・・もったいないよ〜(>_<)
缶探しは難航しそうだ・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

無謀プロジェクト☆発動!

P1010449石の教会周辺の工事により
噴水前での写真撮影、
ガラスパビリオンでのシャンパントーストが出来なくなってしまった私たち・・・・
かなり不服はありますが、
そういうことなら、こっちもやっちゃうよ!!!

  

ベスパ大好きな彼が、ずーーっと前から結婚式でやりたかったこと☆

それは・・・

  

 ベスパの後ろに花嫁を乗せて走ること!

当然のことながら、空き缶をカランカラン引きずらなきゃダメらしい。

  
 

20代のころ、笑い話だと思って聞いていたけど、
彼、マジだったんですね(笑)

石の教会での挙式プランを聞いた時、写真撮影やシャンパントーストがあるから無理ね〜なんて思っていたのですが、
工事の話を聞いて、「彼の夢」が再浮上したのでありました!!!

これまでブログで予告し続けていた「無謀プロジェクト」
それは 
「挙式後、みんなに見送られながら、新郎新婦はベスパに2人乗りして
 闇の中に消えていく(先にホテルに戻るわけね)〜」
ということでした☆

いや〜〜、
まさかここにきて恋敵「グリさん」が参戦することになるとは 
思いませんでした〜☆
ふふ、上の写真は「グリさん」です。
初登場!!
艶やかなボディにグラマラスなお尻がセクシーでしょ☆

P1010453 

 ちょっと悔しいから、乗っかってみました。
 (参戦時、後ろのキャリアは外します)

 
  
  

ホテル側にも、この無謀プロジェクトを伝えてあり、
凍結防止剤の散布、雪かき、ライトアップ等
プロジェクト遂行のために協力してもらえることになってます!!!
代官山エフさんにも事情を説明して、
バイクに乗る時、ドレスをどうやって持ったらいいか
ご指導いただきました。

あとは、
私が横乗りするためのステップを取り付けなきゃいけないらしい。  
古いベスパには横乗り用ステップキットがあるのですが、
推定年齢25歳の妙齢な「グリさん」にはそのようなキットはありません。
どうにかしてステップを取り付けようと
彼、悪戦苦闘中!!!

ふふふ、がんばれー!
っていうか、もっと前から準備しておけ〜(笑)

それにしても、
12月、極寒の中、このプロジェクトを遂行するのは容易じゃないぞ。
職場の先輩からは
「Eddi、15歳若いよ」と言われました(;_;)
15歳若かったら結婚できないっちゅうねん!!
 ※親の同意があれば結婚できます。

それはともかく、私、凍死するんじゃないかって
かなり怖じ気づいてます。
挙式翌朝の朝刊に「花嫁凍死!」の文字が踊るかも・・・(>_<)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

アルカディア・イースト

PICT0004石の教会は、教会内での撮影は禁止されています。
専属の業者さんだけが撮影できるので、
挙式中の撮影はその業者さんにお願いするしかありません。
もちろん、私たちは、そのことに
特別不満があるというわけではありませんでした。
    

けれど・・・
何気なーくめくったゼクシィ。
とある1ページに胸が熱くなる写真を見つけてしまいました。
 
雨の中、ウェディングドレスの裾を持ち上げて歩く花嫁と
傘を差し出す母、
傘に入ろうとかがんでいるけど入りきれていない新郎。
雨なのに・・・みんな満面の笑み!

それは“アルカディア・イースト”さんの代表的な写真でした。
自然な笑顔で結婚式の温かさの伝わる素敵なスナップ写真です。
彼も私も写真が好きなので、
作りものではない温かみある写真に心惹かれました。

もういい歳だもの。
ソフトフォーカスやフィルターを使ったり、
ポーズをとったりしたコテコテの写真は要らない・・・。
それより、私たちと大切な人たちのありのままの笑顔を残したい

  
そんな思いに合致する写真でした。
  

説明会などに参加してコンセプトや写真に対する思いなどを伺い、
共感できる部分がたくさんありました。
費用は私と彼の衣装代を合算したものとほぼ同額・・・
かなり高いのですが、
手間ひまなど職人的芸術的な要素を考えると、
そんなんでやっていけるの?と思えてしまうから不思議☆

 
1週間ほど悩み・・・
清水の舞台から飛び降りてしまいました。

おかしいな。私、ジミ婚にするはずだったのに・・・

   

で、今日は、アルカディア・イーストさんとの打合せの日でした。
お願いしているフォトグラファーは田原正一さん☆
いかにも芸術家タイプのちょっと変わった人・・・そこがいい(笑)

当日の進行を具体的に伝え、フォトグラファーとしての意見を伺い、
その日一日の流れを細かく打ち合わせしていきました。

田原さんからは、
パーティの演出や子どもを大人しくさせるためのアイデアなどを
教えてもらいました。
これまで私たちが考えていたものとは違った視点からのご意見。
とても新鮮でした☆

私たちは、どうやって参列者の方をおもてなししよう?とばかり考えていました。
自分たちはどうでもいいから、参列者が喜ぶことはないかな?って。

でも、田原さんの視点は違いました。
結婚式は、みんなの関心や意識が新郎新婦にぐーーっと焦点が集まる。
そこにはそれまでの関わりや思いが込められていている。
そういう瞬間が大事なのだと。
人との関わりの中でドラマが生まれる。
その日一日の流れの中でストーリーが生まれる。

田原さんのお話しされた事、正確に再現できないんだけど、
こんな感じ。

  
なるほどな〜って思いました。
私たちとの関わり・・・かぁ〜。考えてもみなかった。
そういう視点で演出を考えていくと、なかなか、おもしろい!
私たちの思い出話なんて恥ずかしいから別にいいやって思ってたけど、
そんな「恥ずかしい!もうやめて!」って気持ちや
「新婦ってそういう人だったんだ〜ビックリ」ってな気持ちが
雰囲気や表情、態度に現れる・・・ドラマが生まれる
ということなんだろうな〜。
   

確かに、私たちは人との関わりの中で生きているんだもの。
そんな関係性が伝わってくる写真だからこそ
生き生きとした写真になるのでしょう。
  

すっごく勉強になりました。
パーティの演出とかいろいろ悩んでいたのですが、
自分の中で納得できる方針が決まったような気がします。

挙式まであと1ヶ月を切りました。
まだまだ考えなきゃ行けないことが山積みだけど、
ラストスパート!頑張るぞ!!
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

かもネギ祭??

P1010773化粧品はコーセーのコスメデコルテを使ってます。
結構、長年の愛用者☆
デパートの店員さんとも仲良しです。
(といっても、私はあまり買ってません。
 母がたくさん買うので、
 私もよくしてもらってるって感じ・・・)
   
   

私の肌は、乾燥肌でやや敏感なのですが、
そんなお肌にしっくりくるのが「リポゾーム」シリーズです。
特にクリームの使い心地が気に入っていたところ、
11月16日にクリームセットが発売されるとのこと。
聞けばミニクリーム付きでちょっぴりお得☆
お得と聞けば黙ってられない性格・・・
先月、予約してしまいました。

そして、今日、仕事で千葉駅前に行ったので、
ついでに予約していたクリームを買いに行きました。

ところが・・・
何でかな〜?コーセーのブースがえらい混んでいたの。
何人も人が待ってる状態・・・
待ってらんないよ〜〜〜。

ちょうど友だちにプレゼントを買わなきゃいけなかったことを思い出し、
時間つぶしがてら、
普段は近づかない「ディオール」「シャネル」などのお高そうな化粧品コーナーに向かったのでありました。

「イヴサンローラン」のブースで期間限定のかわいいマニキュアを見つけ
これをプレゼントにしようと思い、店員さんに話しかけたところ
「あら、リップがはがれてますね。リップだけでも塗っていきますか?」

そういえば、さっき電車の中でおかし食べて・・・メイク直してなかった。
恥ずかし〜〜(>_<)
「じゃ、じゃぁ、お願いできますか?」

 

これが運の尽きでした・・・・

 

気がつけば私、前掛けして、髪の毛をピンで留められ、
鏡の前に座っていました。
  

こ、こんなはずじゃぁ〜〜(;_;)
  

リップだけのはずが、コンシーラーから塗り直されてゆき、
もはや“まな板の上の鯉”

  
もう、どうにでもしてくれぃ!!!!
   

・・・すっかりメイクし直してもらっちゃいました。

  
仕事の途中だっていうのに、何やってんだ、私!? 

 

そして・・・
勧められるがまま、
案の定、買ってしまいましたよ。
“INSTANT PUR”

  

あ”〜〜私って、ホント、いいカモだわ・・・
“鴨がネギしょってか〜もネギ♪”ってか?!
で、でも、買った化粧品は5000円程度だったから、
ネギは少なめ・・かな?
ハハハ・・・はぅ。

え〜〜ぃ、今夜は鴨ネギ祭だーーー!

 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年11月24日 (木)

フラワーモチーフ☆さぷらいず

P1010767ふぅ〜。ようやく編み上がりました☆
フラワーモチーフ、13個!
太めの白色モヘアを
かぎ針で編み編みしたものです。
お花、立体的ですよ〜!!

   
まとまった時間はボンネやその他の準備に使いたかったので、
仕事中、毛糸を持ち歩き、
電車の移動や待ち時間などで、ちょこちょこ編んでました。

もうちょっと加工しなきゃいけないんだけどね〜
モチーフだけでもでき上がって、ひと安心です(^o^)/

え??いったいこれは何かって?
もちろん、結婚式で使うつもりなんだけど・・・・
どんな風に使うかは、ひ・み・つ!!

参列者の方も見て下さっている当ブログ、
ネタばらしすぎだもの。
なんのサプライズもなくなってしまってはつまらないものね〜。
ということで、
参列者の皆さん、フラワーもチーフがどこででてくるか、
楽しみにしててくださいね☆

あ、知ってる人〜!内緒だよ。コメントもネタバレ厳禁!!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

還暦の思い出

P1010681昨年、両親は還暦を迎えました。
私は幼いころからの夢、還暦旅行を企画し、
ちょうど1年前、家族そろって温泉旅行に行きました。

私が両親に還暦旅行をプレゼントしようと心に決めたのは20年以上前のこと・・・

当時、父方の祖母の妹さん夫婦(大叔母さん夫婦)は健在でした。
姉御肌の大叔母さんは、還暦を迎えた大叔父さんのお祝い旅行を企画し、
兄弟姉妹、甥っ子姪っ子数十人もまとめて「京都」に連れて行ってくれました。
小学生だった私たちまで一緒に☆
初めて乗った新幹線!!
富士山を見ながら「うなぎ弁当」を食べましたね〜。
ホテルのお座敷で、みんなで懐石料理を食べ(私と弟はお子様ランチ。ちょっと悔しかった・・・)、翌日はタクシーで名所観光。
子供心に、大叔母さん、カッコいい!!!って思いました。

そして、心に決めたのです。
私も、両親が還暦を迎えたら旅行をプレゼントしよう!と。

だけど、そのころから現実的な私・・・
「親戚全員ってのは無理だよな〜。うちの家族4人だけでいっか。」
まったく夢がありませんね(笑)

そして、大人になって・・・
やっぱり親戚を引き連れて行くのは無理でした〜(爆)
大叔母さんの企画にはほど遠いけど、
せめて高級お宿で贅沢旅行にしたい!
60年間一生懸命頑張って、毎日毎日勤勉に働いてきたんだもの。
ご褒美があってもいいはずよね☆ 

そこで、選んだのが「御宿かわせみ」!!
幼いころから母が貯めていてくれたいお年玉が
定期預金として20万円ほどありました。
最低これを全部使い果たすぐらいの旅行にしなくちゃケチってもんでしょう!
大叔母さんに笑われちゃう!

値段を秘密にして両親に提案したところ、
いかにも高級そうだ!ということで大反対にあいました。
が、60年に一度だから・・・と何度も説得して
ようやく還暦旅行が実現しました。

家族水入らずの旅行って何年ぶりだろう?
小学生以来だったでしょうか?
安達太良山の紅葉を見て、入水鍾乳洞あぶくま洞を渡り歩いて・・・
(あぶくま洞は有名ですよね。確かに素晴らしい鍾乳洞なんだけど
 個人的には入水鍾乳洞の方がおすすめ☆スリル満点よ!!)
半日楽しく過ごした後、お宿にチェックインしました。

お宿では、両親緊張しまくりで(笑)
静かすぎてどうしたらいいか分からないって。
でもひと風呂浴びれば、いい感じ☆
お料理も最高でした!
それまで
「こんな高いところ。飯坂温泉ならジュラクでいいのに・・・」
とブチブチ言っていた母までも、お料理食べた途端、
そんなお小言、一言も言わなくなっちゃいました(笑)
「60年に一度の贅沢だから・・・」という私に
「別にこれくらいのところ、60年に一度じゃなくても来れるでしょ」
なんて言い出すし・・・。
"これくらい"ってさぁ〜これでも清水飛び降りてるんだよぉ〜(;_;)

初めて泊まった高級旅館ですが、とてもよかったです☆
ちょこっとお宿案内するとね、
・温泉ではなく、地下水をくみ上げて湧かしたお湯のかけ流し
・風呂上がり休憩サロンにはオレンジジューズ、レモン水、天然水アリ!
・季節の素材を使ったお料理はどれも絶品☆
 旅館っていうより料亭にそのまま泊まれちゃうって感じ。
・希望すれば、お夜食に銀しゃりミニおにぎりを出してくれます。
・お水も各地の名水が選べます!
・前日に注文すれば、翌朝蒸かしたての特製まんじゅうをゲットできます。
 これ、絶品です!

至れり尽くせりの贅沢空間☆
星のや軽井沢」もいいけれど、
御宿かわせみ」もまた違ったコンセプトの素晴らしいお宿でした。

翌日、帰りにフルーツラインで林檎狩り。
沢山、林檎を買い込んで車に積み込んでいる最中、
父は林檎をかじりながら、お店のおばちゃんと話し込んでました。

父「いや〜、昨日は、そこの“かわせみ”さんに泊まりましてね。」
店員「あら〜高くて私たちも泊まったことないんですよ〜」
父「いやいや、還暦旅行で子どもたちがプレゼントしてくれまして」
店員「まぁ親孝行だこと!」
父「いやいや、そんなそんな〜ハハハハ!!」

おいおい!!あんなに反対してたのに自慢してるじゃん!!!

なんだかんだいって、嬉しかったんだな〜。
よかったよぉ。喜んでもらえて。

本当に久しぶりの楽しい家族旅行でした☆

 

これから、どれくらい両親を旅行に連れて行ってあげれるかな? 
今年は結婚の準備でそれどころじゃなかったけど・・・
来年以降、子どもが出来るまでは、
できれば毎年、なんかしら旅行に連れて行ってあげたいな。 
「かわせみ級」はしばらく無理だけど、
あと何年、親孝行できるか分からないものね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

でかした!!!

P1010754以前、ご紹介したアミノコラーゲン
さふらんさんもご愛飲の逸品!
今でも毎日飲んでますー!

彼が職場から頂いてきたものが
もうすぐ無くなっちゃうな〜と思っていたところ・・・

昨日、彼、大量にゲットしてきてくれました〜〜!!!
わーーーい☆

まぁ、彼の力量ではなく、
彼の職場の心優しい先輩が、このブログを読んで
「私には合わないみたいだから・・・・」
と言って分けてくださったものなんだそうです。
うれしいよ〜(;_;)
感謝でございまするぅ〜〜〜〜m(_ _)m
この場を借りて心より御礼申し上げます。深謝!!!

  

先輩からの賜り物であるにもかかわらず、
彼ったら
「ね、ね、でかした?でかしたやろ?」
なんて無邪気に聞いてくるのよ〜。
まったくぅ・・・
あなたの手柄じゃないのよと言うべきところでしたが、
あんまり嬉しかったので
「でかしたーー!!!」と言って飛びついてしまいました☆

失礼きわまりない二人ですみません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

初★バトン

P1000340さふらんさんから頂きましたブログバトン☆

お初でございます〜。
ドキドキ・・・

かなり難しいお題で悩みましたが、
早速はじめまするぅ〜

横で彼がつっこみを入れてますが、気にせず行ってみよう!(笑)

1)あなたは、賑やかな人と大人しい人、どっち?

 えっと、多分、大人しくはないです・・・。
 でも賑やかってのもちょっと違うような気がするわ〜。
 ん〜沈黙に絶えられないだけって感じ?

 彼「それを賑やかっていうんじゃないの?」

 そ、そうなのかなぁ〜?
  
2)あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください。

 せっかち(短気ともいうか?)

 熱しやすく冷めやすい
 (ある日突然恋に落ちますが、あという間に冷めます。
  西岡熱は1年持たないだろうと言われてます・・・)
  
 ADD
(注意欠陥障害?)
 彼「それは性格じゃないでしょう・・・・」

 ワガママ(かな〜?)
 彼「うん、否定しない・・・」
  
 不思議ちゃん
(らしい)
 彼「何考えてるか読めないんだよね・・・」

 

 彼「この質問って『自分のダメだし』だったの?」
 いや、そういうわけじゃないんだけど・・・(笑)

3)好きな友人のタイプは?

 不思議ちゃん・・・・(類は友を呼ぶ?!)

4)嫌いな友人のタイプは?

 自己チューで自慢ばかりする人
(近親憎悪か??)

5)立ち直りは、早いですか?

 遅いです。多分。
 些細なことならすぐ立ち直っちゃうんだけど、
 傷ついたりするとかなりウジウジしちゃいますね(;_;)

 彼「でも石の教会の工事の件は、やけに割り切るの早くなかった?」
 ・・・気のせいだよ。きっと。

6)恋人にしたいタイプは?

 西岡剛選手!!!(爆)
 うそうそ、冗談です。

 彼「はいはい・・・いつものことですから」

 劇的に恋に落ちちゃったわ〜ドキドキって人はいろいろいますけど、
 そういうの長続きしないのですよ、気持ちが・・・。

 本当に恋人にしたいタイプは、
 一緒にいて安心できる人★
 顔は猿ゴリラ系になぜか心惹かれます。
 ふふふ、彼はまさにそういう感じの人です(笑)

 彼「照れるな〜って、どうせ俺はゴリ系ですよ」

7)恋人と1番の友人、選ぶならどっち?

 恋人=一番の友人 
 なのでどっちも選べませんm(_ _)m

8)バトンを回す5人は?

 サビニャックさん(いつもお世話になってまーす)
 まーれさん(もうすぐ挙式なのにごめんね〜)
 ranzeさん(昔のバイト仲間〜よろしくぅ!)
 サンちゃん(犬でも大丈夫かしら?)
 よがてにさん(飲み仲間にまわしてください〜)

気が向いたら、もらって行ってくださいな。
もしもおイヤでしたら無視してくださって大丈夫です〜
 
*******************
1)あなたは、賑やかな人と大人しい人、どっち?
2)あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください。
3)好きな友人のタイプは?
4)嫌いな友人のタイプは?
5)立ち直りは、早いですか?
6)恋人にしたいタイプは?
7)恋人と1番の友人、選ぶならどっち?
8)バトンを回す5人は?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

優勝パレード☆

今日は千葉ロッテマリーンズの優勝パレードの日

千葉中央と海浜幕張の二カ所でパレードし
マリンスタジアムでファン感謝イベント!!

彼と一緒に見ようと思ってたのに、
今日に限ってお仕事・・・orz しょぼん。

千葉中央でパレード観覧する予定の後輩から、
一緒に観に行きましょうと誘ってもらいましたが、
体調が悪く、この寒空の下1時間以上パレードを待つのは無理〜
ということで合流をキャンセルしてしまいました。
ごめんよ〜m(_ _)m

千葉中央で観覧した後輩ちゃんからは
「西岡は1台目」というメールがありました♡
ナイス情報!!!ありがとーo(^o^)o

実は海浜幕張エリアのパレード、うちのマンションの前を通るのよね。
メッセ大通りでパレードの見えるマンションは4棟だけ。
もったいないからうちでゆっくりパレード観覧しよう!
お掃除、お洗濯をしながらおうちでパレードを待ちました!!
P1010727
11時40分ころ、来ましたよ〜〜!!
紙吹雪は富士見通りだけ。
うちの前、メッセ大通りでは紙吹雪禁止。
なんだけど、富士見通りの名残が飛んでます〜
   
   

P1010734 にっしー、にっしーはどこ???
 ・・・・いました!!!
 1台目のバスの上☆
 頭切れちゃったけど、確かに西岡選手です!
 ラブラブ〜〜〜
   
   

パレードはゆっくり進んでいるように見えて、
あっという間に目の前を通り過ぎてしましました。
P1010744
メッセ大通りをホテルエリア方面へ・・・
ファンを乗せたラッピングバスも続きます。
うちの周りにこんなに人が沢山!!
すっごいな〜
空には取材用?のヘリコプターが3台も飛んでる!

パレードが通り過ぎた後、
近所に住んでいる職場の先輩からメールが入りました。
なんと家族でマリンスタジアムに行っているらしい・・・
みんな、今日はマリンズデーだね。

優勝するってこういうことなんだ〜。
すっごいな〜!!
千葉の街に「日本一」の文字が踊る日が来るとは・・・・
妙に感動してしまったよ。

だけど、パレード、彼と一緒に見たかったな・・・
イベントにも彼と一緒だったら参加していただろうなぁ。

次は31年後・・・???(まさかね)
31年後、私たちはどんな夫婦になっているだろう?
相変わらずケンカしてるかな?
相変わらず私は彼にワガママいってるかな?
どんなんでもいいや、二人でいられれば、きっと幸せに違いない!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

手作りのモノを身にまとう

P1010506ようやく手づくりボンネ特集終わりました〜☆
コメントくださった皆様、
どうもありがとうございます!!!

締めくくりは「手作り」の思い・・・。   

   
   

幼いころから手作りって大好きで、
母のレース編みを横でズーッと見つめていましたね。
マネして何度も絡まったレーズ玉を作ったわ(笑)

今でもユザワヤに行くと商品の使い方ビデオを
一人食い入るように何巡も見つめたり・・・・
NHK教育「おしゃれ工房」を見れば
作品ができあがる度にTVに向かって拍手していたり・・・

自分でもアホだな〜って思います(笑)

そんなこんなで手作りが好きだから
ここぞとばかりにイロイロ挑戦してみたい!!という気持ちもあるのだけれど、
「結婚」にあたっては、
どういうわけか「手作りのモノを身につけたい」という
密かな願望があるようなのです。

さかのぼれば、
それは小学生のときに見た「まんが日本昔ばなし」にたどり着きます。

ある嫁入りのお話。

*************************************************
近くに鬼の住む村で、村を守るため、
村の娘一人を鬼に嫁入りさせなければならなくなりました。
鬼の嫁に選ばれたのは、確か・・身寄りのない娘。
鬼は喜んで娘の元を訪れ、早く自分のところに来いと言います。
けれど、娘は機を織りながら、こう言いました。
「嫁入りのための帯を織っております。
 この帯ができ上がるまでは嫁入りは出来ませぬ。」
鬼は娘の気が済むようにしたらいいと思い、帯ができ上がるのを待ちました。
何ヶ月もかかって娘は帯を織り上げました。
「椿」の柄の帯の美しい帯でした。
娘は白い着物に「椿」の帯を締め、一人で鬼の元に嫁いだのでした。
月のきれいな夜でした。
鬼は娘が自分のもとにくるのを待ちました。
けれど、娘は、鬼の家にたどり着く前

・・・橋から身を投げました。

おしまい。
**************************************************

ひぇーーーーーー!
なんだよ!悲しい話じゃん!!!
ゴールデンタイムの子ども番組でこんな話、放映しちゃダメじゃん!!

子供心にかなりショックを受けましたよ・・・
私は、予想に反して鬼は優しく幸せな家庭を築いたという
めでたしめでたしの結末を想像していましたから。

こんな悲しい話なんだから印象が強く残るのは分かるのですが、
なぜか私の心には悲しいとは別の感情が刻まれたようです。

この話にはいろいろな解釈があるのでしょう。
娘は最初から死を覚悟し、死に装束を作っていたのだ・・・とかね。

でも、私にはどうしてもそうは思えませんでした。
死ぬ気なら何着ててもいいじゃない。
「嫁入り」だから何ヶ月もかけて帯を作ったんじゃないの?

この娘は、好きな人の元に嫁ぐことになっても
やっぱり同じように嫁入り衣装の帯を織ったんじゃないかな・・・

私にはどうしてもそう思えてならなかったの。

自分で作ったもの(自分で決めたもの)を身にまとって
月夜を歩く娘の姿・・・
子供心に、
「強く清らかな決意」を感じたのです。
それは、
自分の足で、自分の力で歩き出す・・・
そんな姿に見えたのだと思います。

だからこそ、自分で作った物を身につけたかったんじゃないのかな?
それが好きな人の元へ向かっていたのか
黄泉の世界に向かっていたのか・・・という違いはあったけど。

ま、もちろん、家制度の強い時代だったら
嫁入りといっても「家」の束縛は続くんだけどさ・・・
そんな歴史的な考証など小学生の私にできるはずもなく、
ただ素直に自分の感じた印象が心に刻まれ、
いつしか
「結婚には手作りのモノを身にまとう」
そんな憧れが生まれたのだと思います。

 

でも、ま〜、こんな話は、
忙しいはずなのに「手作り」に耽る自分自身を正当化するための
後付け理由みたいなものなんだけどさー。
職場で言われたわ〜。
「なんだEddiさん。忙しい忙しいって言っててかなり暇じゃん。」って(笑)

それに・・・ 
ここで「ベルサイユのバラ」の話なんてしちゃったら、
一糸まとわぬ姿で嫁入りしなければならなくなるものねー(笑)
   
ここまで書いて、手づくりボンネ特集、終了でございます。
読んでくださったみなさん、
ほんと、ありがとねー☆   

     
そうそう、バトンを頂いていたんだわ。
ボンネ特集も終わったので、
月曜日にバトンネタをエントリさせていただきますね。
え、明日じゃないのって?
だって明日は、
ロッテの優勝パレードだもの〜〜〜☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

手作りボンネ★仕上げ!!

ようやく、らしい形になったボンネちゃん☆
最後の仕上げに取りかかります!

まずは、内側にヘアピン固定用のループを取り付けます。
細い白色のゴムを使いました。
(目立たぬよう黒の方がよかったかもしれません・・・)
2cmほどに切ったゴムを半分におり、
端から3mmくらいの所を針で突き刺し、糸を通します。
糸はミシン糸2本取りで玉結びをしておきます。
玉結びで止まるまで糸を強く引き、そのままゴム2本をまとめて
糸でぐるぐるっと2周ほど巻き付けて固定し、
さらに針でゴムを2回ほど突き刺してゴムをループ状に固定します。

そのまま玉止めをせず、ボンネの内側に縫い付けます。
P1010657左右3つずつ付けました。ーーーー→
ちょっと分かりにくいかしら(汗)
手作り本ではループ1つしか付いてないんだけど、
エフさんのボンネには3つ付いてたの。
この方がしっかり固定できると思って
私も3つでいきます!!

そして、ボンネの帽子たる由縁(?)、布テープを取り付けます☆
P1010651←待ち針で固定したところ☆
 市販の布テープは幅が太かったので、
 片端を切って細くし、
 切った端を5mmほど折り込んで
 ボンネの内側に取り付けました。

   
ミシン糸2本取りで布テープを縫い込んでいきます。
かがり縫い?斜めった波縫い?
間隔のあいたアウトラインステッチ???
ま、適当ということです・・・(笑)
     P1010658

で、縫い上がった状態がこちらーーー→ 
内側の余分な布は切り落としてしまいます。
布テープ、かなり浮いているように見えますが、
ちゃんと手で押さえると随分内側に収まります。
    
    

さて、続いて表側の外周にビーズロープを縫い付けます。
ビーズとビーズの間に糸が2本通っているので、
この糸を、まつり糸2本取りで表地に縫い付けていきます。
ビーズをつないでいる糸2本まとめて縫ってもいいと思うのですが、
できるだけ縫い糸を見せたくなかったので1本ずつ縫い付けていきました。
P1010664 
←縫い上がった状態です☆
 おぉ〜ボンネって感じですね〜!!
 我ながらちょっと感動した瞬間であります。
 ビーズロープの端は縫い付けようがないので、
 ボンドで固定しました。

でもって、最後の仕上げ、コームを付けます。
単にコームを縫い付けてもいいと思うのですが、
エフさんのボンネはコームに布が巻いてありました。
髪に付け外ししたとき、
髪の毛がコームに絡み付くのを防止するためなのでしょう。
余った布テープを使い、私もマネしてみました!!
P1010660 
←こんな感じ!!!
 かなりザクザクのかがり縫いです。
 この辺りはへろへろでしたから・・・(笑)

    
       

以上で、ボンネ完成です!!!!

翌日のヘアリハーサルでP1010688
夜会巻きに付けてもらいました☆  ーーー→
頭デカーーっっ
ちょっとボンネの取り付け位置が
前過ぎるような気もするけれど、
概ねいい感じです!
とりあえず完成してよかったです〜〜〜(ToT)

それにしても私、口が変だわ・・・。笑いこらえてる。
それに・・・やっぱり疲れた顔してるわ〜〜。
挙式前日は早く寝れるように頑張ろう!!

長かったボンネ特集、ひとまず終了でございます。

全部読んでくださった皆さん、感謝です! m(_ _)m

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

手作りボンネ★表地&裏地

焦がしながらも作り上げたボンネベースに表地と裏地を貼付けます☆
もちろん、焦がさないに越したことはありません・・・

P1010412     
まずは表地を付けるための準備♪  
ボンネベースの表面に薄くボンドを塗り
キルト芯を貼付けます。        ーー→
乾くまで待ち針で固定しておきます。

 

さて、表地♪P1010418
「サテンはバイアスに使う」と言われましたね。
多分、こういう方向で布を使うのだと思います。→

ボンネにどういう風にビーズを配置するかを考え、
レースの位置を決めてサテン生地と重ねます。
レースとサテン生地を重ね合わせた状態で、
ボンネベースよりも2、3周り外側をミシン糸2本取りで
ザクザクと波縫いで固定します。

固定したレースとサテン生地を刺繍枠にはさみ込み、
ビーズを刺繍します☆
ポリエステル製まつり糸2本取りで刺繍しました。
ミシン糸よりもまつり糸の方が細くて艶やかだったので・・・。

あ、この辺りの作業、もう、のっぴきならない状況だったので
写真撮り忘れています。
いや、写真撮ってる場合じゃなかったの・・・orz
P1010631 

←刺繍が終わり、枠からはずしたところ☆
 裏はめちゃめちゃです・・(^_^;) 

  
  

次は裏地♪
ボンネベースは2枚の芯材を貼付けているので、真ん中が割れているの。
そのまま裏地を付けてしまっては裏側がボコボコだよね。
それに裏地をどうやって付けるか悩むところ。
ボンドで貼付けたら、裏地がガピガピに固くなっちゃうしさ・・・。
そ・こ・で・・・
P1010406    
←薄手のフェルトをベース裏側より
 少し小さめの楕円形で切り抜きます。

   
   
   

P1010408 ←6カ所ほどマチを縫い込み、
 立体にしました。
 確か、ミシン糸2本取りで
 ブランケットステッチしたと思います。

 
      

P1010409←裏地布(キュプラを使いました。)を
 フェルトより大きめに切って重ね、
 マチの縫い始め(中心に近いところ)、
 6点を糸で縫い止めます。
 まつり糸2本取りで縫いました。

 

で、ボンネベースの裏側にボンドを塗り、裏地を貼付けます。
こうすることで、ボンドで固くなるのはフェルトだけで
裏地布は柔らかい風合いを失わないよね〜。
で、裏地を触ってもボンネベースの割れ目はフェルトで覆われているので
分からなくなるはずよ〜。多分。

さてさて、表地、裏地が出来上がったので、
双方を合体させます!!
表地はビーズの配置を考えてベースに重ね、動かぬよう待ち針で固定。
表地の外周に波縫いしたミシン糸をキューーーっと引っぱり
ボンネの裏側で軽く絞ります。
で、裏側で、表地と裏地を外表の状態で縫い合わせていきます。
ミシン糸2本取りで半返し縫いしました・・・・

この辺も写真、ありません・・・(ToT)
P1010635
縫い上がった状態から、        ーーー→
どんな風に縫ったかを想像して下さいm(_ _)m
縫い目がボンネベース外周よりも
やや内側になるように気をつけながら
ちょっとずつ縫っていきました。

P1010659  
←で、表はこんな感じになりました☆
 ようやくボンネらしくなりましたね〜!
 こうしてみると、
 もっとビーズ多くてもよかったかな〜?

 

あとは仕上げの作業を残すのみ!!
明日、ボンネ完成までご報告しまーす♪  

   
    +++ to be contenued ++++    

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005年11月16日 (水)

手作りボンネ★ベース作り

力づくで作った型紙を元にボンネベースを作ります☆

帽子のツバの芯材にチャコペンで型を転写した後、
P1010374芯材と帆布をアイロンで接着します。
アイロンをあてると芯材のノリが融けて
芯材全体が柔らかくなってしまい驚きました〜。
冷えるとそれなりに固くなります。

 
     

P1010375型紙のうち、重ねて下になる方には
立体的にするためのマチを作りました。
あとでマチを縫うので、
こちらは先に芯材を型紙どおりに切ってから
帆布に接着します。

       

P1010379

で、型紙どおりに切りそろえたものが 
 こちら☆ ーーーーーーー→

   
   

そして、マチがある方、
ミシン糸2本取りで、マチを縫い合わせ立体的にします。
P1010380  
←こんな感じ。
 マチの部分に芯材があると縫いにくいので
 先に芯材をカットしてから接着し、
 帆布だけを縫えるようにしたというわけです。
   

P1010381
←表からみるとこんな感じ。
 マチを3つつくったので
 結構きれいなカーブが描けてるかな?

    
    

そして、この二枚を組み合わせます!!P1010382
接合ポイントをミシン糸で縫い合わせます。
型紙を作る時、
接合部分に印をつけておかないと、
型どおりの形にならないので注意。
沢山縫い付けてもいいと思うんだけど、
頭のカーブに合わせて曲げたりするので、
私は左右2カ所ずつを部分的に縫い付けました。
P1010383
裏返すとこんな感じです。  ーーーー→
ボール紙で作ると、
ボンドかホチキスで接合しなきゃいけなくなると
思うのね・・・
それでもいいと思うのだけれど、
私としては「点(糸でポイントだけ縫い込む)」で接合したかった・・・
その方が動きがでると思ったので。

でもって、これで終わりじゃないのよ〜。
ボンネは頭の形に合わせてカーブさせるんだけど、
カーブさせた形をキープできるように周りにワイヤーを取り付けたいの。
P1010384  
←で、選んだのがこちらのワイヤー
 針金細工に使うアルミニウム製のワイヤーです。
 鋼線は固くて手加工には向いてないと思う・・・

   
   

これをボンネの外周に合わせてカットし、P1010385
糸で縫い付けます。ーーーーーー→
やはりここもミシン糸2本取りで
何カ所かポイントで縫い付けました。
でも、これじゃ、
いろいろ布を付けたりする作業のときに
ワイヤーが外れちゃうかもしれない・・・       
P1010401
←そこでボンネの外周をバイアステープで
 パイピングしました!!
 ミシン糸2本取り本返し縫いで
 しっかりと縫い付けました。  
   

P1010403
←裏返すとこんな感じ。
 万が一、
 ワイヤーが外れるとみっともないので
 結構細かく縫ったつもり・・・。
 よくみると縫い目ガタガタだね〜(;_;)

       
これでボンネベースの完成です!!!
いや〜、疲れました〜。
休日、招待状の印刷などをしている合間を使って
2日かがりで作り上げました。
P1010404
ちなみに・・・作業中、
なーんか香ばしいイイ匂いがしてたのよね。
よく見たら、アイロンで焦がしてた〜!!ーー→
あ”〜やっちゃったよ〜(ToT)
でも、「勢い」が大事なので、
このまま作業を進めちゃいました☆
どうせ見えなくなるところし、ま、いっか!ってことで。

    +++ to be contenued ++++   

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

手作りボンネ★型起こし・ベース素材

P1010316ボンネの作り方・・・エフさんで簡単な説明は受けましたが、具体的なことはさっぱり分かりませんでした。
手作り本を探したり、インターネットで検索したりしましたが、立体的なボンネベースの作り方、帽子としての作り方なんてどこにもありません(ToT)

型紙も教本もないまま、悩み悩み手探りで作ったものですが、
もしも私と同じように「どうしたらいいか分かんない」って悩んでいる方がいらしたら、何かの参考になるかもしれないって思うので、
ちょっと詳しく作り方をご報告させていただきますね。

さてさて、ボンネ作りの始まりです☆
まずは型起こし!

エフさんのボンネは縦8.7cm 横16cm の楕円形だったので
まずはこの大きさを目安に型紙を作ることにしました。

“Illustrator”というソフトで正確に8.7cm×16cmの楕円形を作り印刷。

紙を5cm幅くらいに細長く2枚切り、
印刷した楕円形の上でいろいろ組み合わせながら立体的なボンネっぽい形になるまで力づくでボンネ型を形成します(笑)
セロハンテープで付けてみたり、はさみで切ってみたり、透けて見える楕円形を鉛筆でなぞってみたり・・・
涙ぐましい努力の末、しわしわになった紙でそれらしい形ができました。

この時点で楕円形の左右は非対称でいいと思います。

左右のうち、きれいな曲線を描いている方で新しく型をとります。
中心線を合わせて二つ折りにした紙で右半分の型を取れば、
左右対称な型紙の出来上がりです!
P1010359
で、出来上がった型紙はこんな感じ → 
紙がもったいなくて
何度も印刷した紙で型をとったので
中心線が2本ありますね〜(笑)

 

さて、型は出来上がったが、
こんな立体形を維持できるだけのベース素材は何にしたらいいのか???
一番悩みました・・・

ボール紙でもいいだろうけど、後々の加工を考えると針を通せる素材がいい。
彼ったら
「塩ビ版を300℃に熱して石膏型にいれれば立体形が作れるよ」
なんて言い出すし〜。
とても現実的な案とは思えません・・・orz

で、ベース素材を探してユザワヤをさまよい歩きました。
P1010362
←そこで見つけたのはコレ!!
 帽子のツバの部分の芯材です★
 お帽子は帽子に習え!ってことか。

   
   

P1010364
この商品、気に入ったのは
アイロンで布に接着できるところ! →
芯材だけでは強度が心配なので、
厚めの「帆布」にアイロンで接着すれば
結構固いベースができるんじゃないかしら???

芯材と帆布を買い込んで・・・さぁ!ボンネベースを作りましょう!!

    +++ to be contenued ++++

追記:さふらんさんからブログバトンを頂きました!
   ボンネ特集を始めてしまったので、
   この特集が終わったらエントリしますね〜!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

ボンネとはお帽子である。

どのブライダル本にもそう書いてありました。
帽子???ピンとこないかも・・・。
だって、本やサイトで紹介されているボンネってP1010709
どれもこんな感じなんだものーーーーー→
(ゼクシィ2005年7月号より)

楕円でぺったんこな形状・・・
これくらいなら私にも作れるかな?
傲慢にもそう思った私は
代官山エフさんでの仮縫いのとき、
先生方に、共布でボンネを手作りしたいと伝えました。

しかし・・・エフさんで付けてもらったボンネは
P1010288 
←立体的だったの〜〜〜!!
 内側には布テープもついていて
 作りとしては「トーク帽」という感じかしら。
 まさに「お帽子」なのです。
      

エフのA先生は教えてくれました。
「ボンネはね、帽子なんですよ。
 皇室の帽子を作っている先生にお願いして作ってもらったてるんだけど、
 高くて・・・。だから、ちょっと高くありません?って言ったら、
 『私は皇室の帽子を作ってるんです』っていわれちゃって。
 皇室っていわれたら、何も言い返せないじゃないですか。
 だからね。ちゃんと作ってほしい方のときには追加料金頂いて、
 皇室の先生にお願いしてるんだけど、そうでなければ、
 私たちが見よう見まねでお作りしてるの。プロが作った物じゃないから
 お金は頂けませんけどね(笑)」

ボンネとは、やっぱりお帽子だったのです・・・
いや〜どうやってこんな立体的な物を作ったらいいんだ????

エフの先生方もベースをどうやって作るか心配していました。
市販品では立体的なベースはありません。かなり探しましたがありません。
(もしあったら、是非教えてください)
エフの先生方からは、素人さんが作るなら、
ボール紙を丸く長細く切ったものを二つ組み合わせて
立体を作ったらいいと教えてもらいました。
なるほど、2枚の紙を立体的に組み合わせればいいのか・・・

さらに、ドレスの共布も分けていただきました☆
I先生はこうおっしゃいました。
「ボンネを作るときにはね、サテン生地はバイアスに使うのよ。
 バイアスって分かります?布の縦糸に対して45°の方向で・・・
 あぁ、私がバイアスに切った布があるから、それをあげるわ。」
するとすかさずA先生P1010416
「わかんなくなっちゃうといけないから、
 縦糸の方向に印つけてますね。」
と布に糸をさしてくれました。
斜めの布。この斜め方向がバイアスです。ー→
三角形の底辺に印用の糸がさしてあります。
ここまでしていただけるなんて・・・(;_;)

さらにさらに!
A先生「ボンネにビーズつけます?」
私「はい、その予定です・・・」
A先生「ビーズ持ってます?」
私「これから買う予定で・・・」
A先生「もったいないわ。ビーズなら沢山あるから持って行ってくださいな」
そういってビーズケースを出してくれました。
まん丸や細長いパールビーズがたくさんあります!!!
A先生
「ビーズはね、たくさん付けないと、意外と目立たないのよ。
 小さいのを付けたら大変だからこれくらいの方が目立っていいわよ。
 このビーズなら普通の針でさせるから楽だしね」
そういって大小さまざまなビーズを袋につめてくれました(ToT)

さらにさらにさらに!
私「ボンネのふちにビーズをつけたいんですけど、
  それって最後に縫い付けていけばいいんですよね」
A先生「あら!そんなことしたら時間がかかって大変よ。
 こういう便利なものがあるから、これも持っていらして」
そういって、半分に切断されたパールビーズが2本の糸でつながっている
ビーズロープを出してくれました。
P1010414
←エフさんで頂いた
 サテン生地、レース、
 ビーズ、ビーズロープです・・・。

こんなに沢山頂いちゃって、しかも作り方まで教えていただいて・・・
本当に感謝感激です(ToT)
やっぱりエフさんにしてよかった。本当によかった!!!
これだけ良くしていただいたんだもの。
絶対、絶対、お皇室の先生が作ったようなお帽子ボンネを作り上げるぞ!!
そう心に誓った私でありました・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

美容リハーサル★ブーケ★ネイル★その他モロモロ

今日は早起きして軽井沢へ行きました。
午前9時半、軽井沢駅に降り立つと、雲一つない青空。
ヒューーと冷たい風。
気温7℃・・・さぶ〜〜〜!
きっと12月の寒さはこんなもんじゃないよね。
やばい。いきなり怖じ気づいたかも・・・。

ホカホカに暖房の効いた無料シャトルバスに乗り込み、ブレストンコートへ。
石の教会に続く道はP1010675
きれいに色づいた紅葉が陽に照らされてキラキラ☆
今日はお日柄がいいのかな?
沢山のカップルが結婚式を挙げていました。
秋の挙式もいいな〜〜。みんな幸せそう。

   
午前中は美容リハーサルの予定でした。
てっきり彼も同席できるのかと思ったら、
男子禁制・・・。
彼、我慢強く2時間近く待っていてくれました。ごめんよ〜。

挙式は夜会巻きに手作りボンネ。
「ボンネ手作りしたんです」って言ったら
美容師さんに驚かれました。ふふふ。嬉しいな。
でもちょっと大きすぎたかな〜。
ボンネに負けないような夜会巻きはちょっとボリュームあります。
    

P1010701パーティはフワフワとした巻き髪のアップスタイル。
前髪はポンパドールにします。
彼の好きなスタイルなのだ〜!
襟足と前髪の脇に赤い生花を飾ってもらう予定。
お花はダリアをお願いしました。
ふふ。和っぽいでしょ・・・。

 
その後、ブーケの打ち合わせ。
ブーケはオールドローズにシルバー系の葉っぱをあしらったキャスケードで、
赤茶系のベリーをアクセントにあしらってもらうことにしました。
長さは40センチだと、ちょっと短く感じたので、
もう10センチのばしてもらって50センチでお願いしました。
伸長とベリー追加で計4000円の追加料金。
仕方ないか・・・。P1010708
前日泊するので持ち込むわけにはいかないもの。
ご成約のプレゼントで
小さなアレンジメントいただいちゃいました。
かわい〜〜〜☆

 

さらに、担当者との打ち合わせ。
なんだかんだいって、4時近くまで打ち合わせしていました〜。
皆さんに宿泊していただくので宿泊の段取りや時間の確認など、
思ったより細かい打ち合わせが出来ました!

だけど、かなり疲れました。朝からずーっとだもんね。
ウツラウツラしながら無料シャトルバスで軽井沢駅に戻り・・・・

いえ、まだ終わりじゃありません。

駅の近くにある“UA★NAIL”さんにブライダルネイルの相談に行きました。
前日泊するので自爪にアートしてもらうことも考えたのですが、
やっぱり自信ない・・・。
チップを作ってもらうことにしました。
チップなら地元でも出来るじゃんって思ったけど、
せっかくホテルでご紹介いただいたので(笑)
シルバー系のパールホワイトに、
縦系ランダムにシルバー系のストーンを散りばめてもらい、
アクセントに赤いストーンをに散らしてもらうことにしました。
本当はシルバー系だけにする予定でしたが、
お着物が赤系なので、
赤いアクセントがあった方がお着物にも似合うだろうということです。
前日にできあがるので、ブログでご紹介するのは挙式後かな・・?
残念。

とにかく、今日は盛りだくさん。
ボンネも作り終わり、髪型も決まり、お花も決まり、いろいろ決まり・・・
もう雑誌買ったりしなくていいんだって思ったら
ホッとした反面、ちょっと寂しくなっちゃった。

いえいえ、まだまだ準備しなきゃいけないもの、たくさんあるのだ。
ようし、あともう一息、がんばろうぞ!

ボンネが作り上がったので、
明日からは手作りボンネ特集します。
ひたすらボンネが出来上がるまでをご報告しますね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

アジアシリーズ中国戦

行く予定でした・・・
いえ、行ったんです。水道橋駅まで・・・。
ホームに降り立ち、チケットを確認しようと封筒を取り出したところ、
そこには「簡易保険保険料払込証明書在中」とかかれているではありませんか。

し、しまった〜〜〜!別の封筒持ってきちゃったよ(ToT)
自分のバカさ加減に、ほんと情けなくって泣けてきちゃったよ
こんなところでADD(注意欠陥障害)を発揮しなくてもいいんだよ〜

泣き崩れる私に、彼は言いました。
「取りに帰ろう。1時間くらいは試合が見れるかもしれない」

すぐさま反対ホームへ行き、到着した電車に飛び乗りました。
乗り換え案内を検索・・・
どうやっても東京ドームに着くのは2時過ぎになる・・・
メソメソする私。
どうやって慰めたものか・・・黙り込む彼。

千葉に戻る電車の中、彼のPDAでマリーンズのオフィシャルサイトに接続するようお願いしました。
オフィシャルサイトでは文字と写真で試合の様子が中継されるのです。
せめて・・・せめて試合の経過だけでも・・・。
と、サイトを見るとまだ試合前。
ベンチ入りメンバーもUPされていませんでした。しょぼん。

「先発はジョニー=辻のバッテリーだったね・・・」
サイト画面を見てつぶやいた途端、ピンときました。
ひょっとすると、今日、西岡出場しないかも・・・
明日の決勝のためオーダーを変えてくる予感。早く気がつけよって感じで。
しばらくした後、スタメン発表!
おぉ!予想的中!!!全然知らない人ばっかりだ・・・

このとき私は「神の思し召し」を感じました
「心安らかに結婚の準備をおやりなさい。
 心穏やかにやるべきことをおやりなさい。」

明日は軽井沢で美容リハーサルだというのにボンネもできあがっておらず、その他打ち合わせのための準備も何もできていない私たち・・・
土日外出してしまったら洗濯だって出来ない・・
あぁ、そういえば、今日は絶好の洗濯日和ではありませんか。

そう、これは「神のご意志」に違いない!!!!
西岡の出ない試合のために私の予定がキツくなってはならないと・・・

こんな風に思った途端、気持ちがすーっと軽くなりました。

チケット代1万5000円が無駄になるのはイタイけど、
私のうっかりがいけなかったんだもの。
うっかり財布を落としたと思えばあきらめもつく。
むしろ財布だったらカード止めたり、最悪数百万の被害だって生じかねないぞ。
これは不幸中の幸いと思った方がいいかもしれない・・・

「神のご意志に従いましょう・・・」

都合良く神様を登場させてしまいました、無宗教な私ですm(_ _)m
けれど、開き直って元気を取り戻した私を見て、
彼もホッとした様子です。

そのまま私たちはお昼を買って家に帰り、
彼は幕張メッセで開催されていた「サイクルモンド」へ出かけ、
私は家で野球観戦しながら、掃除洗濯、ボンネ作りをしました。

ふぅ、おかげでボンネできあがりました。
これで、明日のリハーサルに持っていけるわ。

かなりおばかだったけど、いろいろ勉強になった一日でした☆

追記:コメントくださった皆さんどうもありがとうございます。
   皆さんのサイトに遊びに行ってコメントしたいのですが、
   そんなこんなで時間がありませんでした。ごめんなさいm(_ _)m
   明日、帰ってきてからゆっくり遊びに行きますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

脱★メガネっ子

P1010647変な検索に引っかかっちゃいそうなタイトル(笑)
えへへ。
何を隠そうメガネっ子なんです、私。
え?隠してない?
メガネっ子なんてそんな可愛いもんじゃない?
花嫁ゆえ目をつぶってあげてくださいな m(_ _)m

大学生のころ、
色気づいた私はコンタクトレンズに挑戦したことがありました。

最初はソフトレンズ☆
1年間で3枚破ったわ〜
片目に2枚入れてパニクったこともあったわ〜
コンセプトを中和するの忘れて目つぶし食らったこともあったわ〜
ま、とにかく私には扱えないものだということが分かったわけね。

次にハードレンズ☆
大きなゴミが目の中に入っている猛烈な異物感〜
レンズの曇りがとれないし〜
装着していたはずなのにいつの間にか落ちてなくちゃったよー(ToT)
ソフト以上に扱えないものでした・・・

私にコンタクトは無理・・・orz
以来、メガネっ子街道まっしぐらでございます。

近視といっても0.2程度なので
裸眼でもかろうじて日常生活おくれているの。
だからコンタクトの必要性を感じてなかったんだけど・・・

今回ばかりは人生の一大事ですもの!!!
ここは気合いをいれねば!!
一念発起して職場の近くにあるコンタクト屋さんに行ってきました☆

思ったよりあっさりとコンタクトレンズGET!
小学生と一緒に装脱着の練習までしてきちゃった。
私は経験者なはずなのに、
片目のレンズをはずしている間に
隣の小学生は二枚ともはずしちゃったよ。しょぼん( ; _ ; )
いいの、いいの。
時間がかかっても、お式で花嫁スマイルできればいいのよ〜☆
なんて一人芝居しながら練習にいそしみました。

眼科で診察を待っている間、偶然、仕事仲間に会いました。
結膜炎の治療で来た彼女。
「あれ?Eddiさんコンタクトじゃなかったんですかぁ?
 メガネだけだったんだ。知らなかったー。
 てっきり素顔を見られたくなくてメガネかけてると思ってました(笑)」

・・・素顔見られたくない?!
マスクかぶってるわけじゃないんだから〜〜(笑)
天然の不思議ちゃんに会って気持ちも和らいだわ。

13日には美容リハーサルで軽井沢に行ってきます。
コンタクト入れて、ヘア&メイク、ばっちしチェックするぞー!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

リクエストがあったので・・・

「成人式のお着物ってどんなのですか?」
リクエストがあったのでUPしちゃいます☆

P1010639←ぶりぶりなピンク色の総しぼり振り袖です。
 はずかち〜〜(>_<)

 え?画像が悪くてよくわからない?
 ごめんなさい。
 成人式のときの写真をデジカメで撮影し、
 印刷したものを
 さらにデジカメで撮りました・・・

 え?顔に光が反射しているって?
 いいんです。それでいいんです。
 とても見せられる状態ではないから・・・

お気に入りの着物なのに
二十歳の私がダメダメなのよ〜〜〜
今より10kgくらい太っているわ!
だって〜学生時代のモラトリアムを謳歌し、
ビール飲んで唐揚げ食べてケーキ食べてってやってたら
あっという間に太っちゃったのよ〜。
しかも、眉毛が太い!
時代を感じるねぇ・・・(遠い目)

あまりにもひどい姿だったので、彼にも見せたことのなかった写真。
先日、実家に行った時、母が見せてくれちゃいましたよ・・・とほほ。
あ”〜はずかし。

お着物は、高校生の時に一目惚れしてしまい、
おねだりして反物だけ買ってもらいました(ワガママだね〜)。
だけど、成人式を控え、改めて反物を見て、
しまった〜って思ったの。
もはやこんなピンクを着れるほど、初々しくない・・・って。
絶対似合わないよ〜(ToT)

でも、ワガママ言った手前、無駄にするわけにはいかないのですよ。
いつもお世話になっている呉服屋さんにお仕立てのため反物を預け、
これに似合うように帯や小物を選んくださいってお願いしました。
   P1010645
そうしたらね、さすがプロですよね〜
・薄い黄色地に淡い色彩の鳳凰柄の袋帯
・朱色と黒に金箔桜柄の帯揚げ
・朱色と黒に金が散らしてある帯締め
・朱色に金が散らしてあるつけ襟 
を準備していてくれました。
ピンク色でラブリーな淡い色彩でなので
朱色と黒をアクセントにして全体の印象をシャープにしてくれました。
お着物より帯のセットが大のお気に入りです☆

振り袖は袖を切ることができるみたいなので、
袖を短くしてもらい、訪問着にしようかなと思ってます。
今度結婚式にお呼ばれしたら着ていきたいな〜☆
いくら小物で引き締めてもらったとはいえピンク色は若いうちしか着れないもの。

え?もう若くない?
言わないで〜〜〜!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

悩めるお着物

お着物、実はまだ悩んでました・・・
母親と一緒にお着物を選んだはずなのですが、
予約した後になって、
母から「帯が気に入らないのよね〜。成人式の時の着物を着たら?」と言われてしまいました。
ん〜確かにね、緑色の帯は私もちょっとなと思ってました。
だけど黒引振袖にちょっとだけ緑色が入っているので、その色に合わせた帯なんですよね。
決して似合わないわけじゃない・・・
だけど、母の気持ちも分かるわ。

成人式のお着物はピンク色の総しぼりで帯や帯揚げ、帯締めがとってもおしゃれで私も気に入っているの。
だけど、私より年下の従姉妹が3〜4人、この着物で成人式を迎えているため、ちょっと・・・乗り気になれないの。
まぁそれを言ったら
レンタルのお着物はもう何十人にも着られているのでしょうけれど(笑)

成人式のお着物にするか? 黒引振袖に似合う帯を探すか?

黒引振袖の帯って「丸帯」と呼ばれる帯全体に柄が入っている帯なんだそうです。
一般的に出回っているのは「袋帯」といって帯の一部にしか柄が入っていないもの。
「袋帯」は式服としては使えないらしいのです・・・

「丸帯」なんて持ってないよ〜。買ってもしょうがないし〜。
これはやっぱり成人式の着物を着た方が親孝行か?!なんて悩んでいたところ、
母から一本の電話。
「妹が丸帯持ってるって。それがね鶴の柄で結構いいものなのよ」
おぉ〜!おばさんありがとう!(ToT)!

 

P1010535
早速、帯を見せてもらったところ、
シルバ−地に淡い色彩で鶴が描かれている
素敵な帯でした。
これなら似合うはず!!!

  

代官山エフさんにドレスのフィッティングに行く時、お着物と合わせてみよう!
電話で問い合わせたところ、
「どうぞどうぞ。借りるより自分たちの帯の方がずうっといいですよ。
 お着物、準備しておきますね。」
うれしいな〜。こういう対応、本当に気持ちいい!

 

P1010534_1
で、帯を合わせてもらいました☆
ん〜〜〜やっぱり、こっちの方が上品だ!
断然こっちでしょう!!
母親も大満足☆
代官山エフの先生方も「いい帯ね〜」って
褒めてくれました!
これで心置きなく黒引振袖着れます!
よかった〜〜☆

 

P1010541_1 なお、この日は、彼の紋付袴も着せてもらいました。

←こんな感じ。
 うんうん、ロングタキシードより似合ってる!
 やっぱり日本人だね〜

 それにしても彼ったら長袖Tシャツ着たまま試着してるわ。
   
    

・・・なんつうか、
上半身は「書生」
下半身は「新春隠し芸大会」って感じね(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

引き菓子、お取り寄せ〜☆

P1010627引き菓子カタログ、
どれもおいしそうで悩みます〜☆
当初はマキシムのバームクーヘンにしようと思っていたんだけど、自分が参列者だったら、きっとこう思うわ。
「はるばる来たんだもの。この土地のものがいい。」って。

ようし!
ホテルオリジナルのお菓子か、軽井沢にあるお店のお菓子をお菓子にしよう!

さらに・・・
せっかく遠いところお越しいただくんだから、
自分でもおいしい!って思えるものがいいじゃない。

お友だちから、引き菓子のお取り寄せができるという情報を頂きましたので、
候補のお菓子をお取り寄せしちゃいました〜☆

彼と相談してお取り寄せしたのは、次の2種類!
・ホテルオリジナルの焼き菓子(マドレーヌやフィナンシェ)
・軽井沢で有名なパン屋さん?浅野屋さんのバームクーヘン&ブレッド

昨日お菓子が届いたので、早速お茶しました〜!
引出物にする予定の湘南七宝焼のプレートにのっけてみましたよ。
モダンな感じだのぉ!かーわいい!

ホテルオリジナルの焼き菓子は、しっとりとして濃厚な味わい。
いくつでも食べれちゃうわ〜。
浅野屋さんのブレッドはクルミ入りで
素朴だけど、かめばかむほど甘みが感じられるヤミツキパン!
バームクーヘンは・・・ふわふわしていて甘さ控えめ。
思わず、「パン屋さんのバームクーヘンって感じ!」って言ったら
彼に笑われました。どんなバームクーヘンだよって。
でも、そう感じたんだもの。間違ってないし・・・

どちらもとってもおいしい!
どうしよう、よけい悩んじゃうわ。
こういうときは参列者の気持ちになってみる。

ん〜私が参列者なら・・・
   
   

どっちもほしい!!!

    

これじゃ決まらないよぉ・・・( ; _ ; )

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

房総の夕陽

P1010616昨日は、とあるご縁で
千葉県内の養護施設の学園祭に行ってきました。 
設立50年以上の古い学園で、鉄筋コンクリート造の老朽化した建物に、様々な事情から両親と一緒に暮らすことのできない1歳から18歳までの子どもたちが100人ほど暮らしているそうです。
   

ハード面での不十分さは以前から窺っていましたから、
学園に到着するまで不安な気持ちでいましたが・・・・・

学園では子どもたちが元気いっぱい跳ね回っていました!!
指導員と一緒に模擬店でやきそばやたこやきを作り、
大声で笑いながら段ボール迷路の中に潜り込んだり、
上級生が小学生に射的ゲームを教えたりしています。
学園生たちが代わる代わるダンスを発表したり、
指導員が勧善懲悪ヒーロもの「ガクエンジャー」を披露したり・・・
地域の子どもたちも集まり、みんな自由に走り回り
思い思いに学園祭を楽しんでいました。
悲壮感など微塵も感じさせません・・・。
こんなにも子どもたちは生き生き伸び伸びと育っているのか・・・と
胸が熱くなる思いでした。

学園と同じ地域出身の友だちが教えてくれました。
地元の小・中学校には、必ず学園生がいるので、それが当たり前になっていて、
特別な目で見られてないのだと。
地域が学園を受け入れているということなのでしょう。

年に1度のお祭りで湧く学園の裏林を通り抜けると海岸にたどりつき、
私たちは東京湾に沈みゆく優しい夕陽に包みこまれました。
30数年前、学園に就職し、以来多くの子どもたちを送り出してきたという
元職員の方がこんなことをおっしゃいました。
「ホームシックになるとね。よくここにきて海を見ていたのよ。」
寂しさを包み込んでくれるような穏やかな美しい海でした。

学園に戻ると、飾り付けがきれいに撤去され
子どもたちは後夜祭の準備に取りかかっていました。
焼き芋をアルミホイルに包む子たち
上級生とボール遊びに熱中する子たち
バンド演奏の準備をする子たち
ヒップホップダンスの練習をする子たち

弾けんばかりに生きているというエネルギーが湧きあふれています。

命は、ただそこに在る、それだけで、こんなにも素晴らしいものなのか! 

こんな当たり前のことに改めて感動を覚えました。
だけど・・・
自分を守ってくれる人の愛情を独占することができれば・・・

私には何ができるんだろう?
何度も繰り返し自分に問うた言葉を噛み締めながら
学園を後にしました。

自分が何か大それたこと、出来るとは思わないけれど、
現実は机の上にはない!ということを忘れずに、
子どもたちの生きるエネルギー、
それを献身的に支える大人たちの思い、
をいつまでも胸に抱いていることが大切なのでしょう・・・

 

ちょっと重たい話になってしまったので・・・
おいしいお話。
今日はJR館山駅から特急で帰ってきました。
P1010617
おみやげは「館山中村屋」の「ダックワーズ」→
館山中村屋は新宿中村屋で修行した方が
のれん分け?で出店されたお店のようです。
館山駅前のお店が本店で、
昔ながらの生真面目な味のするパンやお菓子は
どれもおいしい!!
あまりおしゃれではない店構えからは想像できないのですが(笑)
お味はあなどれません!
お気に入りは「ダックワーズ」
館山へお越しの際には、是非是非お試しあれ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

家紋ー向かい蝶

代官山エフさんでお借りする紋付袴。
新郎の家紋を入れることができるので調べてきてねと言われていました。

彼ったら自分の家の家紋を知りませんでした。
「うちには家紋がないかもしれません」だなんて。

A先生「そんなことはないわよ〜。せっかくだから調べてみたら?」
B先生「分かんなかったら葵の御紋でも付けておけばいいわよ。」
葵の御紋か〜。
恐れ多いけど、それはそれで良いかもしれない!!
なんて冗談言って笑ってたけど、彼、真剣でした。

早速ご実家に連絡して調べてもらったところ・・・
分かりましたよ、彼の家紋!P1010544

「向かい蝶」ーーーーーーー→
というのだそうです。
蝶々が二匹向かい合って円形を作っています。
すっごーい!かわいいかもー。
でも「蝶」っていうより「蛾」っぽいわ・・・。
   
   

家紋の由来などについて調べてみました。
基本形は「揚羽蝶」の紋で、これは平家の代表紋とされているのだとか。
「向かい蝶」などの紋は「揚羽蝶」から変形していったものらしく、
平家の流れを受けついでいるそうな。

へー。知らなかったー。家紋っておもしろいわ。
ちなみに、母方の祖母の実家は「揚羽蝶」紋。
母が昔から「可愛い紋で憧れだった」なんて話していたのを思い出しました。
亜種になってしまったけれど「蝶」を身にまとえるようになったことに、
ちょっぴり縁(えにし)を感じてしまうかも・・・。
これから喪服や留袖を作る時、私も「向かい蝶」を付けるんだね。
なんか嬉しいわ〜☆

さて、式服に話を戻します。
紋付袴に「向かい蝶」紋を付けたいとお願いしたところ、
「向かい蝶」紋は特殊紋ゆえ絵師に発注しなければならないのだそうです。
せっかく可愛い紋だから追加料金(6000円)払ってお願いしました。
家紋シールは全部で6枚。
・着流しの両肩に付ける紋:2枚
・羽織の両肩に付ける紋:2枚
・羽織の背中の真ん中に付ける紋:2枚
の合計6枚なんだけどね・・・。
背中の真ん中に付ける紋は一つ!
2枚の反物双方に紋を貼付けて縫い合わせ一つの紋を作るのが正しい方法。
だけどレンタルなので、すでに2枚の反物は縫い合わせてあり、
合わせ目の上から1枚のシールを貼って終わりとなります。
よって使用する家紋シールは5枚!!

「1枚余るので、記念にどうぞ」と言われ、頂いちゃいました。

私「ん〜見れば見るほど『蛾』っぽいね〜」
彼「『蛾』っぽい言うな〜」
私「自分でも『蛾』っぽいって言ってたじゃん」
彼「自分で言うのはいいけど、人に言われるのはヤなのー。」

なんだそりゃー?へんなのー!
何度でも言っちゃうからね(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

賜り物・・・ササヘルス

P1010614日本シリーズ観戦中、
私、結構暇じゃん!って思ってました。
でも、それって錯覚だったわ・・・
全然暇じゃなかったよぅ。
っていうか単に現実から目を背けていただけか?
当たり前のことですが
さぼったツケが回ってきたよ〜!!
あ”〜計画性のない性格がうらめしぃ〜。

そんな私のだらしなさを慮ってか、
お友だちが「ササヘルス」をくれました。
わーーい!ありがとーーー!!!
「ササヘルス」は
「クマ笹の葉の抽出液」で「医薬品」なのだそうです。
ほぇ〜クマ笹って体にいいんだ〜。
全然知らなかったよ。
お友だちの手紙によれば
「体調と美貌が維持されるように体の毒素をとってくれる魔法のお薬」
とのこと。
な、なんかすごそう!!!
お水や漢方薬に詳しい彼女。
きっとスゴイに違いない!

徹夜明け、疲れの抜けない今日、
彼女お勧めの摂取方法「牛乳に混ぜて」を実行してみました。
キャップを開けるとプワンと濃厚な笹の香り・・・
恐る恐る飲んでみる。ゴクリンコ!!
ん〜〜、笹!!
笹のさわやかな香りが口の中に広がります。
おいしいとまでは思えませんが、わるくない!
まだ1回しか飲んでないので、効果があったのか分からないけど、
続けてみる価値はありそうだわ。
これで美貌に磨きがかかるはず?!
本当にありがとねー!!!
   
   

ところで、「ササヘルス」をもらったとき、
彼女から
「Eddiさん、花嫁オーラが出てますね!」って言われちゃったっっ
いや〜ん、うれし〜。照れちゃうわ〜!!

   
で・も・ね!
きっとそれは「西岡選手(千葉ロッテ)かっちょい〜〜〜」
っていうラブラブオーラだと思うのよね。
むふ。
これまで結婚準備にそそいていたパワーの4割くらいが
マリーンズや西岡選手に流れていっている気がする・・・
この間も、スポーツニュース見ていて
「こらー!今江ばっかり映すな!西岡映せー!」って騒いで
彼に怒られまちた・・・
ごめんちゃい!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »