« 披露宴☆1スピーチ1笑いの原則 | トップページ | ケーキカット☆東南角地は誰のもの? »

2006年1月29日 (日)

新郎友人スピーチ☆いただきます方式

P1030046披露宴における新郎友人といえば、
会場の盛り上げ役と相場は決まっているもの♪

と新婦の勝手な理論から、
新郎のご友人方には、大変な苦労を強いてしまいました。
この場を借りてお詫び&御礼申し上げますm(_ _)m

参列した新郎友人は8人。
全員、高校時代のサッカー部のお友だちです。
キャプテンだった彼は、事前にこんなメールを送っていました。

*******************************
ここからが「合宿」なのでコンディション作りとウォームアップは
しっかりやっておくように。
コンディション作りは各自の自学自習にまかせるとして、
ウォームアップのメニューを作ってみました。

「私と彼とサッカー」
「私と彼とサッカー(2)」
「私と彼と○○高校」
「中学時代?」
「月並みですが」
「私だけが知っている」
「記憶に残る彼の名(迷)言」
「熊本弁でよろしく」

19:00〜21:00の間に必ず1つはこなしてもらいます。
準備しておいてね。持ち時間は各自1分〜3分。
目標は「1話題1オチ」あるいは「1話題1笑い」で。
誰が何をしゃべるか当日現地でくじをひいて決めます。

なお、メニューの変更もあり得る・・・と思う(汗)。
 

********************************

鬼キャプテン!!
結婚式は「合宿」なのかぁ??

それはさておき、新郎のお友だちにお願いしたのは、
その場で決まったテーマを話さなければならないという
「いただきます方式」スピーチ☆ 
もちろん「1スピーチ1笑いの原則」は適用されます。
過酷なスピーチイベントです!!

 

けれど、懸念したのは、新郎側だけで盛り上がってしまい、
新婦側参列者が取り残されてしまうこと・・・

そこで、少しでも新婦側参列者がからむことができるよう、
くじ引きを工夫してみました☆

竹ヒゴに和紙を貼付け、お子様ランチの旗状にし、
そこに筆ペンで「名前(ニックネーム)」「お題」書いて、
くるくる旗を巻いて、細長いクジを作り、
それを、「名前」「お題」の袋にそれぞれ入れました。

新婦側参列者は向かい合わせに座っていますので、
テーブル内側に座っているの参列者が「名前」クジを引いて
誰がスピーチするか決め、
テーブル外側に座っている参列者が「お題」クジを引いて
どのお題を話すかを決めてもらうことにしました☆

クジは隣の席の人に順次まわしてもらい、
新婦側参列者も全員マイクで発言するってわけです。

これなら、面識のない隣の人とも多少は交流できるし、
自分が引いたクジの人がどんな話をするのか興味もわくかもしれない。
新郎側だけで盛り上がっちゃう事はないだろう・・・と。

なかなか参列者にルールが伝わらず、
隣の人、向かいの人にどうしたらいいか聞く参列者、
「あ、次はね、○○さん、名前クジ引いて下さぁい」
なんて新郎新婦が仕切ってしまったり・・・
「なるほど!そういうことか。ルールが分かったよ」
なんて声が上がったり・・・・
多少は交流できたかな??

さてさて、本題の新郎友人スピーチ☆
文章では表しがたいほど面白かったのですが、
かいつまんでご報告いたします。

  


*お題:私と彼とサッカーその1*

「新郎は私たちのキャプテンだったのですが、あまりキャプテンシーを発揮したことはありませんでした。唯一キャプテンシーを発揮したのは、高校総体のPK戦でゴールを外したことでしょう。『キャプテンが外したんだから仕方ない!』『キャプテンが外したんだから、これは仕方ない!』と私たちは、心置きなく高校最後の夏を終えることができました。」

「おぉ!そぅやった!そぅやった!」とのかけ声。
苦笑いする新郎☆「やっぱりその話か〜」(汗)


*お題:夫婦円満の秘訣*

「・・・・・このお題、聞いてない。聞いてないよ!!」

一同爆笑☆ 
ごめんなさい。言ってないですm(_ _)m

      


*お題:私だけが知っている*

「え〜〜〜、え〜〜〜、え〜〜〜〜、僕は●●中学出身です。」

「しらね〜よ!」ブーイングと笑いの嵐☆
まさに“私だけが知ってる!”

  


*お題:彼と私と○○高校その2*

「えー、では、お題は『私と彼とお父さん』で。」

一同爆笑☆
勝手にお題が変わってます!!
さらに、その後の話がおもしろい・・・
この方、新郎と同じ名前なんですね。
で、昔、新郎宅に遊びにいった時、新郎父とお話したエピソード

「お父さんに私の名前を言いましたら、
『おぉ、あんたもTね。うちの息子もTたい。まぁ、あがんなっせ』
と言われまして、お家にお邪魔したわけです。
すると、お父さん、靴下を脱ぎまして、さらに新郎にも靴下を脱ぐように言われました。そして、足を私に見せて
『どうね!これが親子たい!これが親子というものたい!』と・・・
お父さん、少しほろ酔いだったようです。」

一同大爆笑☆
特に新婦側には熊本弁がたまらなかったらしい・・・
お義父さんは「まいったな〜」という感じで真っ赤な顔で笑ってました。
お義母さんはお腹を抱え涙を流して笑ってました!
みんな腹筋が痛くなるほど笑い転げ、会場は笑いの渦☆

  

新郎友人のみなさん、
本当に宴を盛り上げて下さってありがとうございましたm(_ _)m

|

« 披露宴☆1スピーチ1笑いの原則 | トップページ | ケーキカット☆東南角地は誰のもの? »

コメント

にぎやかな披露宴になったようでよかったですね!
これもエディさんとだんな様が一生懸命準備されたからでしょうね!
感動的な披露宴もいいですが、こういった笑顔のたえない披露宴もまたいいものですね!

投稿: サビニャック | 2006年1月30日 (月) 10:21

体育会系の仲間がいるとこういうのもあるんですね~~
楽しそう♪(^。^)
やっぱり私としては仲間と楽しかったねぇ~~っていう披露宴や、結婚パーティに出たいです。

だって絶対にいつまでも印象に残ると思うから(笑)
エディさん達のお式も皆の心にいつまでも残る良いお式になったと思いますよ。

私たちはスピーチは一切無しで、完璧に私たち2人で笑いを取る作戦を決行!!担当の人へのスタッフ一同参加してくれてのサプライズもありで皆に笑ってもらえました。

投稿: alice | 2006年1月30日 (月) 13:10

今日、改めてEddiさんのブログをだーっと
読み直しました!(笑)
Eddiさんは本当に、アイディアウーマンですね~
感心してしまいます。
マネしたくてもできないくらいすごい。
ゲストも心から楽しめたと思いますよ☆
私も余興考えなければ~
それと、お写真をお願いされたアルカディア・イーストさん、
私も来週うかがってみようと思います☆
田原さんはお値段的に厳しいんだけど
宮本さんという方がもし挙式日にあいてたら
ご相談に伺う予定です♪

投稿: さふらん | 2006年1月30日 (月) 20:27

ほんとーに、次から次へとたくさんの工夫に感心してしまいます!
Eddiさんも旦那さまも考えることがすごーい!
さらにお友達もホント楽しい人ばっかりなのですね~。
いいなぁ~そんなお式♪
私の式がEddiさんの後だったら、ちょーパクってそうだわ。。。笑

「合宿」の続編、まだまだ楽しみにしていまーす♪

投稿: きらら | 2006年1月31日 (火) 00:41

>サビニャックさん
いやいや、私もこんなに賑やかになるとは思いもしませんでした。スピーチだけでしーんとなっちゃうんじゃないかって内心心配していたの。
参列者の皆さんには、本当に盛り上げていただいて感謝してもしたりないくらいです。

>aliceさん
そうそう、体育会系のノリ、こういうときは本当にありがたいです(笑)しかも年齢が年齢なんで内輪受けにならないよう心がけてくれたみたいです。感謝ですね〜。
でも新郎新婦が自ら笑いをとるって、どんなことなさったんですか?気になる〜〜。私たち、全然思いつかなかったから・・・

>さふらんさん
アイディアウーマンだなんて。照れます〜。ネットでいろいろ情報収集したり、情報交換した成果かなんですよ。さふらんさんもすごいじゃないですか!いろいろ手作りされたり、一人一人のこと考えてらっしゃるもの。さふらんさんのお式もきっと素敵なものになるでしょうね〜。
アルカディアイーストさん、お勧めですよ。温かいスナップが多くて、手焼きの技術もすばらしいです。本当に、人がそこでしゃべってるみたいにストーリーを感じます。

>きららさん
いえいえ、ここまで彼のお友だちがやってくれるとは思いもしませんでした。ビックリしましたよ〜☆彼の人徳ということにしておきましょう。なんてね。
1月いっぱい合宿を引きずろうと思います。よろしくおつきあいくださいませm(_ _)m

投稿: Eddi | 2006年1月31日 (火) 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/8404430

この記事へのトラックバック一覧です: 新郎友人スピーチ☆いただきます方式:

« 披露宴☆1スピーチ1笑いの原則 | トップページ | ケーキカット☆東南角地は誰のもの? »