« 賜り物・・・柳宗里カトラリー | トップページ | プチギフト☆ー和風ラッピング »

2005年12月10日 (土)

石の教会ーいよいよ工事開始!

工事開始後の状況を確認するため、
軽井沢へ打ち合わせを兼ねて下見見学に行ってきました。
お昼前に軽井沢駅に到着。
村民食堂で昼食を済ませた後、さっそく石の教会へ・・・

駐車場の奥に黒い安全鋼板の壁が立ちはだかります。
覚悟はしていたものの、結構ショックだ〜(T_T)

・・・と、あれ?
安全鋼板の上に白い旗が2旗はためいているではありませんか?
緑色の十字と黒い文字の旗。
おーい!いかにも工事現場って感じじゃないですか!?

P1010820 駐車場の脇の小道から教会へ歩いてみると・・・
以前なら教会を臨むことのできた場所からは
黒い壁しか見えません。
しかも、
安全鋼板に、安全靴の足跡がたくさん(-_-#)

          
   

P1010821

そして石の教会の周りはこんな感じ →
・・・開放感がない。
当然のことですが・・・(;_;)

  
    

P1010822
しかし、安全鋼板が黒く塗られていること、
斜めに傾いていること以外に、
 工夫が感じられません・・・
 デザイン性が感じられません・・・

 

P1010823
さらに!
教会の脇に、
杭とロープがさりげなく(?)見えるし・・・

  
   

P1010825
教会前ロータリーに入る小道は
石垣が崩されて砂利状態になってるし・・・

 
 

 
な、なんじゃこりゃーーー!!
(松田優作風に)

  

怒り心頭!再び!!!

  

怒りの表現はワンチャンスと思っていました。
人は追いつめられすぎると去っていく。
怒り続けるとは関係を断ち切ること・・・。
だから、怒りをぶつけることはこちらの要求を通すとき1度きりにするべきと思っていましたが・・・
「もう、取りやめることができないんだから、冷静におなり」
心の中の天使がささやきます。
しかし、私の中の悪魔は既にそんなささやきなど耳に入らないほど
怒りにうち震えていました。

私の様子をみて、彼、「始まったよ・・・」と不安げな様子。
分かってる。
私だって、そんなバカなマネはしません。多分・・・

打ち合わせ開始後、担当者さんは私の怒りオーラに気がつきました。
担当「もう教会はご覧になられましたか?」
私 「・・・見ました。・・・・あれだけですか?」(低い声)
担当「いえ!あれで完成ではありませんっっ」
あせりまくる担当者さん。
どうやら雪で工事がストップし完成していないらしい・・・・

   

安全鋼板の外側にミラーを格子状に設置して、
ロータリー真ん中と安全鋼板反対側の石垣に
ランタンを設置してライトアップする予定だとか。

   

ふーん。初めて聞いたよ。
進捗状況は連絡くれるって言ってたのにさ〜!
さらに怒りがこみ上げてきました・・・

この人がが悪いわけじゃない。分かってる。
でもね、でもね、納得できないよ。
何のためにここに来たの?私たち。
どういう状態で挙式できるか見せてもらうためでしょ〜!

とりあえず
・安全鋼板に足跡がついていること
・安全鋼板のビスがむき出しになっていること
・工事現場の旗が2旗丸見えであること
・木の杭とロープが丸見えであること
・石壁、舗装が壊されていること
などなど、気がついたことを怒りにまかせて連ね上げました。
工事完成以前の問題だしね。 

さらに、
安全鋼板への装飾完成後のイメージ図もないから、
どういう状態になるのか分からない!
これじゃ要望も出せない!
ミラーだけ設置なんてイヤだ!植栽してほしい!
などなど・・・

  

ひとしきり怒りをぶちまけた後、
もうしゃべる気力が失せてしまいました。
これ以上話すと大声あげてしまいそうだったし・・・

   

ムッとして怒りのオーラを放ったまま黙って座る私。
その横で彼が冷静に今後のことを話してくれました。

   

彼が冷静に話してくれて助かった・・・
別に担当者を責めたいわけじゃないんだから。
これから他にも打ち合わせしなきゃいけないんだから。
打ち合わせは楽しくやりたいじゃない。
だって楽しいことを決めていくんだから。

教会周辺工事のことで決まったこと。
・上記指摘した点はすぐに改善する。
・石垣、道の舗装、ミラーの設置は来週中に完成させる。
・装飾完成後、挙式と同じ時間帯で多くの角度から写真撮影、
 動画撮影を行い、写真、動画を見せてもらうこと。

この日できることはこれだけだということは理解できました。
ひとまず、この問題は来週に持ち越すこととして、
気持ちを切り替えよう。

引出物、引き菓子の組み合わせ、席次表、席札の発注、
当日の参列者の動きの確認、
阿結抄の演出、パーティ進行などなど
打ち合わせを行い、
こちらで作成してきた一覧表など書類を一式お渡ししました。

教会の問題さえなければ、
とっても楽しい打ち合わせだったのに・・・。

   

最後にシャンパントースト会場を見せてもらいました。
ちょうど挙式後の方々が使用していたので、
しばらくロビーで待っていました。

・・・・寒くない?ここ。ソファーも冷たい

私 「ロビーはいつもこれくらいの温度設定なんですか?」
担当「??だいたいこれくらいですが・・・」
私 「寒くありません?参列者の女性は薄着ですし。
   さっき座ったソファーも冷たかった」
担当「そ、そうですか?あ、あの、当日は、もっと暖かいようにします」
私 「是非そうして下さい。お願いします。」

怒っているときの私、周りが見えてません・・・
何もここまでいうことなかったか?

|

« 賜り物・・・柳宗里カトラリー | トップページ | プチギフト☆ー和風ラッピング »

コメント

一生に一度の大切な結婚式です。
感じたことは、率直に伝えて正解です。
ロビーの寒さだって、言わなければそのままで、列席者に
寒い思いをさせてしまってたかも。
そんなのイヤですもんね!
教会側だって勝手に工事しちゃってるんです。
こちらだって勝手を言ってもいいじゃないですか。
大金払うわけだし!
Eddiさんは間違っていませんよ。言い過ぎでもないし。
気持ちよく式が挙げられるように応援していますね!!

投稿: さふらん | 2005年12月12日 (月) 11:13

昨日は、早速のご訪問ありがとうございました!

工事の件、さふらんサンの言うとおりだと思いますよ。
人生に1度きりの2人の新しいスタートの日を最良の状態で迎えたいと思うのは当然のことです!
こちらの要望を全て伝えたう上で、できる限り最善の対策をしてもらうべきだと思います。
言いたいことを言わずにモヤモヤしたまま式当日を迎えるのも嫌だし、
式の後も後悔するような事にだけはしたくないですよね。
それにコチラの意思を担当の方に伝えることも悪いことではないと思います。
その方が、Eddiサン達もホテル側の担当の方も気持ちにしこりが残らない気がします。 もちろん、伝え方や内容もあると思いますが、Eddiサンのお話を呼んでいる限り当然のことを伝えていると思います。
実際この問題に直面していない私がいろいろ言うのも差し出がましいと思ったのですが、
同じ式場で挙げるEddiサンに式当日を気持ちよく迎えて欲しいと思ったので。。。

話は変わりますが。。。
↑の石鹸、すごいですね-!
手作りと言われなければ、どこかお店で手配されたものにしか見えませんよ---。
お仕事しながら、ここまでやれるってスバラシイ☆
特に女性は喜ばれますね。ラッピングも可愛くて使ってもグッドなんて♪


投稿: sachi | 2005年12月12日 (月) 15:05

Eddiさんの言いたくなる気持ちわかります。
また、言っても良いと思います。
うちのボスもいつもちょっとうるさい客くらいに思われているのが
ベストって言ってます!
また、言わなきゃわからないこともあると思います。
でも、Eddiさんのお式が間違いなくすばらしいお式になるっていうのは
確実です。
私も、ホテルが最初に、ミスしたとき、怒りましたよ!
それ以来担当者がびびってしまいました。多分最後まで。
私は、自分の挙式したホテルが老舗で格式があって、間違いないって
思ってからなんでしょうね。
でも、彼は、まあまあって感じでした(笑)。所詮、グローバルスタンダートじゃないんだからさって。
二人ともカッカするタイプじゃなくて良かったです。
腹立つこともあるでしょうけど、少しでも心穏やかにすごせるといいのですか・・・。

投稿: まーれ | 2005年12月12日 (月) 22:54

はじめましてmorisと申します♪
最近Eddiサンのプログをみつけて毎日楽しみに拝見させていただいています。
私も同じく石の教会で5月に挙式のみですが行う予定です。
Eddiサンのお気持ちよくわかります。
工事の件はEddiサンのブログで知り当初は4月初めを予定していたので驚きました。
せっかくあんなに素敵な教会を見つけたのですから、一生心に残る一日にしたいですよね。
応援しています。がんばってください♪

投稿: moris | 2005年12月13日 (火) 09:57

みなさま、お返事遅くなってしまって申し訳ありません〜〜。

>さふらんさん
励ましのお言葉どうもありがとうございます。
そうですね、きっと寒いって言わなかったら悶々としていたと思います。
当日、きれいな装飾ができているのと願うばかりです。素敵な一日になるといいな。

>sachiさん
励ましのお言葉どうもありがとうございます。
同じ教会仲間からの励ましは心にしみます。全然差し出がましいなんてことないですよ。むしろ嬉しいです。
やれるだけのことやったって思えれば、結構納得できるのかもしれないなって思うようになりました。
あとちょっと前向きに頑張ります!

>まーれさん
まーれさんも怒りました〜?よかった(笑)私もネット情報でブレストンのサービスはよさそうだったので、かなり期待していた部分はありますね〜。現実が見えてしまいましたが、それでも、石の教会自体に罪はない、担当者さんに罪はないと思うと、冷静になってしまう自分もいたりして。
私も心穏やかに式を迎えたいです・・・。

>morisさん
初めまして☆ご来訪ありがとうございます。
4月じゃなくてよかったですねー。ホントにホントに。完成後の教会周辺、素敵でしたよ☆
完成後の姿は一度見てみたいな〜って思ってるほどよ。
そうそう、教会自体はとっても素敵なので、そこは安心できるのが幸いですね。
なんとかなるだろう!って前向きに頑張ろうと思います!!

投稿: Eddi | 2005年12月14日 (水) 22:03

Eddiさん、はじめまして、こんにちは。
少し遅れたコメントでごめんなさい。

実はわたしも、4月に石の教会での挙式を予定しています。
工事のことは、ブレストンコートから連絡が来る前に
HPで知ってショックを受けて、もうどうしたらいいやら。
(そもそも、予約している人間に連絡する前に
公式HPで発表するってどうなんですかね…)
一応、外観の写真は担当者の方から見せてもらいましたが、
とても不安です…。
わたしも、もう少し情報を集めて、できれば今の状態を
見に行こうと思います。

Eddiさんのお式、本当に、いいものになりますように。
応援しています。

投稿: 桃 | 2005年12月21日 (水) 20:50

>桃さん
初めまして☆ご来訪ありがとうございます。
工事の件、ショックですよね。連絡がある前にHPで公開されたのはひどいことです!!
同じ工事にあたった者同士、気持ちよく分かります。不安ですよね。私も眠れませんでしたもの。
別の日に変えるというのも一つの手。
変えられないのであれば、あとは、自分たちのやりたい式に作り替えていくことしかないと思うの。
いろいろアイディアを出して、それをホテル側に伝えてみてはどうでしょう?かなり努力しれてますよ。
今日は、桃さんのコメントを読んで記事を書きました。Only One の挙式を作りましょう!
一緒に頑張りましょう!!

投稿: Eddi | 2005年12月22日 (木) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/7578898

この記事へのトラックバック一覧です: 石の教会ーいよいよ工事開始!:

« 賜り物・・・柳宗里カトラリー | トップページ | プチギフト☆ー和風ラッピング »