« Just as you are ・・・ | トップページ | ☆★JUST MARRIED★☆ »

2005年12月23日 (金)

ケッコンスルトイウコト

人を愛するってどういうことなんだろう?
好きとどう違うんだろう?
愛と好きと尊敬って違うの?

多感な10代の私は、そんなことを考えて悩んでいました。
・・・ひまだね(笑)
でも本人は至って真剣。

この人のこの部分は好きだけど、ここは嫌い、全部好きなんて思えない。
スキスキって燃え上がるのって半年くらい?あとは疲れて飽きちゃう。

・・・こんなの愛じゃないよね。
私は、人を愛することなんてできない人間なのかもしれない。

友だちと愛を語る・・・
「恋愛がやがて愛情になり最後に情だけ残るのさ」
そんな陳腐な言葉遊びで納得できるほど子どもじゃなかったし、
それを冗談として笑い飛ばせるほどの余裕もなかった。
だって、
私ってば人を愛せない人間なんだよ・・・・

そんな不安と疑問を抱えつつ挑んだ大学受験。
ある現代文の過去問に使われていた論説文に「愛」を論じたものがありました。
「『愛』という言葉はそもそも日本にはない言葉。
 英語の『love』を訳すとき、当てはまる言葉がかなったため、
 中国の漢字の中から、当てはめただけ。
 人を愛するということは、その人を自分と全く同じように大切に思うこと。
 母の子に対する気持ちは最も『愛』に近いが、
 それでもそれは『愛』ではない。
 『愛する』ということはそもそも神にしかできないこと。
 不完全な人間にそれは不可能なこと。
 人間にできる『愛』に一番近い行為とは『愛そうとすること』
 『愛する』ことができるよう目指すこと
 そしてこの人間にとって不可能な『愛』を目指すことは
 誓いの元に行われなければならない。
 お互いがお互いを『愛していこう』という
 ベクトルの交わりは『誓い』であり、
 その誓いの元に人は愛を目指していかねばならない。」

確かこんな感じの内容だったと思います。多分・・・。

論説文の全てを読んだわけでもなく、著者が誰であったかも覚えていない。
この論説文を正しく理解していないのかもしれない。
だけど、この論説文は、幼い私の心を打ち、一つの価値観を形成するには十分すぎるほどのパワーを持っていました。

そう、人は『愛する』ことはできない。できなくていいんだ。
目指していけば。
繰り返しくじけても、目指すことを諦めなければいいんだ。

 

クリスチャンの作家三浦綾子さんも「続・氷点」の中で
主人公陽子の父にこんな言葉を語らせています
「愛とは本来意志的なものかもしれない・・・」

人にとって『愛』とは自然発生的にでき得るものではないということか・・・
『愛』とは不断の努力によってめざすものなのか・・・

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

大学入学後、彼と知り合い交際を始めました。
大きなイチョウの木の下のベンチで、
受験時代に出会ったこの論説文の話をしたところ、
同い年の彼、この論説文のことを覚えていました。
この論説文に共感したことを伝えたところ、
彼は、あの論説文に書かれていたことは本当にそうだと思ったと答えました。

それ以来、私たちの間では、
相手に対する最大限の愛情表現は「大好き」になり、
「愛してる」という言葉は使わなくなりました。
なぜなら、『愛』ではウソになってしまうから。

  
  
  

ケッコンスルトイウコト
それは、お互いがお互いを愛していきましょうと誓うこと
人にはできない「愛」を目指していきましょうという
人生における重大な誓いをすること

 
  
 

長年交際し同居していたって、そんなもの結婚じゃない。
婚姻届なんて紙切れ一枚の問題じゃない。
国家制度で認められているかどうかなんて関係ない。
お茶の間でゲームしながら「結婚しよ」「うん!」の会話で成立させたくない。

 

一生涯かけても遂行することなどできない『愛』を目指すという
途方もない契約をすることなのだから
その誓いは神聖であってほしい・・・
この重大な決意と契約を大切な人たちに見守っていてほしい・・・
見守って下さった方々には感謝の気持ちを込めて、精一杯おもてなししたい。

そんな思いを込めて、
ずっと結婚の準備をしてきました。


 

 無宗教な私たちの「誓い」を受け入れてくれる石の教会に感謝☆

 

 私たちは明日、結婚します。
 
 

|

« Just as you are ・・・ | トップページ | ☆★JUST MARRIED★☆ »

コメント

いよいよですね!
心から、おめでとうございます。
(深々とペコリ)

長い時間をかけて
丁寧に丁寧に作られていましたので
みんなが幸せな気持ちになるような
素敵なお式になることでしょう。
忘れられない日になりそうで、楽しみですね。


投稿: しゃも | 2005年12月23日 (金) 23:13

いよいよですね!
心から、おめでとうございます。
(深々とペコリ)

長い時間をかけて
丁寧に丁寧に作られていましたので
みんなが幸せな気持ちになるような
素敵なお式になることでしょう。
忘れられない日になりそうで、楽しみですね。


投稿: しゃも | 2005年12月23日 (金) 23:14

今頃は ぐっすりと休んでいらっしゃるでしょうか?
とっても大事に 大切に
一生懸命準備をされてきたEddiさん
皆さんおっしゃってますが
絶対に素敵なお式になりますよ!
明日は 思う存分楽しんできてくださいね♪

投稿: カオル | 2005年12月24日 (土) 02:22

今ちょうど式の途中なんでしょうか。
eddiさん綺麗なんだろうな~!!
きっと最高に素敵な晴れ姿、いろんな想いがつまった最高の結婚式なんでしょうね!!
心から祝福いたします!
ご結婚おめでとうございます!!!

大学生の時から今までもそうだったように、これからもご主人と「愛する」を目指していって下さいね(^0^)!

投稿: ジウ姫 | 2005年12月24日 (土) 14:25

Eddiさん、ご結婚おめでとうございます。
とってもすばらしいお式になったんだと思います。
本当にきれいなお嫁さんだったんだろうな~。
って思います。
ね、ね、あっという間だったでしょう!
そしてすべてはここから始まりますね。
また報告を楽しみにしています。

投稿: まーれ | 2005年12月24日 (土) 20:58

>しゃもさん
コメントどうもありがとうございます。
私はとってもとっても感動して、楽しい一日になりました。しゃもさんはどうだったかな?
周りからはどんな風に見えたんだろう?ちょっと気になる気になる・・・ふふふ。
いろいろお手伝いして下さってどうもありがとうございました。

>カオルさん
お祝いのお言葉どうもありがとうございます。
参列して下さったみなさんの暖かいお心遣いで、とっても楽しい式になりました。
本当に感動して楽しい一日になりました(笑)
落ち着いたら、ゆっくりご報告させていただきますね。
そちらにもまた遊びにいきますね。

>ジウ姫さま
お祝いのお言葉ありがとうございます。
魔法がかかったような一日でした。自分が自分じゃないみたいでした。
プロの技ってすごいな〜って思いましたよ(笑)
本当に思い出深い一日になりました。
また、ゆっくりご報告させていただきますね。
アルバムできたら是非見て下さいな。
新居に遊びにいきたいです。

>まーれさん
お祝い、本当に本当にどうもありがとう。すっごい感動しました。嬉しくて嬉しくて。
サプライズ。しっかり驚きまくりましたよ!
お式、あっという間ですね。
でも、なんだかお式よりも前の出来事って、ずーっと昔のことみたいで、竜宮城にでも行って来た気分ですよ。
不思議ですね。でも、とってもとっても幸せです!

投稿: Eddi | 2005年12月26日 (月) 00:10

SIDE BY SIDE
OR MILES APART
DEAR FRIENDS ARE
ALWAYS
CLOSE AT HEART

CONGRATULATIONS!

投稿: Canon | 2005年12月31日 (土) 00:09

>Dear Mr.canon
Thank you very much for coming to our wedding party!!
UMIMARU is one of the best friend of mine.
Off couse,U-min too.

へんな英語だったらごめんんちゃいm(_ _)m

投稿: Eddi | 2005年12月31日 (土) 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/7786120

この記事へのトラックバック一覧です: ケッコンスルトイウコト:

« Just as you are ・・・ | トップページ | ☆★JUST MARRIED★☆ »