« かもネギ祭?? | トップページ | 無謀プロジェクト☆発動! »

2005年11月26日 (土)

アルカディア・イースト

PICT0004石の教会は、教会内での撮影は禁止されています。
専属の業者さんだけが撮影できるので、
挙式中の撮影はその業者さんにお願いするしかありません。
もちろん、私たちは、そのことに
特別不満があるというわけではありませんでした。
    

けれど・・・
何気なーくめくったゼクシィ。
とある1ページに胸が熱くなる写真を見つけてしまいました。
 
雨の中、ウェディングドレスの裾を持ち上げて歩く花嫁と
傘を差し出す母、
傘に入ろうとかがんでいるけど入りきれていない新郎。
雨なのに・・・みんな満面の笑み!

それは“アルカディア・イースト”さんの代表的な写真でした。
自然な笑顔で結婚式の温かさの伝わる素敵なスナップ写真です。
彼も私も写真が好きなので、
作りものではない温かみある写真に心惹かれました。

もういい歳だもの。
ソフトフォーカスやフィルターを使ったり、
ポーズをとったりしたコテコテの写真は要らない・・・。
それより、私たちと大切な人たちのありのままの笑顔を残したい

  
そんな思いに合致する写真でした。
  

説明会などに参加してコンセプトや写真に対する思いなどを伺い、
共感できる部分がたくさんありました。
費用は私と彼の衣装代を合算したものとほぼ同額・・・
かなり高いのですが、
手間ひまなど職人的芸術的な要素を考えると、
そんなんでやっていけるの?と思えてしまうから不思議☆

 
1週間ほど悩み・・・
清水の舞台から飛び降りてしまいました。

おかしいな。私、ジミ婚にするはずだったのに・・・

   

で、今日は、アルカディア・イーストさんとの打合せの日でした。
お願いしているフォトグラファーは田原正一さん☆
いかにも芸術家タイプのちょっと変わった人・・・そこがいい(笑)

当日の進行を具体的に伝え、フォトグラファーとしての意見を伺い、
その日一日の流れを細かく打ち合わせしていきました。

田原さんからは、
パーティの演出や子どもを大人しくさせるためのアイデアなどを
教えてもらいました。
これまで私たちが考えていたものとは違った視点からのご意見。
とても新鮮でした☆

私たちは、どうやって参列者の方をおもてなししよう?とばかり考えていました。
自分たちはどうでもいいから、参列者が喜ぶことはないかな?って。

でも、田原さんの視点は違いました。
結婚式は、みんなの関心や意識が新郎新婦にぐーーっと焦点が集まる。
そこにはそれまでの関わりや思いが込められていている。
そういう瞬間が大事なのだと。
人との関わりの中でドラマが生まれる。
その日一日の流れの中でストーリーが生まれる。

田原さんのお話しされた事、正確に再現できないんだけど、
こんな感じ。

  
なるほどな〜って思いました。
私たちとの関わり・・・かぁ〜。考えてもみなかった。
そういう視点で演出を考えていくと、なかなか、おもしろい!
私たちの思い出話なんて恥ずかしいから別にいいやって思ってたけど、
そんな「恥ずかしい!もうやめて!」って気持ちや
「新婦ってそういう人だったんだ〜ビックリ」ってな気持ちが
雰囲気や表情、態度に現れる・・・ドラマが生まれる
ということなんだろうな〜。
   

確かに、私たちは人との関わりの中で生きているんだもの。
そんな関係性が伝わってくる写真だからこそ
生き生きとした写真になるのでしょう。
  

すっごく勉強になりました。
パーティの演出とかいろいろ悩んでいたのですが、
自分の中で納得できる方針が決まったような気がします。

挙式まであと1ヶ月を切りました。
まだまだ考えなきゃ行けないことが山積みだけど、
ラストスパート!頑張るぞ!!
 

|

« かもネギ祭?? | トップページ | 無謀プロジェクト☆発動! »

コメント

アルカディア・イーストさんの写真見ました!
すごく素敵ですねえ。
私は、ホテルが一切の外部業者がNGだったので、写真のところは
なにもチェックしていなかったのですが、こういう写真があったらいい
なぁー。羨ましいです。
さすがにお高そうですね・・・。でも、一生残りますからね。
しかし、他の花嫁さんを見ると、なんか、あ~こういうヘアスタイルも素敵。とかまた悩む原因をつくられてしまいますっ。

投稿: まーれ | 2005年11月27日 (日) 07:52

お写真。素敵ですね~。なんだかアットホームな感じ。
私は式場に頼んだのですが、カメラマンさんがよい方で、あまりポーズとかはとらされず、自然なショットが数多くありました。
アルバムが届き、昨日家族で見ましたが、「変なポーズとかなくっていいねえ。」といってくれました!。ちょっとほっとしましたよ~。

エディさんのはきっともっと素敵なんだろうなあ。

投稿: サビニャック | 2005年11月27日 (日) 11:57

挙式まで、ほんとにカウントダウンですね~
それにしても、田原さんのお話・・・かっこいい!!
プロっていう感じですよね。

さてさて、ずっと放置しちゃっていた、
ブログバトン、今日やっと!!やりました。
遅くなっちゃってごめんなさい。

投稿: らんぜ | 2005年11月27日 (日) 20:40

>まーれさん
私も写真外注なんて考えてなかったのですが、たまたま写真を見つけてしまい・・・
一生の記念だしと思って大奮発です☆
でも、確かに他の花嫁さんの髪型、参考になりますよね〜。私もちょっぴり悩んでます〜

>サビニャックさん
そうですよね、石の教会の業者さんも自然な感じで撮ってくれますよね。サビニャックさんのお写真を拝見したときも、とっても素敵だな〜って思ってましたよ☆
教会内の写真は、そちらの業者さんにお願いする事になってます〜。そちらもとても楽しみなんですよ。
もっと素敵になるかどうかは分からないのですが、カメラマンと事前にお会いして話ができたことだけでも安心感です。

>ranzeさん
田原さんのお話、芸術家って感じでよくわからないところもあったけど、私もちょっと感動しちゃいました。でも、照れくさいかも。
バトン、受け取って下さってありがとうございます〜。あとで遊びにいきますね!!

投稿: Eddi | 2005年11月27日 (日) 23:57

HP、拝見しましたー
私の中のEddiさんのイメージにぴったりな
ところです!
自分をきちんともっていらっしゃるEddiさんと
こちらのフォトグラファーの方がタッグを組んだら
最高に素晴らしいお写真があがってきそうです。
本当に今からお式が待ち遠しいですね!

投稿: さふらん | 2005年11月28日 (月) 13:36

はじめまして?
せっかく石の教会という素敵な場所での挙式なのに、
教会内の撮影が禁止されているのは、参列される方にとっても、
少し残念ですね。
素人の写真でも、50~100枚に1枚ぐらいは、
満足できる写真が取れるんですけど。
(デジカメのおかげで、失敗を恐れず撮りまくれます)

でも、やっぱりプロの人はいい!です。
私たち夫婦も(式場内の業者さんでしたが)カメラマンを
プロ?の方にお願いしましたが、
いい写真を撮っていただきました。

値が張るのが玉に瑕・・・。

将来、子々孫々に伝わる可能性を考えれば、
安いものだと思いますけど。

投稿: ジプシー男爵 | 2005年11月30日 (水) 12:17

>ジプシー男爵さま
はじめまして?ふふふ。ご来訪ありがとうございます。まさかコメントいただけるとは思わず、ビックリしましたよ〜嬉しいです☆
お二人の結婚式のお写真、素敵でしたよね。とってありますよ〜。料理の写真もきれいにとれていましたよね。やっぱりプロはすごい!
姫と一緒に写ってる仲睦まじい写真は私たちにとっても記念ですよ☆

投稿: Eddi | 2005年12月 2日 (金) 01:10

いきなりごめんなさい。
私達、去年の春、アルカディアで写真を撮ってもらったんです。
田原さん素敵ですよね、奥さんも♪
値段以上のものが残る事は、確実ですよ。
準備大変だとは思いますが、頑張って下さい。

投稿: tomokou | 2005年12月 2日 (金) 17:52

>tomokouさん
ご来訪ありがとうございます。全然、ごめんじゃないです。コメント頂けて嬉しいです!!
アルカディアさんでお写真撮られたんですね。値段以上のものが残る!という力強いお言葉、すっごい嬉しいです。楽しみだな〜
田原さん、素敵ですよね〜★おもしろい方です。奥さまも素敵な方ですよね〜多分、私奥さまの方が気が合うわ・・なんて思ってます。

投稿: Eddi | 2005年12月 3日 (土) 02:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/7328987

この記事へのトラックバック一覧です: アルカディア・イースト:

« かもネギ祭?? | トップページ | 無謀プロジェクト☆発動! »