2006年1月31日 (火)

閉宴☆泣かせてくれると言ったじゃない

へへへ。またもや風邪に倒れたEddiです・・・
今度は、彼が職場からもらって来た風邪です orz
咳のし過ぎで腹筋が痛いってどういうこと?!
仕事も乗らないので(笑)・・・一気にご報告申し上げます!!!!

閉宴の挨拶は新郎新婦2人で行いました。
都合のいいときだけ男女平等を主張します(笑)

ご挨拶では、参列者それぞれにお礼の言葉を述べました。
私の参列者は私が・・・と思っていましたが
3ヶ月ほど前から挨拶の内容を考えていた彼、
「もういろいろ考えてるから俺がやるよ」
といって聞かない・・・

3ヶ月ほど前、彼は、私に言いました。
「最後の挨拶では泣かせてあげるからね」と。
どうやら私にも何か言ってくれるみたい♪
本気にしない私に対して、彼、
     

 ヤル気あり!泣かせてみせようホトトギス

     
と一句詠むほど自信満々☆
そこまで準備してるならやむを得ない(>_<)
私は「総論」のお礼をし、彼が「各論」のお礼をすることになりました。 

そして彼の挨拶・・・・
いつ泣かせてくれるんだろう?いつ泣かせてくれるんだろう?
と心待ちにしていましたが、
結局、参列者全員へのお礼を述べて終わってしまいました。
あれ〜〜〜?どうしたんだろう?

頭の上に「?」が5つほど並んだ状態でしたが、
引き続き、新郎父が一本締めの音頭をとり、
披露宴は無事お開きとなりました☆

参列者に見送られて退場した後、
帳場で皆さんにプチギフトの石けんをお配りしながら、
最後のお見送りをしました☆
これって、結構大変なんですね〜〜。
参列者の数に合わせて準備したはずなのに、結構余っちゃったのは何故かしら?
ま、ま、いっか?

zensin    

プチギフトを配り終えてホット一安心の2人です☆
皆さんから温かい言葉を頂き、とっても嬉しかったです。
ほんとにほんとに感謝ですm(_ _)m

   
それにしても、新郎、顔、赤過ぎ!!
立ち方も酔っぱらってるよね〜〜(笑)
新郎!しかりしろぉ!!   

     
      
    
   
   

その後、新郎の友人方が新郎を取り囲み、
サッカー部員結婚式恒例の  胴 上 げ !!
新郎ったらキャプテンだったくせに、トリ(一番最後に結婚したのね)なもんだから、みんなにいじられまくりです。

  

 ☆★ 宙 に 舞 う  新  郎! ★☆

   


 ☆★ 宙 に 舞 う  新郎父!★☆

   

そして、宙に舞う・・・・新婦父は腰痛のため辞退。
と、そのとき、「おにいちゃん」コール!!!
そう、みんな覚えててくれたのです。
結婚式には私の第二の父、「おにいちゃん」が列席していることを。
プロフィールブックにも「おにいちゃん」と紹介していたので、
みんな「おにいちゃん」といえば、このおじさんだ!と分かったみたい。

両親もおにいちゃんも破顔の笑み♪
そして

  

 ☆★ 宙 に 沈 む おにいちゃん?! ★☆

   

ふふふ。
3人目でみんな疲れちゃったのか?
はたまた、おにいちゃん、重たすぎたのか?
おにいちゃん、宙には舞ってなかったわ(笑)

笑いと興奮の中、披露宴は無事終了し、
みんなはそれぞれ宿に戻りました。

****************************** 
私たちも宿に戻り、着替えをすませた後、
参列者の宿泊するお部屋を廻りました。

一つは参列者のみなさま個別にお礼をいうため。
狭い会場とはいえ、あまりお話しできなかったから・・・

一つは両家父親に婚姻届保証人欄に記入をお願いするため。
父「なんだ、まだだしてなかったのか〜」
・・・あなたが保証人じゃなくていいわけ?

一つは余ったお酒をお届けするため。
日本酒は新郎友人部屋に・・・まさが全部飲み干すとは!
さらに母が果実酒(プラムのワイン)なども母が準備してくれていたので、
お酒が好きそうな方にお届けしました。

一つは翌日の朝食、バスのご案内のため。
職場先輩(♂)「夜中に来て何かと思えば、朝食案内だもんね。しかも次の日、バスの時間に遅刻して来たし」
・・・ごめんなさいm (_ _)m

   

各部屋を廻り終えたら、もう夜中の12時を過ぎていました・・・・。

肌を刺すほど冷たい空気
空は雲一つない満点の星空!!
冬の天の川が見えるじゃないか!!
なんてきれいなんだろう?
これぞ、まさしく「星のや」だねなんて話しながら、
私たちは2人、ずっと手をつないで雪路を歩きました。

  

ちなみにこの夜の最低気温、氷点下13度・・・・

身は凍えても、心は温かい夜でした☆

*********************************

部屋に戻った私たち。
2人ともベッドに倒れ込み、グッタリです(笑)
彼、かなり酔っぱらっていて、とっても辛そう・・・
でもね、どうしても確認しなければならないことがあるの。

私「ねーねー。泣かせてくれるんじゃなかったの?」
彼「あ!忘れとった・・・すっかり忘れとったー!」
私「えーーー!!!!納得できない〜〜〜!
  今ここで言って。今すぐ言って!!」
彼「ん〜〜、ま〜いろいろありがとうって言う感謝の言葉を・・・」
私「要約じゃなくて、ちゃんとスピーチして」
彼「ん〜〜、忘れた。」
私「ひどい”〜〜〜〜」
彼「ごめん。酔っぱらっちゃって・・・もうダメ」
私「そんなぁ〜(ToT)泣かせてくれるって言ったじゃん」
彼「ブログの題名決まったね。
  "泣かせてくれると言ったじゃない"」

・・・・そういう問題じゃないんだよ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

ケーキカット☆東南角地は誰のもの?

ウェディングケーキカットのイベント、
当初はやらないつもりでした。
・・・だって、こっぱずかしいんですもの。
「2人の、初めての、共同作業ですーー!」
いやん、やめて〜、はずかし〜〜〜〜

ってなわけで、ケーキカットはやらないよんと職場で話したところ、
先輩(♀)から激しい非難を受けました。

「ありえない!結婚式でケーキカットやらないでどうするの?」
どうするって言われても・・・

「ケーキのない結婚式なんて、行く意味ないじゃない。」
・・・・行く意味がない??

「ケーキは角形ね。私、東南角地じゃなきゃイヤだからね。」
なんと!自分がケーキを食べたいだけなんじゃん!

それにしても「東南角地」とは・・・
その区画の中で一番日当りが良く肥沃で一番お高い土地のこと
ケーキで言えば、ひときわクリームが多く、大きな角のこと・・・らしい
・・・orz
そこまで期待されているのであれば、やらいでか?!

   
演出打ち合わせの際、
担当者さんにケーキカットをやることにしたと伝えました。

担当者「ケーキはどういうのにします?」
 私 「四角いので・・・」
担当者「いろいろありますよ。丸いのも可愛らしいですよ。」
 私 「いえ、角が無いとダメなんです・・・」

あっさり角形ケーキに決まり、
クリスマスらしくイチゴをのせて
雪のように粉砂糖を振るってもらうことにしました☆

***************************
さて、披露宴では、会場が盛り上がる中、
Sarah Brightman の "Time to say Goodbay"と共に
ケーキが入場して参りました☆

何でこんな縁起の悪い曲?とお思いかと思いますが、
実はこの曲、
「あなたとパートナーになって出発しましょう!」という曲なんですね。
彼のお気に入りの曲で、準備中も2人で
「ラーコンテー、パルティ〜ロ〜〜〜♪」って歌ってました(笑)
しかも、この曲、先輩(♀)も大好きな曲なんです〜。
期待に胸膨らます先輩の高揚感も演出??なんてね。

   
そして、支配人のかけ声
「べたべたではありますが、新郎新婦、初めての共同作業です!!!!」
P1030047

いや〜ん、はすかし〜〜〜(汗)
新郎新婦、激しい照れ笑い!
このときの写真、
終わってるのが多いわけです・・・orz

     
    
     

でも、沢山カメラを向けられて・・・クセになりそーだ!?

      

********************************

そして、披露宴も終盤、小さくカットされたケーキが登場しました☆

参列者席から新婦をにらむ先輩(♀)

先輩(わかってるんでしょうね!)ウィンク☆
新婦(もちろんですとも!!)ウィンク☆
先輩(本当に本当に分かってるの??)ウィンク☆
新婦(大丈夫まかせなさい!)ウィンク☆

と先輩と新婦の間で激しくウィンクが飛び交う中、
支配人はひときわ大きなケーキを掲げてアナウンスしました。
     

「え〜〜、東南角地をご希望の△△さま〜」
   

先輩(♀)、キャーーー!と声を上げ、
顔を手で隠しテーブルに突っ伏しました!!!!(笑)
そして次の瞬間、
さらに鋭いまなざしで(やったわね〜〜〜〜##)と新婦をにらむ・・・
新婦(だから分かってるって言ったじゃない〜〜)ウィンク☆

笑いと拍手の起こる中先輩は東南角地をゲットしました!!
むふふ☆  

********************************

さらにケーキでは"ラッキードラジェ"イベントもやりました。
みんな、おしゃべりに夢中でなかなかケーキに手をつけてくれません。
支配人が「さぁ〜どなたがドラジェを当てるでしょうかぁ?」
と声をかけてくれ、ようやく当選者が現れました!
 
当選者は、職場の後輩ちゃんです☆

IMG_0539   
当選者へのプレゼントは、コチラ♪ーーー→
披露宴入場の際、
新婦が持っていた手まり風ブーケです☆  

   
    

そう、当選者の後輩ちゃんは、
ブーケプルズでブーケをもらっていない子です。
職場の後輩ちゃん3人。
2人だけにブーケをあげるのは偲びないもの。
・・・まぁ、八百長ってヤツでしょうか?(笑)

でも、後輩ちゃん、家に帰えってご主人に指摘されるまで、
本当に「当たった!!私ってばラッキー☆」って思ってくれていたみたい。
喜んでもらえてよかったです。

 
ケーキイベントも終わり、
披露宴はまもなく終焉を迎えます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

新郎友人スピーチ☆いただきます方式

P1030046披露宴における新郎友人といえば、
会場の盛り上げ役と相場は決まっているもの♪

と新婦の勝手な理論から、
新郎のご友人方には、大変な苦労を強いてしまいました。
この場を借りてお詫び&御礼申し上げますm(_ _)m

参列した新郎友人は8人。
全員、高校時代のサッカー部のお友だちです。
キャプテンだった彼は、事前にこんなメールを送っていました。

*******************************
ここからが「合宿」なのでコンディション作りとウォームアップは
しっかりやっておくように。
コンディション作りは各自の自学自習にまかせるとして、
ウォームアップのメニューを作ってみました。

「私と彼とサッカー」
「私と彼とサッカー(2)」
「私と彼と○○高校」
「中学時代?」
「月並みですが」
「私だけが知っている」
「記憶に残る彼の名(迷)言」
「熊本弁でよろしく」

19:00〜21:00の間に必ず1つはこなしてもらいます。
準備しておいてね。持ち時間は各自1分〜3分。
目標は「1話題1オチ」あるいは「1話題1笑い」で。
誰が何をしゃべるか当日現地でくじをひいて決めます。

なお、メニューの変更もあり得る・・・と思う(汗)。
 

********************************

鬼キャプテン!!
結婚式は「合宿」なのかぁ??

それはさておき、新郎のお友だちにお願いしたのは、
その場で決まったテーマを話さなければならないという
「いただきます方式」スピーチ☆ 
もちろん「1スピーチ1笑いの原則」は適用されます。
過酷なスピーチイベントです!!

 

けれど、懸念したのは、新郎側だけで盛り上がってしまい、
新婦側参列者が取り残されてしまうこと・・・

そこで、少しでも新婦側参列者がからむことができるよう、
くじ引きを工夫してみました☆

竹ヒゴに和紙を貼付け、お子様ランチの旗状にし、
そこに筆ペンで「名前(ニックネーム)」「お題」書いて、
くるくる旗を巻いて、細長いクジを作り、
それを、「名前」「お題」の袋にそれぞれ入れました。

新婦側参列者は向かい合わせに座っていますので、
テーブル内側に座っているの参列者が「名前」クジを引いて
誰がスピーチするか決め、
テーブル外側に座っている参列者が「お題」クジを引いて
どのお題を話すかを決めてもらうことにしました☆

クジは隣の席の人に順次まわしてもらい、
新婦側参列者も全員マイクで発言するってわけです。

これなら、面識のない隣の人とも多少は交流できるし、
自分が引いたクジの人がどんな話をするのか興味もわくかもしれない。
新郎側だけで盛り上がっちゃう事はないだろう・・・と。

なかなか参列者にルールが伝わらず、
隣の人、向かいの人にどうしたらいいか聞く参列者、
「あ、次はね、○○さん、名前クジ引いて下さぁい」
なんて新郎新婦が仕切ってしまったり・・・
「なるほど!そういうことか。ルールが分かったよ」
なんて声が上がったり・・・・
多少は交流できたかな??

さてさて、本題の新郎友人スピーチ☆
文章では表しがたいほど面白かったのですが、
かいつまんでご報告いたします。

  


*お題:私と彼とサッカーその1*

「新郎は私たちのキャプテンだったのですが、あまりキャプテンシーを発揮したことはありませんでした。唯一キャプテンシーを発揮したのは、高校総体のPK戦でゴールを外したことでしょう。『キャプテンが外したんだから仕方ない!』『キャプテンが外したんだから、これは仕方ない!』と私たちは、心置きなく高校最後の夏を終えることができました。」

「おぉ!そぅやった!そぅやった!」とのかけ声。
苦笑いする新郎☆「やっぱりその話か〜」(汗)


*お題:夫婦円満の秘訣*

「・・・・・このお題、聞いてない。聞いてないよ!!」

一同爆笑☆ 
ごめんなさい。言ってないですm(_ _)m

      


*お題:私だけが知っている*

「え〜〜〜、え〜〜〜、え〜〜〜〜、僕は●●中学出身です。」

「しらね〜よ!」ブーイングと笑いの嵐☆
まさに“私だけが知ってる!”

  


*お題:彼と私と○○高校その2*

「えー、では、お題は『私と彼とお父さん』で。」

一同爆笑☆
勝手にお題が変わってます!!
さらに、その後の話がおもしろい・・・
この方、新郎と同じ名前なんですね。
で、昔、新郎宅に遊びにいった時、新郎父とお話したエピソード

「お父さんに私の名前を言いましたら、
『おぉ、あんたもTね。うちの息子もTたい。まぁ、あがんなっせ』
と言われまして、お家にお邪魔したわけです。
すると、お父さん、靴下を脱ぎまして、さらに新郎にも靴下を脱ぐように言われました。そして、足を私に見せて
『どうね!これが親子たい!これが親子というものたい!』と・・・
お父さん、少しほろ酔いだったようです。」

一同大爆笑☆
特に新婦側には熊本弁がたまらなかったらしい・・・
お義父さんは「まいったな〜」という感じで真っ赤な顔で笑ってました。
お義母さんはお腹を抱え涙を流して笑ってました!
みんな腹筋が痛くなるほど笑い転げ、会場は笑いの渦☆

  

新郎友人のみなさん、
本当に宴を盛り上げて下さってありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

披露宴☆プログラム

おにいちゃんの乾杯の音頭により始まった披露宴♪

これから挙式の方に、参考になればと思いましたので、
プログラムをご紹介☆
    

 * プ ロ グ ラ ム *

 ・開宴の挨拶(支配人)
 ・三献の儀
 ・乾杯
 ・会食・歓談
 ・新郎新婦紹介(両家父がそれぞれ)
 ・共通の友人スピーチ
 ・参列者へ日本酒サービス(新郎新婦)
 ・ウェディングケーキカット
 ・新婦後輩スピーチ
 ・新郎友人ら1分間スピーチ
 ・お釜の御飯披露
 ・新婦先輩スピーチ
 ・ラッキードラジェ
 ・閉宴の挨拶(新郎新婦)
 ・一本締め(新郎父)

余興なし!!
スピーチづくしのプログラムです・・・
少人数なので、多くの方からお話を伺いたいとワガママを申し、
皆さんにご協力いただきました!感謝です!!

さて、この中から、特にお勧めだったイベントをご紹介☆

    
**両家父親による新郎新婦紹介**

アルカディア・イーストの田原さんからのアドバイスで取り入れたイベント。
両家父が堅苦しい挨拶してもつまらないでしょ〜って。
いや〜〜〜これ、本当に良かったです♪
  father                
                 sinpu


 父は私のことを、
 こんな風に見ていたのか〜。

    
    

     
       

しかも、幼い日の恥ずかしい話の暴露大会になりかけ・・・
新郎新婦「もう、もう辞めて〜!その辺でいいから。いいから!」

笑う参列者、穴があったら入りたい新郎新婦☆

これはお勧めのイベントですよ!!
     
      

**参列者への日本酒サービス**

私の希望としては鏡割りをやりたかったのですが、
あっけなく「できません」と言われてしまいましたorz

そこで、私の母の出身地、秋田県由利郡(現由利本庄市)の地酒を
参列者の方々にお酌させていただきました☆
(ちなみに、これも田原さんから勧められました(笑))

sake

由利正宗でおなじみの齋彌酒造店から
大吟醸を数種類取り寄せてもらいました☆     

                      
osyakuそして、新郎新婦が参列者のお席を巡り
日本酒サービス☆
小さい会場とはいえ、
高砂にいたのでは
参列者の方々と直接お話できないもの。
個々にご挨拶、お礼を述べさせていただき、
近況等ちょっとしたお話をさせていただきました。

   
本当はね、日本酒サービスの前に、
母が取り寄せてくれたお酒のうんちくを語る予定だったのですが、
この時点で、彼、相当酔っぱらっていて、
すっかり段取りを忘れてました。
しかも、花嫁を置いて、一人お酌に行こうとするし・・・orz

おーーーい!!
花嫁をおいてどこへ行くの〜〜〜〜?!

振り向く新郎・・・首まで真っ赤です(笑)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

披露宴☆三献の儀

最近更新さぼり気味のEddiです☆
家のノートパソコン、CDドライブが故障してしまい、
年末に買ったソフトを飲み込んだまま動かなくなってしまいました。
検査入院では収まらず
1週間の入院を余儀なくされ、
ようやく今日、修理から戻ってきました〜〜♪
いや〜〜、不便でした。無事戻って来てよかったです〜。

   

で、まだまだ続く、結婚の報告☆
まだやるか!!という突っ込みが聞こえてきそうですが、
やっちゃいます(笑)

  
   

お色直しが終わった後、私たちは「阿結抄」に直行しました。
お帳場に入ると、Waiting用BGMが2巡目・・・
あちゃ〜〜50分くらいお待たせしているみたい。

入場用のBGMは、もちろん!the Initial T に作ってもらった曲☆
  
"All need is love"の前奏、フランス国家を
メンデルスゾーンのウェディングマーチに変更してもらいました!
パイプオルガンの音色が響き渡ること8小節・・・
少し間があいた後で、
"ラ〜ブ、ラ〜ブ、ラブ♪"とコーラス
そして、
ヴォーカルtuyonnさんの素敵な歌声でAメロが始まったところで、
新郎新婦入場!!!

入った瞬間、「おぉ〜〜〜〜」という野太い声が上がりました。
参列者・・・お酒が入って異様に盛り上がっている???
い、いや〜〜、照れるなぁ。

何度も挨拶しながら私たちは高砂にたどり着きました。

高砂で挨拶をすませた後は
待ってました! 三献の儀 ♪
いわゆる三三九度です。
これがやりたかったんだ〜〜〜!!!

大中小のガラスの杯に発砲吟醸酒が満たされます。
IMG_0113  
まずは、小杯を
新郎から2度口に運び、3度目で飲み干します。

   
    
   

IMG_0116    
 つづいて中杯は、新婦が、
 同じように2度口に運び3度目で飲み干します。
 とってもおいしい発砲吟醸酒でした☆
 フルーティで優しい口当たり・・・
 だったと思います(笑)
 緊張しててあまり味を覚えていないかも!?

     

最後の大杯は新郎が飲み干しました。
私たちは2人ともあまりお酒が強くありません。
新郎、この時点ですでに顔が赤い・・・
以後、新郎の写真は首まで真っ赤なのが笑えます!!!

私たちが三献の儀を終えた後は、
同じお酒が参列者に振る舞われました。

「おにいちゃん」に乾杯の挨拶をお願いし、
みんなでカンパーーーイ!!!!

さぁ、披露宴の開宴です☆☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

Only one より Number one?

ウェルカムボードとプロフィールブックは手作りした私たち。
ここまできたら、席札も手作りしたかった。

でも、時間が足りなくて・・・
彼は最後まで諦めたくないって言ってたけど、
私は11月ころからほぼ諦めていました。

打ち合わせの際、担当者さんから
阿結抄専用の席札ができあがりましたと言われててサンプルを貸して頂きました。

こんなカンジ
  ↓
sekihuda
 なかなか素敵なんですよ☆
 ちゃんと星のやのマークが入ってます♪

 水引を抜いて紙を広げると
 中には蛇腹状の白い紙が入っていて
 メニュー表になっています!
 席札とメニュー表が一体化してるのもイイ!

で、気になるお値段。

なんと、1部900円!!!!

お高いです〜〜〜(@o@)

しかも表紙の紙はツルツルの厚紙。
和紙の方がいい〜〜って言ったら
変更可能だけど、追加料金がかかると言われました。
ま、まじ・・・ orz

だったら自分たちで作るよ〜〜〜!
で、でも、時間が・・・睡眠時間が・・・

 

かなり悩みましたが、決め手は担当者さんから言われた言葉☆

「これはデザイナーさんからあがってきたばかりのもので、
 もし使うとなれば、Eddiさんのときが初めてになります。
 一番最初にこの席札を使うことができますよ。」

は、はじめて・・・かぁ〜

い、いちばん
・・・かぁ〜

 

手作り感を大事にしたいって思ってたけど、
「一番」という言葉にくらっときてしまいました(笑)

もう時間的に余裕もなかったし、
席札に関しては、オンリーワンよりナンバーワン♪

 

この席札、新郎新婦用も準備してもらいました☆
うちには、
「新婦」と書かれたオレンジ色の席札と
「新郎」と書かれた黒色の席札が
仲良くファイルにしまってあります☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

阿結抄のご案内

PICT0140ウェディングパーティは
星のや軽井沢のゲストハウス「阿結抄」で行います。

日にちも近づいて来たので阿結抄がどんなところなのか、ご案内いたしますね☆

   
まずは外観↑
星のや軽井沢の敷地中央あたり、川に面して建っている「蔵」風の建物
これが阿結抄です。
PICT0141

入り口はこちら  ーーー→
隠れ家的な雰囲気を醸し出してますね〜♪

   

入り口を入ると帳場があります。
ここで受付をしていただくことになってます。
薄暗い狭いスペースのため、写真、いいのがありませんm(_ _)m

で、帳場を抜けると小さな中庭があります。     
PICT0066 ←枯山水を思わせる景観☆
  柱1本1本の根元にお椀が配置されてます。
  中にはお水がはってあり、
  紅葉の葉っぱが1枚浮かべてありました。
  ん〜〜〜粋だね〜。
  1枚ってのが潔くてGood!!
     

実は、この柱の根元のお椀、装花プランには入っていませんでした。
けれど、阿結抄の装花を担当する業者さんとお話ししたとき、
この演出が素晴らしかった!!と絶賛したところ、
追加料金1万円で、
同じようにお花を1輪入れたお椀を設置しもらえることになりました。
わーーい!
阿結抄でもっとも粋を感じた部分だったのですっごい嬉しいです☆
目立たないところだけど、
参列者のみなさん、しっかり見てやって下さいね♪

さてさて、中庭の回廊を進むと、いよいよゲストリビングに到着です。
PICT0086
←テーブルをコの字型に組んであります。
 左手の光が眩しいところは
 一面吐き出し窓になってます。
 (ディスプレイに着物が飾ってありました。
  ・・・・当日はありませんので、あしからず)   

   

PICT0073吐き出し窓からは
星のや軽井沢の真ん中を流れる川が一望できます→
川のせせらぎが心地よい・・・
(セッティング中だったので足元に箱が・・・
 当日はありませんのでご安心を!)

     

PICT0083      
←高砂はこんな感じ。
 ゲストと近い位置にいれるのがいいですね〜
 ちなみに、各テーブルにある箱。
 「祝八寸」(いわいはっすん)だそうです。
 中に一口サイズのお料理が8種類入ってます。
     

この祝八寸の上には長野県特産の水引細工が付いてます。
私たちが作るニセ水引細工とは比べ物にならない素晴らしいものです♪

阿結抄の定員は新郎新婦含めて32人。
どういう風に座席を組むか、悩みました。
一応、高砂に近い方が上座、外側より内側が上座なのだそうです。
でも、和のしきたり?では
ホストが上座(床の間の前)に座りません?
よくわかんないけど・・・
ちっちゃいお子ちゃまがいることなどなど、ゲストの諸条件をいろいろ検討した結果、新郎新婦の隣に両親に座ってもらうことにしました。
皆様をお迎えするってことで礼を尽そうと思ってます。

それから、「阿結抄」ではお色直しができないのだそうです。
場所がないとか・・・・
すぐ横に「集いの館」があるんだから、
なんとかならないもんかのぉ〜?
そのうち、お色直しOKになるんじゃないかと思ってます。
(だってその方が儲かるでしょ?なんて私、ヤな奴・・・)

それからそれから、すぐ横の「集いの館」には「キッズルーム」があります。
お子ちゃま、飽きたらでっかいトトロぬいぐるみと遊んでね!
キッズルームも予約済みです!!

結構狭い会場ですが、アットホームな宴になりそうです。  
あ〜楽しみ〜〜〜☆

    
ふぅ。ようやく阿結抄のご案内ができました。
ずっと前から書こうと思っていた記事で写真は8月末ころのものです。
緑が生い茂ってますね〜。
今はどうなってるんだろう?雪、積もってるんだろうな・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月31日 (水)

阿結抄 モダンジャパニーズな宴

PICT0072

石の教会で挙式した後は、
星のや軽井沢にある「阿結抄」というゲストリビングでささやかな披露宴を行う予定です。
宴の後は、参列者全員に「星のや」にご宿泊いただこうと思ってます。
「星のや」は、今年の7月にオープンしたばかりの温泉宿。
当然、予約の段階で阿結抄は出来上がっていません。

ブライダルサロンでいろいろ説明を受けたところ・・・
定員30人の小宴で
新婦はドレス禁止!お着物のみ!
コの字型にテーブルを組んで椅子に座り
祝八寸や炊き出しご飯などの和食をいただける
ウェディング用の地酒がふるまわれ
三三九度もさせてもらえるんだって。

・・・考えてもみなかったモダンジャパニーズなスタイル。

イメージ先行型で、またもや現物を見ずに予約しちゃったわけです!!

でもさすがに不安だわ。こういうスタイルの披露宴にも出席したことないし。
ってなわけで、先週末、星のやに宿泊して、「阿結抄」見学してきちゃいました!

むふふ。とても素敵なところ。
詳細は、また後日アップします★

| | コメント (5) | トラックバック (0)