2005年11月 7日 (月)

引き菓子、お取り寄せ〜☆

P1010627引き菓子カタログ、
どれもおいしそうで悩みます〜☆
当初はマキシムのバームクーヘンにしようと思っていたんだけど、自分が参列者だったら、きっとこう思うわ。
「はるばる来たんだもの。この土地のものがいい。」って。

ようし!
ホテルオリジナルのお菓子か、軽井沢にあるお店のお菓子をお菓子にしよう!

さらに・・・
せっかく遠いところお越しいただくんだから、
自分でもおいしい!って思えるものがいいじゃない。

お友だちから、引き菓子のお取り寄せができるという情報を頂きましたので、
候補のお菓子をお取り寄せしちゃいました〜☆

彼と相談してお取り寄せしたのは、次の2種類!
・ホテルオリジナルの焼き菓子(マドレーヌやフィナンシェ)
・軽井沢で有名なパン屋さん?浅野屋さんのバームクーヘン&ブレッド

昨日お菓子が届いたので、早速お茶しました〜!
引出物にする予定の湘南七宝焼のプレートにのっけてみましたよ。
モダンな感じだのぉ!かーわいい!

ホテルオリジナルの焼き菓子は、しっとりとして濃厚な味わい。
いくつでも食べれちゃうわ〜。
浅野屋さんのブレッドはクルミ入りで
素朴だけど、かめばかむほど甘みが感じられるヤミツキパン!
バームクーヘンは・・・ふわふわしていて甘さ控えめ。
思わず、「パン屋さんのバームクーヘンって感じ!」って言ったら
彼に笑われました。どんなバームクーヘンだよって。
でも、そう感じたんだもの。間違ってないし・・・

どちらもとってもおいしい!
どうしよう、よけい悩んじゃうわ。
こういうときは参列者の気持ちになってみる。

ん〜私が参列者なら・・・
   
   

どっちもほしい!!!

    

これじゃ決まらないよぉ・・・( ; _ ; )

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

引き出物ー湘南七宝焼

PICT0169
今日は、彼と二人で引き出物を見に行きました。
私たちが心引かれていたのは、湘南七宝焼 のお皿★
和の披露宴をすることに決まってからは、もう引き出物はこれでしょ!って感じでした。
だけど、七宝焼のお皿なんて持ってない・・どころか見たこともない。そんなものをいきなり引き出物にするのはどうだろう?
寒い中来ていただくんだもの。感謝の気持ちを込めたい。
やっぱり、実際に見て、触って、使ってみなくちゃ決められないよ。

というわけで、今日は朝から、彼と二人で、愛車MINI(愛称:サスケ)に乗って平塚にあるショールームまで行ってきたのです。

本物のお皿は写真で見るより素敵★
思ったより薄くて軽い。金属のひんやりとした質感もいい感じ。
やっぱり来てみてよかった。

だけど、どんな組み合わせにするか彼と話していたとき、ちょっと言い合いになってしまった。
枚数とか、いろいろ・・・
話し合っていたつもりでも、お互いイメージしていたことがちょっと違った。
すこし悲しい気持ちになったけど、お互いが考えていることの違いを知ることは大事なことだった。
ちょっぴり反省した二人は、気を取り直して、とりあえず気に入ったお皿3枚を買って帰ることにしたのでした。

二人の様子を見ていた店員さんは、ちょっと気を使ってくれて、中国茶のティバッグや七宝焼に使うガラスの粉などをお土産にくれました。
悪いことしたなぁ・・・・

このあと、ちょっと足を伸ばして、小田原のお友だち夫妻のおうちにおじゃましちゃいました☆
おいしいケーキを頂き、ベリーダンスの教則DVDやTina TurnerのAcid QueenのDVDを見せて頂いて・・・楽しい時間を過ごしました。
とても素敵なご夫妻で、結婚式のお写真も見せていただきました☆
鶴岡八幡宮で純和風の結婚式をされたお二人。
美人な奥様にちょっと照れくさそうにしている旦那様。
見ているこちらが照れちゃぅょ☆
もっと一緒にお話ししていたかったな。 

夕方、おうちを目指して東名高速に乗ったのですが、案の定、渋滞。
といっても、厚木から横浜町田までの短い距離。
これはある意味ラッキーなんだけど、結構疲れている二人にはしんどい旅路。
イライラが募り、結局車の中でもケンカしちゃったよ・・・
ケンカしたいわけじゃないのに。

渋滞を抜けて、雨の中、少し涼しくなって、落ち着いた。
彼の方から「ごめん」の一言。
本当は私の方から言うべきだったのかな?

なんとなく無口のまま、首都高速を走っていると、左手にライトアップされた東京タワーが現れた!
学生の時代、二人とも車を持っていなかったころ、
家族や友だちとこの景色を見ると、
いっつも「二人で一緒に東京タワーを見たいな」って思ってたっけ・・・

あれから何年もかかったけど、
今こうして、二人でこの景色を見てるんだ。

ちょっと感動
ちょっと反省
ちょっと幸せ



 

| | コメント (8) | トラックバック (0)