« A DAY IN THE HISTORY OF LIFE | トップページ | 賜り物☆バカラ »

2006年1月20日 (金)

お色直しを待つ間・・・

シャンパントースト後、新郎新婦は美容室に戻り、お着物にお色直し☆
時間が押しているらしく、スタッフ全員に焦りの色が・・・
数人がかりでヘアチェンジ、化粧直し、水おしろいが塗りたくられ、
もはやまな板の上の鯉状態。
振り袖を羽織り、ギュギュギューーーと帯で締め上げられ
花嫁が「きょえ〜〜〜」と悲痛な雄叫びをあげているころ・・・


星のや軽井沢「阿結抄」には、ぞくぞくとゲストが集まっていました。

皆さまをお迎えしましたのは、
コチラ↓
welcome_bord

極彩色の毛筆ウェルカムボードです☆
以前もご報告したとおり、彼がキャンバスに布をはりました。
金銀箔がちりばめられてある厚手の和紙に、
私が「壽」「Welcome to our Wedding Party」と日付を書きました。
名前はヘタッぴーなので、彼に書いてもらいましたが・・・
恥ずかしいのでモザイク♪
 
文字を書いた和紙を、さらに厚手若草色の和紙(台紙)に貼り、
赤い糸で四隅をキャンバスに固定しました。

我ながら、なかなかの力作☆
でも、文字の構成は・・・パクリです。ごめんなさいm(_ _)m
 
参列者の方には、ご芳名帳に記入していただく代わりに
このウェルカムボードと一緒にポラロイドで写真を撮り、
余白にお名前とメッセージを頂きました♪
   
  
  
そして、新郎新婦の到着を待つ時間、
特に余興などは準備していませんでしたが、
少しボリュームのあるプロフィールブックを用意しました。


profile_book
 
紅白2種類☆ 
お隣同士、同じ色にならないよう交互になるよう準備しました。
水引も、彼と私の合作です♪
私は、ひたすら「梅結び」を作りました。50個以上も!!
時間が足りなくて、電車の中でも黙々と梅を編みました(笑)
 
 
で、中身はこんな感じ☆
・ごあいさつ(半透明紙 A5)
・席次表(A4)
・プログラム(A5)
・新郎新婦のプロフィール(A5)
・新郎参列者のご紹介(A5)
・新婦参列者のご紹介(A5)
・親族のご紹介(A5)
 
goaisatsu

sekiji
  
  
  
  
  
  
見開きフォルダータイプの台紙を使ったので、
左側には「ごあいさつ」をはさみ、
右側に「席次表」「プログラム」「プロフィール等」をはさみ、クリップで留めました。
 
紅白のプロフィールブック、中身に使った紙の柄も2種類です!
あまり気が付いてもらえませんでしたが、微妙に凝ってみました☆
 
   
「参列者のご紹介」は
「名前」「ニックネーム」「ポジション」「紹介文」を一覧表にまとめました。
「ポジション」というのは、新郎友人は全員高校時代のサッカー部員だったから(笑)
せっかくだから統一感を出したいと思い、
私の方の参列者も頑張ってポジショニングしました!!
「文芸部部長」「副会長」「うみまる」「若」「姫」などなど
分かる人にしか分からないネタを盛り込んでみました。
 
阿結抄の席は長机をコの字形に組むので、
必然的に知らない人と隣同士になってしまいます。
お酒が入ってうち解け始めたら
「この『文芸部』ってなんですか?」なんて
少しでも話題のきっかけになればいいな〜と思って、結構頑張って考えました。

よくよく読んでみると、
同じ名前の人がいたり、同じニックネームの人がいたり、
同じ左利きAB型がいたりと・・・
他人なんだけど妙な共通点もあって、読み込むとなかなか趣深い?!


少しでも楽しんでもらえればという思いで作りました。
でも、実際のところ、どうだったんだろう??
   
ちょっと心配だったのですが、
アルカディア・イーストの写真には、
プロフィールブックを広げ、お隣同士で「何かいてあるの?」と笑いあう参列者の姿が
納められていましたよ!!!

よかった〜〜☆
 
 

|

« A DAY IN THE HISTORY OF LIFE | トップページ | 賜り物☆バカラ »

コメント

プロフィールブック、見たときはびっくりでしたよー。
こんな感じに紹介されているとは・・・、と話していました。うみまる君と。

水引つくりは本当に手間暇かかって大変だったんですね。
その分、あちらこちらで目にしたこちらには
歓迎されているなという、暖かい気持ちがひしひしと伝わってきましたよ。

当日はこんなにもいろいろなところにお二人の気持ちがこめられているなんて、
と感動すること、しきりでした。
(どう頑張っても私たちにはできないねー、と。)

是非機会があったらDVDも見てみたいです。
その場にいても十分感動的な一日でしたからね!

投稿: うーみん | 2006年1月20日 (金) 22:06

本当にここまでやったEddiさんには脱帽です。
参列者の方は本当に喜んだと思います。あったかいですよ~。

私の方はスナップはまあまあでした。
やっぱり、アルカディアさんのような感じではないと思いますが、
さすがプロ、よく撮れていると思います。
アップしたのでお時間のあるときにのぞいてみて下さいね。

和装のリベンジは目黒雅叙園がいいかなーーとひそかに
おもっております。

投稿: まーれ | 2006年1月20日 (金) 23:31

>うーみんさん
そう言って頂けて本当にうれしいです。ありがとうございます。作った甲斐がありました。ぶっちゃけ、かなり大変でした(笑)作りながら激しく喧嘩もしたし・・・
ま〜今となってはいい思い出です(^_^;)
今度落ち着いたらまた遊びに行きますね。そのときはDVDだけではなくアルバムも持っていっちゃいますよ〜〜

>まーれさん
本当はね、もっともっと作りたいものがあったの。でもタイムアウトって感じで。もっと早くから準備していれば良かったです〜〜〜(;_;)

それと、写真、見ましたよ〜〜〜
とってもキュート☆最高に幸せそうな笑顔です!!
お似合いのカップルだなって思いました。
どうぞお幸せにね☆
そ・れ・と、リベンジ、応援してます!!!

投稿: Eddi | 2006年1月22日 (日) 23:57

ウェルカムボードもプロフィールブックもとてもステキです☆
コレが手作りなんて。。。やっぱりEddiサンのセンスと器用さには
感心させられてしまいます。。。
『阿結抄』での披露宴にピッタリだんだろうなぁ。
私も頑張らなくちゃって気合入りました!

ほんとにほんとにステキです! 私もEddiサンの披露宴覗いて見たかったなー。。。


投稿: sachi | 2006年1月23日 (月) 10:12

何度みても素敵なウェルカムボードで、感動しちゃいます。
夫婦合作なのがまた、ツボ。
プロフィールの内容も、ゲストへの心配りがちりばめられてて
素敵です。是非、参考にさせていただきます!!
芳名帳のかわりにポラロイドも、いいですね!
私も、返信ハガキに住所氏名書いてもらうのに、また芳名帳に
書かせるの申し訳ないなと思ったりしてたので。

投稿: さふらん | 2006年1月23日 (月) 16:20

>sachiさん
お褒めの言葉ありがとうございます。
プロフィールブックのデザインは彼と一緒に考えました。っていうか、彼の方がアイデアをだしてくれたかな?それに従って私は黙々と梅作り・・・
とにかくやりたかっただけなんですけどね☆
ほとんど自己満足の世界です(^_^;)
sachiさんもお気に入りのペーパーアイテムができあがったら是非是非ご報告くださいね。

>さふらんさん
さふらんさんのところもご夫婦でいろいろ作ってらっしゃいますよね。イヤリングは感激でしたよ。
参列者の紹介を入れたのは、本当によかったです。どんな人がスピーチしているのか分かると、聞いている方も楽しかったみたいです。
ポラロイドはさふらんさんのところも使うんですよね。ポラは二次会っぽいかなと思ったのですが、少人数だし、はがきの返信もらってるのに、また書いてもらうのはやっぱり申し訳なかったです。
でも、ポラは全部自分たちのモノにしてしまいました。
さふらん案のように皆さんにお配りするのも素敵ですよね☆

投稿: Eddi | 2006年1月23日 (月) 23:33

プロフィールブック&ウェルカムボードすごい♪
とても手作りとは思えませんよ。

石鹸もそうでしたが、水引がつくとしまりますね。
私も、お色直しは黒引きを着たいと思っているのでお見送りの品
(今のところ手ぬぐいを考え中)に水引つけてみようかな?
でもとても大変そうですね・・・

私もそろそろ本格的に考え 準備しなくてはいけないんだけれどなんせセンスがなくて Eddiさんのように、素敵なアイディアが浮かんでこないんですよ。困ったものです。

投稿: moris | 2006年1月26日 (木) 13:09

>morisさん
まぁ、morisさんも黒引着るんですね。いいですよね。私も着てよかったな〜って思います。
水引は結構簡単でしたよ。(簡単なのしかやってないだけなんですけどね)
私たちが購入したり、結び方を勉強したりしたサイトを参考までに挙げておきますね。
飯田水引協同組合 http://iidamizuhiki.jp/
水引館 http://www.mizuhikiya.com/

投稿: Eddi | 2006年1月27日 (金) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133899/8249670

この記事へのトラックバック一覧です: お色直しを待つ間・・・:

« A DAY IN THE HISTORY OF LIFE | トップページ | 賜り物☆バカラ »